135 DBMS_RESULT_CACHE

DBMS_RESULT_CACHEパッケージでは、DBAが、SQL結果キャッシュおよびPL/SQLファンクション結果キャッシュによって使用される共有プールのその部分を管理できるインタフェースが提供されます。

これらのキャッシュは同じインフラストラクチャを使用します。このため、たとえば、DBMS_RESULT_CACHE.BYPASSでは、両方のキャッシュに対してバイパスまたは使用が設定され、DBMS_RESULT_CACHE.FLUSHでは、SQL文の問合せおよびPL/SQLファンクションの両方について、キャッシュされた結果がすべてフラッシュされます。

この章のトピックは、次のとおりです:

参照:

135.1 DBMS_RESULT_CACHEのセキュリティ・モデル

このパッケージに対するEXECUTE権限は、データベース管理者のみに付与される必要があります。

135.2 DBMS_RESULT_CACHEの定数

DBMS_RESULT_CACHEパッケージは、パラメータ値の指定に使用するいくつかの定数を定義します。

次の表に、これらの定数を示します。

表135-1 DBMS_RESULT_CACHEの定数

定数 定義

STATUS_BYPS

CONSTANT VARCHAR(10) := 'BYPASS';

STATUS_CORR

CONSTANT VARCHAR(10) := 'CORRUPT';

STATUS_DISA

CONSTANT VARCHAR(10) := 'DISABLED';

STATUS_ENAB

CONSTANT VARCHAR(10) := 'ENABLED';

STATUS_SYNC

CONSTANT VARCHAR(10) := 'SYNC';

135.3 DBMS_RESULT_CACHEサブプログラムの要約

この表は、DBMS_RESULT_CACHEサブプログラムを示し、簡単に説明しています。

表135-2 DBMS_RESULT_CACHEパッケージのサブプログラム

サブプログラム 説明

BLACK_LISTファンクション

パイプラインBL_TABTを戻します。

BLACK_LIST_ADDプロシージャ

ブラックリストにcache_idを追加します。

BLACK_LIST_CLEARプロシージャ

ブラックリストからすべてのcache_idを削除します。

BLACK_LIST_REMOVEプロシージャ

ブラックリストからcache_idを削除します。

BYPASSプロシージャ

結果キャッシュのバイパス・モードを設定します。

FLUSHファンクションおよびプロシージャ

結果キャッシュからすべてのオブジェクトを削除しようとします。引数に応じて、メモリーを保持または解放し、統計を保持または消去します。

INVALIDATEファンクションおよびプロシージャ

指定した依存オブジェクトに依存するすべての結果セットのオブジェクトを無効化します。

INVALIDATE_OBJECTファンクションおよびプロシージャ

指定した結果セットのオブジェクトを無効化します。

MEMORY_REPORTプロシージャ

結果キャッシュのメモリー使用量のレポートを作成します。

STATUSファンクション

結果キャッシュのステータスをチェックします。

135.3.1 BLACK_LISTファンクション

このファンクションは、ブラックリストに記載された、ローカル・インスタンスのすべてのキャッシュIDを戻します。

構文

DBMS_RESULT_CACHE.BLACK_LIST
   RETURN BL_TABT;

135.3.2 BLACK_LIST_ADDプロシージャ

このプロシージャは、ブラックリストにcache_idを追加します。

構文

DBMS_RESULT_CACHE.BLACK_LIST_ADD (
   cache_id   IN  VARCHAR2,
   global     IN  BOOLEAN DEFAULT FALSE);

パラメータ

表135-3 BLACK_LIST_ADDプロシージャのパラメータ

パラメータ 説明

cache_id

ブラックリストにcache_idが追加されます。

global

TRUE - RACクラスタのすべてのキャッシュに適用されます。

FALSE (デフォルト) - ローカル・インスタンスのキャッシュのみに適用されます。

135.3.3 BLACK_LIST_CLEARプロシージャ

このプロシージャは、ブラックリストからすべてのcache_idを削除します。

構文

DBMS_RESULT_CACHE.BLACK_LIST_CLEAR (
   global   IN  BOOLEAN DEFAULT FALSE);

パラメータ

表135-4 BLACK_LIST_CLEARプロシージャのパラメータ

パラメータ 説明

global

TRUE - RACクラスタのすべてのキャッシュに適用されます。

FALSE (デフォルト) - ローカル・インスタンスのキャッシュのみに適用されます。

135.3.4 BLACK_LIST_REMOVEプロシージャ

このプロシージャは、ブラックリストからcache_idを削除します。

構文

DBMS_RESULT_CACHE.BLACK_LIST_REMOVE (
   cache_id   IN  VARCHAR2,
   global     IN  BOOLEAN DEFAULT FALSE); 

パラメータ

表135-5 BLACK_LIST_REMOVEプロシージャのパラメータ

パラメータ 説明

cache_id

ブラックリストからcache_idが削除されます。

global

TRUE - RACクラスタのすべてのキャッシュに適用されます。

FALSE (デフォルト) - ローカル・インスタンスのキャッシュのみに適用されます。

135.3.5 BYPASSプロシージャ

このプロシージャは、結果キャッシュのバイパス・モードを設定します。

次のいずれかのバイパス・モードを設定します。

  • バイパス・モードをオンにすると、キャッシュされた結果は使用されなくなり、新しい結果はキャッシュに保存されません。

  • バイパス・モードをオフにすると、キャッシュは通常の操作を再開します。

構文

DBMS_RESULT_CACHE.BYPASS (
   bypass_mode    IN   BOOLEAN,
   session        IN   BOOLEAN);

パラメータ

表135-6 BYPASSプロシージャのパラメータ

パラメータ 説明

bypass_mode

  • TRUE =>結果キャッシュの使用がバイパスされます。

  • FALSE =>結果キャッシュの使用がオンになります。

session

  • TRUE =>現在のセッションに適用されます。

  • FALSE (デフォルト) =>すべてのセッションに適用されます。

使用上の注意

この操作は、データベース・インスタンス固有です。

この操作は、実行中のシステムでPL/SQLコードにホット・パッチを適用する必要がある場合に使用できます。結果がキャッシュされたファンクションが直接または推移的に依存しているPL/SQLモジュールにコード・パッチが適用された場合、結果キャッシュのファンクションに関連付けられているキャッシュされた結果は自動的にはフラッシュされません(インスタンスが再開またはバウンスしない場合)。フラッシュは手動で行う必要があります。

パッチ・プロセスを正常に行うには、次の手順を実行します。

  1. 結果キャッシュをバイパス・モードに設定し、既存の結果をフラッシュします。

    BEGIN
       DBMS_RESULT_CACHE.BYPASS(TRUE);
       DBMS_RESULT_CACHE.FLUSH;
    END;
    /
    

    Oracle Real Application Clusters環境では、インスタンスごとにこのステップを実行する必要があります。

  2. PL/SQLコード・パッチを適用します。

  3. キャッシュのバイパス・モードを無効にして、結果キャッシュの使用を再開します。

    BEGIN
       DBMS_RESULT_CACHE.BYPASS(FALSE);
    END;
    /
    

    Oracle Real Application Clusters環境では、インスタンスごとにこのステップを実行する必要があります。

135.3.6 FLUSHファンクションおよびプロシージャ

このファンクションおよびプロシージャは、結果キャッシュからすべてのオブジェクトを削除しようとします。引数に応じて、メモリーを保持または解放し、統計を保持または消去します。

構文

DBMS_RESULT_CACHE.FLUSH (
   retainMem  IN  BOOLEAN DEFAULT FALSE,
   retainSta  IN  BOOLEAN DEFAULT FALSE) 
  RETURN BOOLEAN;
DBMS_RESULT_CACHE.FLUSH (
   retainMem  IN  BOOLEAN DEFAULT FALSE,
   retainSta  IN  BOOLEAN DEFAULT FALSE); 

パラメータ

表135-7 FLUSHファンクションおよびプロシージャのパラメータ

パラメータ 説明

retainMem

  • TRUE =>キャッシュの空きメモリーを保持します。

  • FALSE(デフォルト)=>システムに対して空きメモリーを解放します。

retainSta

  • TRUE =>既存のキャッシュ統計を保持します。

  • FALSE(デフォルト)=>既存のキャッシュ統計を消去します。

戻り値

すべてのオブジェクトの削除が成功した場合はTRUE

135.3.7 INVALIDATEファンクションおよびプロシージャ

このファンクションおよびプロシージャは、指定した依存オブジェクトに依存するすべての結果セットのオブジェクトを無効化します。

構文

DBMS_RESULT_CACHE.INVALIDATE (
   owner        IN  VARCHAR2, 
   name         IN  VARCHAR2) 
 RETURN NUMBER;
DBMS_RESULT_CACHE.INVALIDATE (
   owner       IN  VARCHAR2, 
   name        IN  VARCHAR2);
DBMS_RESULT_CACHE.INVALIDATE (
  object_id    IN BINARY_INTEGER) 
 RETURN NUMBER;
DBMS_RESULT_CACHE.INVALIDATE (
   object_id    IN BINARY_INTEGER);

パラメータ

表135-8 INVALIDATEファンクションおよびプロシージャのパラメータ

パラメータ 説明

owner

スキーマ名。

name

オブジェクト名

object_id

ディクショナリのオブジェクト番号

戻り値

無効化されているオブジェクトの名前。

135.3.8 INVALIDATE_OBJECTファンクションおよびプロシージャ

このファンクションおよびプロシージャは、指定した結果セットのオブジェクトを無効化します。

構文

DBMS_RESULT_CACHE.INVALIDATE_OBJECT (
   id          IN  BINARY_INTEGER) 
 RETURN NUMBER;
DBMS_RESULT_CACHE.INVALIDATE_OBJECT (
   id          IN  BINARY_INTEGER);
DBMS_RESULT_CACHE.INVALIDATE_OBJECT (
  cache_id     IN  VARCHAR2) 
 RETURN NUMBER;
DBMS_RESULT_CACHE.INVALIDATE_OBJECT (
   cache_id   IN  VARCHAR2);

パラメータ

表135-9 INVALIDATE_OBJECTファンクションおよびプロシージャのパラメータ

パラメータ 説明

id

結果キャッシュ内のキャッシュ・オブジェクトのアドレス。

cache_id

キャッシュID

戻り値

無効化されているオブジェクトの名前。

135.3.9 MEMORY_REPORTプロシージャ

このプロシージャは、結果キャッシュのメモリー使用量のレポートを作成します。

構文

DBMS_RESULT_CACHE.MEMORY_REPORT (
   detailed   IN   BOOLEAN DEFAULT FALSE);

パラメータ

表135-10 MEMORY_REPORTプロシージャのパラメータ

パラメータ 説明

detailed

  • TRUE =>より詳細なレポートを作成します。

  • FALSE(デフォルト)=>標準的なレポートを作成します。

使用上の注意

SQL*Plusからこのプロシージャを起動するには、SERVEROUTPUTがオンになっている必要があります。

135.3.10 STATUSファンクション

このファンクションは、結果キャッシュのステータスをチェックします。

構文

DBMS_RESULT_CACHE.STATUS
   RETURN VARCHAR2;

戻り値

次のいずれかの値になる。

  • STATUS_DISA: キャッシュは利用できません。

  • STATUS_ENAB: キャッシュは利用できません。

  • STATUS_BYPS: キャッシュは一時的に利用できませんでした。

  • STATUS_SYNC: キャッシュは利用できますが、Oracle RACノードと同期化されます。