プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Fusion Middleware Oracle WebLogic Serverアプリケーションの開発
12c (12.2.1.3.0)
E90359-04
目次へ移動
目次

前
次

1 WebLogic Serverアプリケーション開発の概要

WebLogic Serverのアプリケーション、モジュールおよびデプロイメント記述子の基本的概念について説明します。

この章の内容は次のとおりです。

ドキュメントのスコープと対象読者

このドキュメントは、Java Platform, Enterprise Edition (Java EE)を使用してWebLogic Serverアプリケーションをビルドするアプリケーション開発者を対象としています。Web技術、オブジェクト指向プログラミング技術、およびJavaプログラミング言語について読者が精通していることを前提としています。

WebLogic Serverアプリケーションは、Javaプログラマ、Webデザイナ、アプリケーション・アセンブラによって作成されます。プログラマとデザイナは、アプリケーションのビジネス・ロジックとプレゼンテーション・ロジックを実装するモジュールを作成します。アプリケーション・アセンブラは、WebLogic Serverにデプロイ準備完了のアプリケーションにモジュールをアセンブルします。

WebLogic ServerとJava EEプラットフォーム

WebLogic Server Java EEアプリケーションは、標準化され、モジュール化されたコンポーネントに基づいています。WebLogic Serverでは、これらのモジュール用にあらゆるサービスが用意され、細かなアプリケーションの動作を、プログラミングを必要とせずに自動的に処理します。Java EEでは、モジュールの動作とパッケージ化が汎用的で移植性の高い方法で定義されています。このため、実行時構成はモジュールをアプリケーション・サーバーにデプロイするときに行います。

WebLogic Serverは、Java Platform, Enterprise Edition (Java EE)バージョン7.0技術を実装しています(http://www.oracle.com/technetwork/java/javaee/overview/index.htmlを参照)。Java EEは、Javaプログラミング言語に基づいた多層エンタープライズ・アプリケーションを開発するための標準プラットフォームです。Java EEを構成する技術は、いくつかのソフトウェア・ベンダーによって共同開発されました。

Java EE 7プログラミング・モデル: 生産性の向上

Java EEプログラミング・モデルの重要な点は、メタデータ・アノテーションの継続される進化です。アノテーションを使用すると、コンテナ内でのアプリケーション・コンポーネントの動作、依存関係インジェクションのリクエスト方法などをJavaクラス自体の中で指定でき、アプリケーションの開発プロセスを簡略化できます。アノテーションは、エンタープライズ・アプリケーションの以前のバージョンで必要だったデプロイメント記述子にかわるものです。

Java EE 7では、開発の容易さに焦点を当て続けています。記述する必要があるコードが少なくなりました。定型コードの多くは削除され、可能なかぎりデフォルト値が使用され、アノテーションを広範に使用することによって、デプロイメント記述子の必要性が低減されています。また、開発ツールの改善およびオープン・ソースのサポートにより、開発者の選択肢が広がり、開発環境の作成が容易になりました。WebLogic Serverでサポートされているすべての新しいJava EE 7アップデートの詳細は、『Oracle WebLogic Serverの新機能 12.2.1.3.0』の「Java EE 7サポート」を参照してください。

WebLogic ServerおよびJava EEアプリケーション

WebLogic Server Java EEアプリケーションは、標準化され、モジュール化されたコンポーネントに基づいています。WebLogic Serverでは、これらのモジュール用にあらゆるサービスが用意され、細かなアプリケーションの動作を、プログラミングを必要とせずに自動的に処理します。Java EEでは、モジュールの動作とパッケージ化が汎用的で移植性の高い方法で定義されています。このため、実行時構成はモジュールを実際にアプリケーション・サーバーにデプロイするときに行います。

Java EEには、Webアプリケーション、EJBモジュール、Webサービス、エンタープライズ・アプリケーション、クライアント・アプリケーション、およびコネクタのデプロイメント仕様が含まれています。Java EEでは、どのようにアプリケーションをターゲット・サーバーにデプロイするかは指定されておらず、標準のモジュールまたはアプリケーションをパッケージ化する方法のみが指定されています。この仕様では、モジュールのタイプごとに必要なファイルとそれらのディレクトリ構造上の格納場所が定義されています。

Javaはプラットフォームに依存しないので、任意のプラットフォームでコードの編集とコンパイルを行い、別のプラットフォームで稼働する開発用WebLogic Serverでアプリケーションをテストできます。たとえば、WebLogic ServerアプリケーションをWindowsまたはLinuxが動作しているPCで開発する場合、そのアプリケーションが最終的にどこにデプロイされるかを考慮する必要はありません。

http://www.oracle.com/technetwork/java/javaee/tech/index-jsp-142185.htmlのJava EE仕様を参照してください。

Java EEアプリケーションとモジュールの概要

WebLogic Server Java EEアプリケーションは、次に示すWebLogic Server上で動作するモジュールまたはアプリケーション、つまりWebアプリケーション・モジュール、Enterprise JavaBeans (EJB)モジュール、コネクタ・モジュール、エンタープライズ・アプリケーションまたはWebサービスのいずれか1つを含みます。

WebLogicアプリケーションには、以下のWebLogic固有のモジュールを含めることもできます。

Webアプリケーション・モジュール

WebLogic Server上のWebアプリケーションには必須のファイルと、通常、オプションのファイルがそれぞれいくつか含まれます。

  • 少なくとも1つのサーブレットまたはJSP、およびヘルパー・クラス。

  • 必要に応じて、web.xmlデプロイメント記述子(WARファイルの内容を記述するJava EE標準のXMLドキュメント)。

  • 必要に応じて、weblogic.xmlデプロイメント記述子(WebアプリケーションのWebLogic Server固有の要素が格納されるXMLドキュメント)。

  • Webアプリケーションには、HTMLページおよびXMLページ、およびそれらに付属する画像やマルチメディア・ファイルなどのサポート・ファイルが含まれている場合もあります。

サーブレット

サーブレットはWebLogic Serverで実行されるJavaクラスであり、クライアントからリクエストを受け取り、そのリクエストを処理して、必要に応じてクライアントにレスポンスを返します。HttpServletは主に、Webブラウザのリクエストに応えて動的なWebページを生成するために使用します。

JavaServer Pages

JavaServer Pages (JSP)は、JavaコードをWebページに埋め込むことができる拡張HTMLで記述されたWebページです。JSPでは、HTMLに似たタグを使用して、タグ・ライブラリと呼ばれるカスタムJavaクラスを呼び出すことができます。appcコンパイラは、JSPをコンパイルし、サーブレットに変換します。WebLogic Serverでは、サーブレット・クラス・ファイルが存在しないか、またはJSPソース・ファイルよりもタイムスタンプが古い場合にJSPが自動的にコンパイルされます。「wlappcを使用したモジュールおよびアプリケーションのビルド」を参照してください。

サーバーでのコンパイルを避けるために、あらかじめJSPをコンパイルし、サーブレット・クラスをWebアプリケーション(WAR)ファイルにパッケージ化することもできます。サーブレットおよびJSPでは、Webアプリケーションと共にデプロイするヘルパー・クラスがさらに必要な場合があります。

Webアプリケーション・モジュールの詳細

以下のドキュメントを参照してください。

Enterprise JavaBeanモジュール

Enterprise JavaBeans (EJB) テクノロジは、コンポーネントベースのビジネス・アプリケーションを開発およびデプロイするためのサーバー側コンポーネント・アーキテクチャです。EJBテクノロジを使用することで、Java EE 8テクノロジに基づいて、安全でポータブルな分散トランザクション・アプリケーションを迅速かつ容易に開発できます。

EJB 3.3仕様では、プログラミングおよびパッケージ化モデルの変更が簡素化されています。前のバージョンのJavaインタフェースを使用する必要がなくなり、プレーンな従来型Javaオブジェクトに注釈付けし、EJBコンポーネントとして使用できるようになりました。EJBモジュールをWebアプリケーションの内部に直接配置できるようになり、簡素化はさらに進みました。これにより、WebコンポーネントおよびEJBコンポーネントを格納するアーカイブを作成して、それらをEARファイルに結合する必要はなくなりました。

WebLogic ServerでのEJBドキュメント

WebLogic ServerでEJBを使用する方法については、次を参照してください。

  • EJBのすべての新機能については、『Oracle WebLogic Server Enterprise JavaBeansの開発』の「EJBでの新しい機能と変更」を参照してください。

  • 基本的なEJBの概念とコンポーネントの詳細は、『Oracle WebLogic Serverの理解』の「Enterprise Java Beans (EJB)」を参照してください。

  • WebLogic Serverでの3.1 EJBのプログラミング、パッケージ化およびデプロイについては、『Oracle WebLogic Server Enterprise JavaBeansの開発』を参照してください。

  • 分割されたディレクトリ環境でWebLogic Server EJBを編成およびビルドする手順については、分割開発ディレクトリ環境の作成を参照してください。

  • 2.x EJBのプログラム作成およびパッケージ化の詳細は、『Oracle WebLogic Server Enterprise JavaBeansバージョン2.1の開発』を参照してください。

EJBに関する追加情報

エンタープライズBeanの利点、エンタープライズBeanの種類、ライフサイクルなどのEJBの概念を学習するには、次のWebサイトを参照してください。

コネクタ・モジュール

コネクタ(別称リソース・アダプタ)にはJava、および必要に応じてエンタープライズ情報システム(EIS)と対話するために必要なネイティブ・モジュールが含まれています。WebLogic Server環境にデプロイされたリソース・アダプタを使用すると、Java EEアプリケーションでリモートEISにアクセスできるようになります。WebLogic Serverアプリケーションの開発者は、HTTPサーブレット、JavaServer Pages (JSP)、Enterprise JavaBeans (EJB)、およびその他のAPIにより、EISのデータとビジネス・ロジックを使用する統合アプリケーションを開発できます。

WebLogic Serverにリソース・アダプタをデプロイするには、まずWebLogic Server固有のデプロイメント記述子であるweblogic-ra.xmlファイルを作成して構成し、これをデプロイメント・ディレクトリに追加する必要があります。WebLogic Serverへのリソース・アダプタのデプロイは、スタンドアロン・モジュールまたはエンタープライズ・アプリケーションの一部として行えます。「エンタープライズ・アプリケーション」を参照してください。

コネクタの詳細は、『Oracle WebLogic Serverリソース・アダプタの開発』を参照してください。

エンタープライズ・アプリケーション

エンタープライズ・アプリケーションは、1つまたは複数のWebアプリケーション・モジュール、EJBモジュール、およびリソース・アダプタで構成されています。また、クライアント・アプリケーションが含まれていることもあります。

エンタープライズ・アプリケーションは必要に応じて、エンタープライズ・アプリケーションの標準Java EEデプロイメント記述子であるapplication.xmlファイルによって定義できます。

Java EEプログラミング・モデル

Java EEプログラミング・モデルの重要な点は、メタデータ・アノテーションが導入されたことです。アノテーションを使用すると、コンテナ内でのアプリケーションの動作、依存関係インジェクションのリクエスト方法などをJavaクラス自体の中で指定でき、アプリケーションの開発プロセスを簡略化できます。アノテーションは、エンタープライズ・アプリケーションの以前のバージョン(1.4以前)で必要だったデプロイメント記述子にかわるものです。

Java EEアノテーションの使用により、標準のapplication.xmlおよびweb.xmlデプロイメント記述子は省略可能になりました。このJava EEプログラミング・モデルでは、EJB、サーブレット、Webアプリケーション、JSPなどのWebコンテナ用のJDK アノテーション機能を使用します(http://docs.oracle.com/javaee/7/api/を参照)。Java EEアノテーションと依存関係インジェクションの使用を参照してください。

WebLogic Server固有の拡張機能が含まれているアプリケーションの場合は、さらにweblogic-application.xmlファイルでも定義されます。クライアント・モジュールを含むエンタープライズ・アプリケーションには、client-application.xmlデプロイメント記述子とWebLogic実行時クライアント・アプリケーション・デプロイメント記述子も備わっています。エンタープライズ・アプリケーションのデプロイメント記述子の要素を参照してください。

パッケージ化とデプロイメントの概要

本番用と開発用の両方の場合において、エンタープライズ・アプリケーションの一部として、スタンドアロンのWebアプリケーション、EJBおよびリソース・アダプタもパッケージ化およびデプロイすることをお薦めします。それにより、アプリケーション開発を大幅に容易にするOracleの分割開発ディレクトリ構造を使用できるようになります。分割開発ディレクトリ環境の作成を参照してください。

エンタープライズ・アプリケーションは、Webアプリケーション・モジュール、EJBモジュール、およびリソース・アダプタで構成されています。これは次のようにパッケージ化できます。

  • 開発が目的の場合は、WebLogic分割開発ディレクトリ構造をお薦めします。単一のアーカイブEARファイルまたは展開されたEARディレクトリ構造ではなく、分割開発ディレクトリではソース・ファイルと出力ファイルを分離する2つの並列ディレクトリが存在します。このディレクトリ構造は、単一のWebLogic Serverインスタンスでの開発用に最適化されています。分割開発ディレクトリ環境の作成を参照してください。Oracleでは、JARユーティリティを使用しなくてもEARを作成できるwlpackage Antタスクを提供しています。これは、分割開発ディレクトリ構造でのみ使用できます。「wlpackageを使用したアプリケーションのパッケージ化」を参照してください。

  • 開発目的の場合は、さらに分割開発ディレクトリ構造を活用できるようスタンドアロンのWebアプリケーションおよびEnterprise JavaBeans (EJB)をエンタープライズ・アプリケーションの一部としてパッケージ化することをお薦めします。「分割開発ディレクトリでのJava EEコンポーネントの配置」を参照してください。

  • 本番用の場合は、展開(非アーカイブ)ディレクトリ形式をお薦めします。この形式を使うと、アプリケーションを再デプロイすることなくファイルを更新できます。アーカイブ・ファイルを更新するには、ファイルのアーカイブを展開および更新し、その後再アーカイブして再デプロイする必要があります。

  • 拡張子.earの付いたjarユーティリティを使用してアプリケーションをJARアーカイブ・ファイルとしてパッケージ化することを選択できます。アーカイブ・ファイルは配布がしやすく、占める領域が少なくてすみます。EARファイルには、アプリケーションのすべてのJAR、WAR、およびRARモジュール・アーカイブ・ファイル、およびバンドルされたモジュールを記述するXML記述子が格納されます。「wlpackageを使用したアプリケーションのパッケージ化」を参照してください。

省略可能なMETA-INF/application.xmlデプロイメント記述子には、各Webアプリケーション、EJB、およびコネクタ・モジュールの要素のほか、セキュリティ・ロールやアプリケーション・リソース(データベースなど)を記述するための追加の要素があります。この記述子が存在する場合、WebLogicデプロイヤは、この記述子からモジュールのリストを選択します。ただし、この記述子が存在しない場合、コンテナはPOJO (プレーンな従来型Javaオブジェクト)クラスで定義されるアノテーションから、モジュールを推測します。エンタープライズ・アプリケーションのデプロイメント記述子の要素を参照してください。

WebLogic Webサービス

Webサービスは、分散型Webベース・アプリケーションのモジュールとして共有され、使用されます。これらのサービスは一般的に、カスタマ・リレーションシップ・マネージメント・システム、注文処理システムなどの既存のバックエンド・アプリケーションと連携します。Webサービスは別々のコンピュータ上に常駐でき、多様なテクノロジを使用して実装できますが、HTTPなどの標準のWebプロトコルを使用してパッケージ化されトランスポートされます。そのため、Web上のどのようなユーザーでも簡単にアクセスできます。

Webサービスは、最低限、次のモジュールから構成されています。

  • Web上のサーバーによってホストされるWebサービス実装。WebLogic Webサービスは、WebLogic Serverによってホストされます。Webサービス・モジュールはJavaクラス、あるいはWebサービスを実装するEJBのどちらかを含む場合があります。Webサービスは、実装に応じて、Webアプリケーション・アーカイブ(WAR)またはEJBモジュール(JAR)のどちらかとしてパッケージ化されます。

  • Webサービスとそのユーザー間のデータ転送とWebサービス呼出しの標準。WebLogic Webサービスでは、Simple Object Access Protocol (SOAP) 1.1をメッセージ・フォーマットとして使用し、HTTPを接続プロトコルとして使用します。

  • Webサービスを起動できるようにクライアントに記述するための標準。WebLogic Webサービスは、XMLベースの仕様であるWeb Services Description Language (WSDL) 1.1を使用して記述しています。

  • Webサービスを呼び出すためのクライアント用の標準 - JAX-WS。『Oracle WebLogic Server JAX-WS Webサービスの開発』を参照してください。

  • Webサービスを検索して登録するための規格(UDDI)。

WebLogic Webサービスおよびサポートされている標準の詳細は、『Oracle WebLogic Server WebLogic Webサービスの理解』を参照してください。

JMSおよびJDBCモジュール

JMSおよびJDBCの構成は、それぞれweblogic-jms.xsdおよびjdbc-data-source.xsdスキーマに準拠するXMLファイルによって定義されたモジュールとして格納されます。これらのモジュールは、標準のJava EEモジュールに類似しています。管理者はグローバルなシステム・リソースとして、Java EEアプリケーションと共にパッケージ化されるモジュール(パッケージ化されたリソース)として、またはグローバルに使用可能なスタンドアロンのモジュールとして、JMSおよびJDBCモジュールを作成したり管理したりできます。

JMSおよびJDBCリソースのモジュール形式のデプロイメントを利用すると、エンタープライズ・アプリケーション・ファイル(EARファイルなど)やJMSまたはJDBCのスタンドアロン・モジュールを開いたり、JMSやJDBCの手動による膨大な再構成を行わずに、アプリケーションと必要なJMSまたはJDBC構成を、ある環境から別の環境に(たとえば、テスト環境から本番環境に)移行できます。

アプリケーション開発者は、エンタープライズ・レベルのIDEまたはXMLファイルの編集に対応した開発ツールでアプリケーション・モジュールを作成し、そのJMSまたはJDBCモジュールをアプリケーションの一部としてパッケージ化して、そのアプリケーションをデプロイするためにWebLogic管理者に渡します。

詳細は、次を参照してください:

  • JMSアプリケーション・モジュールのデプロイメントの構成

  • JDBCアプリケーション・モジュールのデプロイメントの構成

WebLogic診断フレームワーク・モジュール

WebLogic診断フレームワーク(WLDF)では、WebLogic Serverインスタンスおよびサーバー・インスタンスにデプロイされたアプリケーションから診断データを生成、収集、解析、永続化できます。

サーバー・スコープの診断では、一部のWLDF機能は、ドメインの構成の一部として構成されます。その他の機能は、サーバー(またはクラスタ)をターゲット指定できるシステム・リソース記述子として構成されます。アプリケーション・スコープの診断では、診断機能は、アプリケーションのリソース記述子として構成されます。

アプリケーション・スコープのインストゥルメンテーションは、診断システム・モジュールに類似した診断モジュールとして構成およびデプロイされます。ただし、アプリケーション・モジュールは、アプリケーション・アーカイブでパッケージ化されたweblogic-diagnostics.xmlというXML構成ファイルに構成されます。

アプリケーション用にインストゥルメンテーションを構成する詳細な手順については、「アプリケーション・スコープのインストゥルメンテーションの構成」を参照してください。

外部診断記述子の使用

WebLogic Serverでは、外部診断記述子を使用できるため、診断記述子をインポートしていないアプリケーションに診断機能を統合することも可能です。この機能では、デプロイメント・ビュー、およびアプリケーションまたはモジュールのデプロイメントがサポートされ、デプロイメント・プラン(plan.xml)内に外部診断記述子が宣言されている場合に、その記述子の存在が検出されます。

外部診断記述子を定義する

まず、診断記述子を外部ファイルとして定義し、そのURIをplan.xmlファイル内で構成します。例:

<module-override>
  <module-name>reviewService.ear</module-name>
  <module-type>ear</module-type>
  </module-descriptor>
  <module-descriptor external="true">
  <root-element>wldf-resource</root-element>
  <uri>META-INF/weblogic-diagnostics.xml</uri>
  ...
  ...
</module-override>
<config-root>D:\plan</config-root>

次に、外部診断記述子ファイルをそのURIに配置します。上のサンプルであれば、記述子ファイルをd:\plan\ META-INFに配置します。

Coherence Grid Archive (GAR)モジュール

Coherence GARモジュールは、アプリケーションの可用性、スケーラビリティおよびパフォーマンスを向上させることができる、分散されたメモリー内キャッシングおよびデータ・グリッド・コンピューティングを提供します。GARモジュールは、スタンドアロン・モジュールとして、およびJava EEアプリケーションとともにパッケージ化されるモジュール(パッケージ化されたリソース)としてデプロイされます。GARモジュールは、グローバルに使用可能にすることもできます。

GARモジュールはcoherence-application.xmlデプロイメント記述子によって定義され、coherence-application.xsd XMLスキーマに準拠する必要があります。GARには、Coherenceアプリケーションを構成するアーティファクト(Coherence構成ファイル、アプリケーション・クラス(エントリ・プロセッサ、アグリゲータ、フィルタなど)、必要な依存関係)が含まれています。

Beanの検証

Bean Validation 仕様(JSR 349)では、JavaBeansコンポーネントでデータを検証するためのメタデータ・モデルとAPIを定義しています。サーバーとJava EE 7クライアントの両方でサポートされるため、ブラウザやサーバー・サイドなど複数のレイヤーにデータ検証を配布するかわりに、1箇所で検証制約を定義して、それを様々なレイヤーで共有することができます。

Bean検証の目的は、Beanを検証することだけではありません。実際には任意のJavaオブジェクトの検証にも使用できます。

Bean検証とJNDI

Java EE 仕様で規定されている場合、JNDIを使用して、java:comp/Validatorおよびjava:comp/ValidatorFactoryという名前でデフォルトのValidatorValidatorFactoryが配置されます。これら2つのアーティファクトは、スコープ内の検証ディスクリプタを反映しています。

Bean検証構成

Bean検証は、XMLディスクリプタまたはアノテーションを使用して構成できます。

  • ディスクリプタ:

    • ディスクリプタ要素は、対応するアノテーションをオーバーライドします。

    • Weblogic Serverでは、モジュールごとに1つのディスクリプタを使用できます。このため、1つのアプリケーションで複数の検証ディスクリプタを使用することはできますが、各モジュール・スコープでは1つしか使用できません。

    • 検証ディスクリプタは、validation.xmlという名前でMETA-INFディレクトリにパッケージされます。ただし、WebモジュールではディスクリプタはWEB-INFディレクトリにパッケージされます。

  • アノテーション:

    • デフォルトのValidatorおよびValidatorFactoryは、@Resourceアノテーションを使用してリクエストされます。ただし、このアノテーションですべてのソース・ファイルがスキャンされるわけではありません。

    • WebLogic Connectorは、Bean検証を内部的に使用してコネクタ・ディスクリプタを検証します。

Bean検証を構成すると、特定のコンテナ用の標準的な一連のコンテナ管理クラスがスキャンされます。たとえば、EJBの場合、Beanおよびインターセプタ・クラスがスキャンされます。Webアプリケーション・クラスおよびマネージドBeanでも、ValidatorおよびValidatorFactoriesの挿入がサポートされます。

Bean検証をサポートするクラスの詳細は、関連するコンポーネントの仕様に記載されている、依存性の挿入をサポートするクラスのリストを参照してください。

XMLデプロイメント記述子

デプロイメント構成は、特定のWebLogic Serverドメインにエンタープライズ・アプリケーションをデプロイするために必要となるデプロイメント記述子の値を定義するプロセスです。アプリケーションまたはモジュールに関するデプロイメント構成は、Java EEデプロイメント記述子、WebLogic Server記述子およびWebLogic Serverデプロイメント・プランの3種類のXMLドキュメントに格納されます。

この項では、Java EEおよびWebLogic固有のデプロイメント記述子について説明します。デプロイメント・プランについては、「デプロイメント・プラン」を参照してください。

Java EEプログラミング・モデルでは、EJB、サーブレット、Webアプリケーション、JSPなどのWebコンテナに対してJDKアノテーション機能を採用しています。アノテーションを使用すると、コンテナ内でのコンポーネントの動作、依存関係インジェクションのリクエスト方法などをJavaクラス自体の中で指定でき、アプリケーションの開発プロセスを簡略化できます。アノテーションは、以前のバージョンのWebアプリケーション(2.4以前)、エンタープライズ・アプリケーション(1.4以前)、およびEnterprise JavaBeans (2.x以前)で必要だったデプロイメント記述子にかわるものです。Java EEアノテーションと依存関係インジェクションの使用を参照してください。

しかしながら、デプロイメント記述子は、エンタープライズ・アプリケーションで完全にサポートされます。ただし、Java EE標準のデプロイメント記述子は必須ではありません。たとえば、従来のEJB 2.xプログラミング・モデルを使用したい場合や、後々の開発やデプロイメントの段階でより細かくカスタマイズできるようにしたい場合、メタデータ・アノテーションに加えて(またはメタデータ・アノテーションの代わりに)標準のデプロイメント記述子を作成できます。

モジュールとアプリケーションには、ディレクトリまたはJARファイルの内容を記述したデプロイメント記述子というXMLドキュメントが組み込まれています。デプロイメント記述子は、XMLタグでフォーマットされたテキスト・ドキュメントです。Java EE仕様では、Java EEモジュールおよびアプリケーション用の標準的で移植性の高いデプロイメント記述子が定義されています。Oracleでは、モジュールまたはアプリケーションをWebLogic Server環境にデプロイするときに使用するWebLogic固有のデプロイメント記述子をさらに定義しています。

表1-1に、モジュールとアプリケーションのタイプと、それらのJava EE標準およびWebLogic固有のデプロイメント記述子を示します。

注意:

次の表にリストされているWebLogicデプロイメント記述子のXMLスキーマには、WebLogic固有のすべてのデプロイメント記述子で共有される要素を記述するhttp://xmlns.oracle.com/weblogic/weblogic-javaee/1.7/weblogic-javaee.xsdスキーマの要素も含まれています。

最新のスキーマ情報は、次を参照してください。http://www.oracle.com/technetwork/middleware/weblogic/overview/index.html

表1-1 Java EEとWebLogicのデプロイメント記述子

モジュールまたはアプリケーション スコープ デプロイメント記述子

Webアプリケーション

Java EE

web.xml

http://www.oracle.com/webfolder/technetwork/jsc/xml/ns/javaee/web-app_3_1.xsdでServlet 3.0 Schemaを参照してください。

WEB-INF/beans.xml (WARファイルのクラスがContexts and Dependency Injection (CDI)に参加する場合にのみ必要)

スキーマ: http://www.oracle.com/webfolder/technetwork/jsc/xml/ns/javaee/beans_1_1.xsd

Contexts and Dependency Injection for the Java EE Platformの使用方法を参照してください。

Webアプリケーション

WebLogic

weblogic.xml

スキーマ: http://xmlns.oracle.com/weblogic/weblogic-web-app/1.8/weblogic-web-app.xsd

『Oracle WebLogic Server Webアプリケーション、サーブレット、JSPの開発』weblogic.xmlデプロイメント記述子の要素に関する項 を参照してください。

エンタープライズBean 3.0

Java EE

ejb-jar.xml

http://www.oracle.com/webfolder/technetwork/jsc/xml/ns/javaee/ejb-jar_3_1.xsdでEJB 3.2 Schemaを参照してください。

META-INF/beans.xml (EJB JARファイルのクラスがCDIに参加する場合にのみ必要)

スキーマ: http://www.oracle.com/webfolder/technetwork/jsc/xml/ns/javaee/beans_1_1.xsd

Contexts and Dependency Injection for the Java EE Platformの使用方法を参照してください。

エンタープライズBean 3.0

WebLogic

weblogic-ejb-jar.xml

スキーマ: http://xmlns.oracle.com/weblogic/weblogic-ejb-jar/1.6/weblogic-ejb-jar.xsd

weblogic-rdbms-jar.xml

スキーマ: http://xmlns.oracle.com/weblogic/weblogic-rdbms-jar/1.2/weblogic-rdbms-jar.xsd

persistence-configuration.xml

スキーマ: http://xmlns.oracle.com/weblogic/persistence-configuration/1.0/persistence-configuration.xsd

『Oracle WebLogic Server Enterprise JavaBeansの開発』を参照してください。

エンタープライズBean 2.1

Java EE

ejb-jar.xml

http://java.sun.com/xml/ns/j2ee/ejb-jar_2_1.xsdでEJB 2.1 Schemaを参照してください。

エンタープライズBean 2.1

WebLogic

weblogic-ejb-jar.xml

スキーマ:: http://xmlns.oracle.com/weblogic/weblogic-ejb-jar/1.6/weblogic-ejb-jar.xsd

『Oracle WebLogic Server Enterprise JavaBeansバージョン2.1の開発』weblogic-ejb-jar.xmlデプロイメント記述子に関する項を参照してください。

weblogic-cmp-rdbms-jar.xml 

スキーマ: http://xmlns.oracle.com/weblogic/weblogic-rdbms-jar/1.2/weblogic-rdbms-jar.xsd

『Oracle WebLogic Server Enterprise JavaBeansバージョン2.1の開発』weblogic-cmp-rdbms-jar.xmlデプロイメント記述子に関する項を参照してください。

Webサービス

Java EE

webservices.xml

http://www.oracle.com/webfolder/technetwork/jsc/xml/ns/javaee/javaee_web_services_1_4.xsdでWeb services 1.4 Schemaを参照してください。

Webサービス

WebLogic

weblogic-webservices.xml

スキーマ: http://xmlns.oracle.com/weblogic/weblogic-webservices/1.1/weblogic-webservices.xsd

weblogic-wsee-clientHandlerChain.xml

スキーマ: http://xmlns.oracle.com/weblogic/weblogic-wsee-clientHandlerChain/1.0/weblogic-wsee-clientHandlerChain.xsd

weblogic-webservices-policy.xml

スキーマ: http://xmlns.oracle.com/weblogic/webservice-policy-ref/1.1/webservice-policy-ref.xsd

weblogic-wsee-standaloneclient.xml

スキーマ: http://xmlns.oracle.com/weblogic/weblogic-wsee-standaloneclient/1.0/weblogic-wsee-standaloneclient.xsd

『Oracle WebLogic Server WebLogic Webサービス・リファレンス』WebLogic Webサービス・デプロイメント記述子要素リファレンスに関する項を参照してください。

リソース・アダプタ

Java EE

ra.xml

http://www.oracle.com/webfolder/technetwork/jsc/xml/ns/javaee/connector_1_7.xsdでConnector 1.6 Schemaを参照してください。

META-INF/beans.xml (RARファイルのクラスがCDIに参加する場合にのみ必要)

スキーマ: http://www.oracle.com/webfolder/technetwork/jsc/xml/ns/javaee/beans_1_1.xsd

Contexts and Dependency Injection for the Java EE Platformの使用方法を参照してください。

リソース・アダプタ

WebLogic

weblogic-ra.xml

Schema: http://xmlns.oracle.com/weblogic/weblogic-connector/1.5/weblogic-connector.xsd

『Oracle WebLogic Serverリソース・アダプタの開発』weblogic-ra.xmlスキーマに関する項を参照してください。

エンタープライズ・アプリケーション

Java EE

application.xml

http://www.oracle.com/webfolder/technetwork/jsc/xml/ns/javaee/application_7.xsdでApplication 7Schemaを参照してください。

エンタープライズ・アプリケーション

WebLogic

weblogic-application.xml 

スキーマ: http://xmlns.oracle.com/weblogic/weblogic-application/1.7/weblogic-application.xsd

「weblogic-application.xmlデプロイメント記述子の要素」を参照してください。

クライアント・アプリケーション

Java EE

application-client.xml 

http://www.oracle.com/webfolder/technetwork/jsc/xml/ns/javaee/application-client_7.xsdでApplication Client 7Schemaを参照してください。

META-INF/beans.xml (アプリケーション・クライアントJARファイルのクラスがCDIに参加する場合にのみ必要)

スキーマ: http://www.oracle.com/webfolder/technetwork/jsc/xml/ns/javaee/beans_1_1.xsd

Contexts and Dependency Injection for the Java EE Platformの使用方法を参照してください。

クライアント・アプリケーション

WebLogic

application-client.xml 

スキーマ: http://xmlns.oracle.com/weblogic/weblogic-application-client/1.4/weblogic-application-client.xsd

『Oracle WebLogic Serverスタンドアロン・クライアントの開発』Java EEアプリケーション・クライアント(シン・クライアント)の開発に関する項を参照してください。

HTTP Pub/Subアプリケーション

WebLogic

weblogic-pubsub.xml

スキーマ: http://xmlns.oracle.com/weblogic/weblogic-pubsub/1.0/weblogic-pubsub.xsd

『Oracle WebLogic Server Webアプリケーション、サーブレット、JSPの開発』のHTTPパブリッシュ/サブスクライブ・サーバーの使用方法に関する項を参照してください。

JMSモジュール

WebLogic

FileName-jms.xmlFileNameには任意の名前を指定します。

スキーマ: http://xmlns.oracle.com/weblogic/weblogic-jms/1.4/weblogic-jms.xsd

『Oracle WebLogic Server JMSリソースの管理』JMSアプリケーション・モジュールのデプロイメントの構成に関する項を参照してください。

JDBCモジュール

WebLogic

FileName-jdbc.xmlFileNameには任意の名前を指定します。

スキーマ: http://xmlns.oracle.com/weblogic/jdbc-data-source/1.5/jdbc-data-source.xsd

『Oracle WebLogic Server JDBCデータ・ソースの管理』JDBCアプリケーション・モジュールのデプロイメントの構成に関する項を参照してください。

デプロイメント・プラン

WebLogic

plan.xml

スキーマ: http://www.oracle.com/webfolder/technetwork/weblogic/deployment-plan/index.html

『Oracle WebLogic Serverへのアプリケーションのデプロイ』WebLogic Serverデプロイメントの理解に関する項を参照してください。

リソース・デプロイメント・プラン

WebLogic

resource-deployment-plan.xml

スキーマ: http://xmlns.oracle.com/weblogic/resource-deployment-plan/1.0/resource-deployment-plan.xsd

『Oracle WebLogic Server Multitenantの使用』リソース・デプロイメント・プランに関する項を参照してください。

WLDFモジュール

WebLogic

weblogic-diagnostics.xml 

スキーマ: http://xmlns.oracle.com/weblogic/weblogic-diagnostics/1.0/weblogic-diagnostics.xsd

『Oracle WebLogic Server診断フレームワークの構成と使用』WLDFアプリケーション・モジュールのデプロイメントに関する項を参照してください。

Coherenceモジュール

WebLogic

coherence-application.xml

スキーマ: http://xmlns.oracle.com/coherence/coherence-application/1.0/coherence-application.xsd

『Oracle WebLogic Server Oracle Coherenceアプリケーションの開発』を参照してください。

モジュールまたはアプリケーションをパッケージ化する場合は、デプロイメント記述子を格納するディレクトリ(WEB-INFまたはMETA-INF)を作成し、次にそのディレクトリ内にXMLデプロイメント記述子を作成します。

デプロイメント記述子の自動生成

WebLogic Serverでは、デプロイメント記述子を自動生成するための様々なツールを用意しています。これらについては、これ以降の項で説明します。

EJBGen

EJBGenは、Javadocマークアップを使用してEJBデプロイメント記述子ファイルを生成するEnterprise JavaBeans 2.xのコード・ジェネレータまたはコマンド・ライン・ツールです。Beanクラス・ファイルにJavadocタグでアノテーションを付け、EJBGenを使用してリモート・クラスとホーム・クラスおよびEJBアプリケーション用のデプロイメント記述子ファイルを生成し、EJB.javaおよび記述子ファイルの編集および管理が必要なファイルを1つに減らせます。『Oracle WebLogic Server Enterprise JavaBeansバージョン2.1の開発』「EJBGenリファレンス」を参照してください。

注意:

Enterprise JavaBeans 2.xコード生成ユーティリティのEJBGenは、Oracle WebLogic Server 12.2.1.3.0以降は非推奨となり、将来のリリースでは削除される予定です。

Javaベースのコマンド・ライン・ユーティリティ

WebLogic Serverには、Webアプリケーションやエンタープライズ・アプリケーションの標準Java EEデプロイメント記述子とWebLogic固有のデプロイメント記述子の両方を自動的に生成するJavaベースのコマンド・ライン・ユーティリティがあります。

これらのコマンド・ライン・ユーティリティは、ステージング・ディレクトリにアセンブルしたクラスを検証し、サーブレット・クラスなどを基に適切なデプロイメント記述子を構築します。以下のようなユーティリティがあります。

  • java weblogic.marathon.ddinit.EarInit - エンタープライズ・アプリケーションのデプロイメント記述子を自動生成します。

  • java weblogic.marathon.ddinit.WebInit - Webアプリケーションのデプロイメント記述子を自動生成します。

たとえば、DDInitでは、Webアプリケーションを構成するJSPファイルやその他のオブジェクトを含むc:\stageというディレクトリを作成したものの、web.xmlおよびweblogic.xmlデプロイメント記述子を作成していない場合があります。それらを自動的に生成するには、次のコマンドを実行します。

   prompt> java weblogic.marathon.ddinit.WebInit c:\stage

ユーティリティによってweb.xmlおよびweblogic.xmlデプロイメント記述子が生成され、WEB-INFディレクトリに配置されます(WEB-INFディレクトリがない場合はDDInitによって作成されます)。

以前のリリースのJava EEおよびWebLogic Serverのデプロイメント記述子のアップグレード

WebLogic Serverの新しいリリースにアプリケーションを移行する場合は、現行のJava EE仕様とWebLogic Serverのリリースの機能をアプリケーションで利用できるように、必ずデプロイメント記述子をアップグレードしておくことをお薦めします。

Java EEアプリケーションとモジュールのデプロイメント記述子をアップグレードするには、まずweblogic.DDConverterツールを使用して、アップグレードした記述子を一時ディレクトリに生成します。アップグレードしたデプロイメント記述子を調べて、その記述子が正しいことを確認したら、新しいデプロイメント記述子ファイルを持つJava EEモジュール・アーカイブまたは展開されたディレクトリを再パッケージ化します。

次のコマンドでweblogic.DDConverterを呼び出します。

prompt> java weblogic.DDConverter [options] archive_file_or_directory

archive_file_or_directoryは、エンタープライズ・アプリケーション、Webアプリケーション、EJB、リソース・アダプタのアーカイブ・ファイル(EAR、WAR、JAR、RAR)または展開されたディレクトリです。

次の表では、weblogic.DDConverterコマンド・オプションを説明します。

オプション 説明

-d <dir>

記述子が作成されるディレクトリを指定します。

-help

標準の使用方法メッセージを出力します。

-quiet

エラー・メッセージを除く出力メッセージをオフにします。

-verbose

デバッグで使用する追加出力をオンにします。

次の例では、weblogic.DDConverterコマンドを使用して、my.earエンタープライズ・アプリケーションのアップグレードされたデプロイメント記述子をカレント・ディレクトリのサブディレクトリtempdirに生成する方法を示します。

prompt> java weblogic.DDConverter -d tempdir my.ear

デプロイメント・プラン

デプロイメント・プランは、特定のWebLogic Server環境のためのアプリケーションのWebLogic Serverデプロイメント構成を定義する、XMLドキュメントです。デプロイメント・プランは、アプリケーションのアーカイブ・ファイルの外部にあり、アプリケーションの既存のWebLogic Serverデプロイメント記述子に格納されているデプロイメント・プロパティに対して変更を適用することができます。

デプロイメント・プランを使用すると、Java EEやWebLogic固有の既存のデプロイメント記述子を修正することなく、特定の環境についてのアプリケーションのWebLogic Server構成を簡単に変更できます。複数のデプロイメント・プランを使用すると、単一のアプリケーションを、複数の様々なWebLogic Server環境にデプロイされるように再構成できます。

プログラマは、アプリケーションのプログラミングを完了したら、デプロイメント構成をエクスポートして、アプリケーションを新しいWebLogic Server環境にデプロイするために管理者が使用するカスタム・デプロイメント・プランを作成します。そして、アプリケーションを環境に合わせて構成するための青写真としてデプロイメント・プランを使用するデプロイヤ(たとえば、テスト管理者、ステージング管理者または本番管理者)に、アプリケーション・デプロイメント・ファイルとカスタム・デプロイメント・プランの両方を配布します。

WebLogic Serverには、アプリケーションのデプロイメント構成のエクスポートを支援するため、以下のツールが用意されています。

  • weblogic.PlanGenerator。WebLogic Serverデプロイメント記述子の選択されたカテゴリについて、null変数を備えるテンプレート・デプロイメント・プランを作成します。エクスポート・プロセスを開始しているところであり、デプロイメント記述子のクラス全体に対してnull変数を備えるテンプレート・デプロイメント・プランを作成する必要がある場合は、このツールの使用をお薦めします。

  • WebLogic Server管理コンソールは、インストールされているアプリケーションの構成プロパティが変更されると、必要に応じてデプロイメント・プランを更新または新規作成します。WebLogic Server管理コンソールを使用して、新しいデプロイメント・プランを生成したり、既存のプラン内の変数を追加またはオーバーライドできます。記述子プロパティのカテゴリ全体をエクスポートするのではなく、プラン内の個々のデプロイメント記述子プロパティを対話形式で追加または編集できるため、WebLogic Server管理コンソールにはweblogic.PlanGeneratorよりも高い柔軟性があります。

デプロイメント・プランの作成と使用方法の詳細は、次を参照してください。

  • WebLogic Serverデプロイメントの理解

  • 新しい環境にデプロイするためのアプリケーションのエクスポート

  • WebLogic Serverデプロイメント・プランの理解

開発ツール

WebLogic Serverアプリケーションを開発するには、Java APIリファレンスおよびwls-api.jarファイル、ソース・コード・エディタまたはIDE、データベース・システムおよびJDBCドライバ、Webブラウザなど、様々なツールが必要です。また、Apache Antなどのサードパーティ・ツールも必要です。

この項では、WebLogic Serverアプリケーションを開発するための必須ツールや省略可能なツールについて説明します。

Java APIリファレンスおよびwls-api.jarファイル

Oracleには、『Oracle Fusion Middleware Oracle WebLogic Server Java APIリファレンス』が用意されています。このリファレンスには、WebLogic Server用のJava EEアプリケーションを開発する際に使用可能な、サポートされているすべてのJavaクラスが定義されています。『Oracle WebLogic Server Java APIリファレンス』を参照してください。

『Oracle WebLogic Server Java APIリファレンス』とともに、wls-api.jarファイルを使用して、WebLogic Server環境に合わせてJava EEアプリケーションを開発およびコンパイルすることをお薦めします。wls-api.jarファイルは、WebLogic Server配布のwlserver/server/libディレクトリに配置されており、次の利点を提供します。

  • テストされたベスト・プラクティスに基づく、よりパフォーマンスの高いコードの開発

  • 非推奨またはサポート対象外となったコード・パスの回避

wls-api.jarファイルの使用

wls-api.jarファイルとapi.jarファイルを使用すると、Oracle JDeveloperなどの統合開発環境(IDE)でJava EEアプリケーションを開発およびコンパイルすることができます。IDEには、Javaベースのアプリケーションの開発を簡略化するための一連のツールが用意されています。wls-api.jarファイルは、WebLogic環境に合わせてJava EEアプリケーションを開発および実行するための、クリーンで簡潔なAPI jarを提供します。

注意:

wls-api.jarファイルはJava EEクラスを参照しません。Oracleではapi.jarファイルに、Java EE JARへのアクセスを含むマニフェスト・クラスパスを用意しています。

WLST、weblogic.Deployerユーティリティ、weblogic.appcなどのツールにアクセスするために、開発環境のクラスパスにweblogic.jarファイルを含める必要がある場合があります。

weblogic.jarファイルの使用

クライアントとして、またはレガシー・アプリケーションを開発およびコンパイルするために、実行時環境に対してweblogic.jarファイルを引き続き使用する必要があります。ただし、WebLogic Server環境に合わせてJava EEアプリケーションを開発およびコンパイルするには、wls-api.jarファイルを使用します。

Apache Ant

WebLogic Serverによるアプリケーションのビルド方法としては、Apache Antが最適です。Antは、Javaベースのビルド・ツールです。Antの利点の1つは、これがシェル・ベースのコマンドではなく、Javaクラスで拡張されていることです。WebLogic Server分割開発ディレクトリ環境を使用してアプリケーションをコンパイル、ビルド、デプロイ、パッケージ化するための様々なAnt拡張クラスを利用できます。

もう1つの利点は、Antがクロス・プラットフォーム・ツールであるということです。開発者は、eXtensible Markup Language (XML)で、Antによるスクリプトを作成します。XMLタグは、ビルドするターゲット、ターゲット間の依存関係、およびターゲットを構築するための実行タスクを定義します。AntライブラリはWebLogic Serverに付属していて、製品パッケージからJavaアプリケーションを簡単に構築できるようになっています。

Antを使用するには、まずWL_SERVER\samples\domains\wl_serverディレクトリ(WL_SERVERはWebLogic Serverインストール・ディレクトリ)にあるsetExamplesEnv.cmd (Windows)またはsetExamplesEnv.sh (UNIX)コマンドを実行して、環境を設定する必要があります。

Antの機能の包括的な説明については、http://jakarta.apache.org/ant/manual/index.htmlを参照してください。

注意:

Apache JakartaのWebサイトでは、Antの最新バージョンに関するオンライン・ドキュメントのみを公開しています。このAntは、WebLogic Serverに同梱されているものとはバージョンが異なる可能性があります。WebLogic Serverに同梱されているAntのバージョンを調べるには、WebLogic環境の設定後、次のコマンドを実行します。

prompt> ant -version

特定のバージョン(たとえば、WebLogic Serverに含まれるバージョン)のAntのドキュメントを参照するには、http://archive.apache.org/dist/ant/binaries/からAntのzipファイルをダウンロードして、ドキュメントを展開します。

クロス・プラットフォーム・スクリプトをコンパイルするAntの使用、またはAntによって処理可能なXMLスクリプトを作成するクロス・プラットフォーム・スクリプトの使用については、ORACLE_HOME/wlserver/samples/server/examples/src/examples/ejb20/basic/beanManaged/build.xmlなどの任意のWebLogic Serverサンプルを参照してください。ここで、ORACLE_HOMEは、WebLogic Serverをインストールしたディレクトリを表します。WebLogic Serverサンプル・コードの詳細は、『Oracle WebLogic Serverの理解』のサンプル・アプリケーションおよびサンプル・コードに関する項を参照してください。

また、Antを使ってサンプルを構築する方法を説明したWebLogic Serverドキュメント(ORACLE_HOME/wlserver/samples/server/examples/src/examples/examples.html)も参照してください。

サード・パーティ・バージョンのAntの使用方法

WebLogic Serverに同梱されているAntが不十分な場合は、独自のバージョンのAntを使用できます。WebLogic Serverに同梱されているAntのバージョンを判断するには、WebLogic環境の設定後、次のコマンドを実行します。

prompt> ant -version

別のバージョンのAntを使用する予定がある場合は、WL_HOME\server\lib\antディレクトリの適切なJARファイルを更新されたバージョンのファイルで置き換えるか、新しいファイルをCLASSPATHの前に追加します。なお、WL_HOMEは、WebLogicのメイン・インストール・ディレクトリ(c:\Oracle\Middleware\Oracle_Home\wlserverなど)です。

Antのヒープ・サイズの変更

デフォルトでは、環境スクリプトは128 MBのヒープ・サイズをAntに割り当てます。ローカル環境変数ANT_OPTS-Xオプションを設定すると、この値を独自のプロジェクトに合わせて増減できます。例:

prompt> setenv ANT_OPTS=-Xmx128m

ヒープ・サイズを永続的に設定する場合は、環境を設定するスクリプトのMEM_ARGS変数を追加または更新し、WebLogic Serverを起動するなどの操作を行います。次の、WebLogic Serverインスタンスを起動するWindowsコマンド・スクリプトの抜粋を参照してください。

set MEM_ARGS=-Xms32m -Xmx200m

MEM_ARGS変数の使用例については、WL_HOME/server/binのスクリプトとコマンドを参照してください。

ソース・コード・エディタまたはIDE

Javaソース・ファイル、構成ファイル、HTMLまたはXMLページ、およびJavaServer Pagesの編集には、テキスト・エディタが必要です。WindowsとUNIXの行末コードの違いを適切に処理するエディタが望ましいですが、それ以外には特別な要件は何もありません。HTML/XMLページおよびJavaServer Pagesは、通常のテキスト・エディタか、またはDreamWeaverなどのWebページ・エディタで編集できます。XMLページの場合、DTD検証機能を備えたエンタープライズ・レベルのIDE、またはXMLファイルの編集をサポートするその他の開発ツールを使用できます。

データベース・システムとJDBCドライバ

データベース・システムは、ほぼすべてのWebLogic Serverアプリケーションで必要となります。標準JDBCドライバを介してアクセスできる任意のDBMSを使用できますが、WebLogic Java Message Service (JMS)などのサービスでは、Oracle、Sybase、Informix、Microsoft SQL ServerまたはIBM DB2をサポートするJDBCドライバが必要です。サポート対象のデータベース・システムとJDBCドライバについては、Oracle Technology Networkの「Oracle Fusion Middleware Supported System Configurations」ページを参照してください。

Webブラウザ

ほとんどのJava EEアプリケーションは、Webブラウザ・クライアントによって実行されるように設計されています。WebLogic ServerはHTTP 1.1仕様をサポートしており、FirefoxおよびMicrosoft Internet Explorerブラウザの現行バージョンでテストされています。

作成するアプリケーションの条件を書き出す場合、どのWebブラウザ・バージョンをサポートするかに留意してください。テスト・プランには、サポートされるバージョンごとのテスト計画を含めます。バージョン番号とブラウザ構成は明確に指定します。作成するアプリケーションはセキュア・ソケット・レイヤー(SSL)プロトコルをサポートしますか。ブラウザの代替セキュリティ設定をテストして、サポートしているセキュリティをユーザーに通知できるようにします。

アプリケーションがアプレットを使用する場合、様々なブラウザに埋め込まれているJVMには違いがあるため、サポートするブラウザの構成をテストすることが特に重要です。解決策の1つは、Javaプラグインをインストールするようユーザーに指示して、すべてのユーザーが同じJavaランタイム・バージョンを持つようにすることです。

サード・パーティ・ソフトウェア

サード・パーティのソフトウェア製品を使用して、WebLogic Server開発環境を強化することができます。「WebLogic開発者向けツール・リソース」では、アプリケーション・サーバーをサポートする製品の開発者向けツールの情報が提供されます。

注意:

ソフトウェア・ベンダーに問い合わせて、使用しているプラットフォームとWebLogic Serverのバージョンにソフトウェアが対応しているかどうかを確認してください。

このリリースでの新機能と変更された機能

このリリースで導入されたWebLogic Serverの包括的な新機能一覧は、『Oracle WebLogic Server 12.2.1.3.0の新機能』を参照してください。