機械翻訳について

Oracle Big Data Cloud Serviceを使用するための典型的なワークフロー

Oracle Big Data Cloud Serviceの使用を開始するには、以下のタスクを参考にしてください:

タスク 説明 詳細情報

サブスクリプションを購入します。

cloud.oracle.comサイトから、またはOracle Salesの担当と話して、サブスクリプションを購入してください。

Oracle Big Data Cloud Serviceで始まる方法

ユーザーとロールの追加および管理

ユーザーのアカウントを作成し、適切な権限を割り当てます。 必要なOracle Big Data Cloud Serviceロールを割り当てます。

Oracle Big Data Cloud Serviceのユーザーとロールについて

サービス・インスタンスの作成

ウィザードを使用して、クラスタにリソースを割り当てるサービス・インスタンスを作成します。

Oracle Big Data Cloud Serviceインスタンスの作成

SSHキー・ペアの作成

クラスタを作成またはアクセスするときに使用するSSH公開キー/秘密キーのペアを作成します。

Secure Shell(SSH)公開/秘密キー・ペアの生成

クラスタの作成

ウィザードを使用して、サービス・インスタンスに割り当てられたリソースを使用してクラスタを作成します。

クラスタの作成

サービスへのネットワーク・アクセスの制御

ホワイトリストまたはファイアウォールを構成して、Cloudera ManagerやHueなどのサービスで使用されるポートを開いたり閉じたりします。

サービスへのネットワーク・アクセスの制御

クラスタにアクセスして作業します。

Secure Shellを使用し、「Oracle Big Dataマネージャ」、Cloudera Manager、Hueなどのグラフィカル・ツールを使用して、クラスタにアクセスして作業します。

Oracle Big Data Cloud Serviceへのアクセス

永続ノードをクラスタに追加

クラスタ内の合計60ノードまで、1ノード単位でノードを追加します。

クラスタへの恒久ノードの追加
一時的なコンピュート・ノードをクラスタに追加する(バースティング) 増加した負荷に対処するために、クラスタ・コンピュート・ノードを一時的に追加および削除します。 クラスタ・コンピュート・ノードの追加と削除(バースティング)

クラスタにパッチを当てる

パッチを適用するか、パッチをロール・バックします。

Mammothを使用してOne-Offパッチをインストール

ストレージ・プロバイダを管理し、データをコピーします。

ストレージ・プロバイダとユーザーを登録し、HDFSとストレージ間でデータをコピーします。

Oracle Big Data Cloud Service Toolsを使用したデータのコピー