Oracle Private Cloud at Customer

Oracle Private Cloud at Customerによってプライベート・クラウド・デプロイメントが簡略化されるのは、電源投入と本番から数時間に至るまでの時間を短縮することです。 これにより、スケーラビリティ、ゼロ停止時間アップグレード、Oracle Private Cloud Applianceのセキュリティを柔軟なサブスクリプション・モデルと組み合せて、単一画面から管理できるIaaSを提供できます。

Private Cloud at Customerのデプロイ

プラットフォームのアーキテクチャおよびデプロイメント

Oracle Private Cloud at Customerの概念および基本アーキテクチャについて学習します。 Oracleは、データ・センター内にプライベート・クラウド・インフラストラクチャをデプロイします。 データ・センターのデプロイメントを準備し、すべての要件を満たしていることを確認する責任があります。

構成モデル

顧客は、異なる構成モデルにサブスクライブできます。 Ethernetベース・システムは、1つのラックのみとして使用できます。InfiniBandベースのシステムは、コンパクトなシングル・ラック構成または2つのラック・スケール構成として使用できます。 すべての構成は、Oracle Exadata Cloud at Customerと組み合せることができます。

Private Cloud at Customerの使用

クラウド・アカウント、アクセス権およびユーザー・ロールの管理

Oracle Private Cloud at Customer内のユーザー・アカウントは、特定のタスクを実行するために必要なOracle Enterprise Manager IaaSのロールおよび権限に基づいて、3つの層に割り当てられます。 次の各トピックでは、管理ロールの説明と、ユーザー・カテゴリ別のステップで構成されるステップを示します。

仮想化環境の管理

Oracle Private Cloud at Customerでホストされている仮想化環境は、Oracle Enterprise Managerのインスタンスによって管理されます。 2つの初期コンピュート・ノードのいずれかでホストされている仮想マシンで実行されます。 これは、顧客が作成したVMが優先されるように、最小限のフットプリントと優先度レベルで構成されます。 次の各トピックでは、VM構成、管理および使用の詳細な情報と段階的なステップについて説明します。

ヘルスとパフォーマンスのモニタリング

すべてのモニタリング機能は、Oracle Enterprise Manager内で集中管理されます。

ドキュメント・リソース

完全ガイドおよびトレーニング・ビデオ

これらのリンクを使用して、完全な製品ガイドおよびOracle Learning Libraryのトレーニング・ビデオのコレクションにアクセスします。

関連ドキュメント

Oracle Private Cloud at Customerのコンポーネントおよびその他の関連ドキュメントの詳細は、次のリソースを参照してください: