日本語PDF

14 Oracle Databaseソフトウェアの管理

この章では、Oracle Databaseソフトウェアを最新に保つ方法について説明します。内容は次のとおりです。

14.1 ソフトウェアの管理およびパッチ・リリースについて

ソフトウェアの管理では、最新のプロダクト修正でOracle Databaseソフトウェアを最新の状態に保ちます。製品に欠陥やバグが見つかった場合、問題を修正するパッチが作成されます。パッチを使用して、インストール済のソフトウェアの欠陥を個別に修正できます。個々のパッチを個別パッチと呼びます。個別パッチは、ビジネス上の理由から問題を修正する新規パッチ・セットのリリースを待てない場合に利用します。

オラクル社では、パッチ・セットの形式で定期的にソフトウェアのメンテナンス・リリースを発表しています。パッチ・セットは、メンテナンス・リリースまでにリリースされた製品修正をまとめたものです。パッチ・セットは、完全なテストを経て統合された製品修正です。パッチ・セット内のすべての製品修正はテスト済であり、相互に連携して機能することが保証されています。

各パッチまたはパッチ・セットは、識別用のバグ番号に関連付けられています。また、パッチ・セットはバージョン番号とも関連付けられています。たとえば、Oracle Database 12c リリース1 (12.1.0.1)を使用する場合は、使用可能なパッチ・セットが12.1.0.2になります。ソフトウェアに個別パッチを適用した場合でも、ソフトウェアのバージョン番号は変化しません。

各パッチには、ソフトウェアの修正方法を説明するREADMEファイルが付属しています。READMEファイルには、パッチの適用方法も記載されています。

各パッチ・セットには、インストール手順やパッチ・セット内のプロダクト修正に関する情報を提供するパッチ・セット・ノート・ファイルが付属しています。Oracleソフトウェアにパッチ・セットを適用すると、インストール済のソフトウェアのメンテナンス・リリース番号が変化します。パッチ・セットの適用の影響を受けるのは、Oracleホームにあるソフトウェアのみです。データベース内のデータに影響はありません。

パッチとパッチ・セットは、それぞれOracle OPatchとOracle Universal Installer (OUI)を使用して適用できます。また、Oracle Enterprise Manager Cloud Controlを使用すると、これらのパッチを自動化することもできます。これらの製品の使用方法については、このマニュアルでは説明しません。

14.2 データベースのアップグレード

ご使用のデータベース環境に応じたアップグレード・オプションと計画、およびOracle Databaseのアップグレード処理を自動化するツールの配列が提供されています。

参照:

これらのトピックの詳細は、『Oracle Databaseアップグレード・ガイド』を参照してください。

  • アップグレード・ツールおよびプロセス

  • Oracle Databaseのアップグレードの準備

  • Oracle Databaseのアップグレード用スクリプト

  • Oracle Databaseのアップグレード後の作業

  • Oracle Databaseのアップグレード後のアプリケーションのアップグレード

  • 以前のリリースへのOracle Databaseのダウングレード

  • データの移行

14.3 Oracle Databaseソフトウェアの削除

Oracleソフトウェア・インストールの削除が必要な場合は、削除ツールを使用して、ソフトウェアをコンピュータから完全にアンインストールできます。

Oracle Database 12c以上では、削除ツールがデータベース・インストール・メディアに統合されるようになりました。Oracle Database、Oracle Database ClientまたはOracle Grid Infrastructureインストール・メディアのベース・ディレクトリから、runInstallerコマンドに-deinstallおよび-homeオプションを指定して使用すると、削除ツールを実行できます。

削除ツール(deinstall)は、インストール後のOracleホーム・ディレクトリにあり、$ORACLE_HOME/deinstall/deinstallとして使用できます。

削除ツールは、デフォルトでは、インストール所有者としてOracleホームのdeinstallディレクトリから実行します。

コンピュータからOracleホームを削除するには、次の手順を実行します。

  1. これらのコマンドを使用して削除ツールを実行します。
    $ cd $ORACLE_HOME
    $ $ORACLE_HOME/deinstall/deinstall
    

    注意:

    削除ツールを実行する前に、Oracle Databaseを停止したり、データベース・プロセスを停止しないでください。

  2. プロンプトに対して指定情報を入力するか、[Enter]を押してデフォルト値をそのまま使用します。
  3. プロンプトが表示されたら、指示に従ってrootスクリプトを実行します。この処理を行うには、rootユーザーであることが必要です。

関連項目:

削除ツールの詳細は、ご使用のプラットフォームの『Oracle Databaseインストレーション・ガイド』を参照してください

14.4 Oracle Databaseソフトウェアの管理: Oracle by Example Series

Oracle by Example(OBE)には、『Oracle Database 2日でデータベース管理者』に関するシリーズが含まれています。このOBEシリーズでは、この章のタスクを段階的に説明し、注釈付きのスクリーンショットを使用します。

シリーズは、Oracle Databaseソフトウェアの削除方法を説明するチュートリアルで構成されています。チュートリアルには、次の2つの方法でアクセスできます。