8.166 V$RESOURCE_LIMIT

V$RESOURCE_LIMITは、一部のシステム・リソースでのグローバル・リソースの使用状況に関する情報を示します。このビューを使用してリソースの消費量を監視することによって、必要に応じて対処措置をとることができます。大部分のリソースは、表8-5に記載されている初期化パラメータに対応しています。

たとえば、DLMに使用されている一部のリソースには初期の割当て(ソフト制限)と、論理的には無制限なハード制限があります(実際はSGAサイズによって制限されます)。SGAの確保または初期化中は、SGA内にリソースのINITIAL_ALLOCATION用に領域が確保されますが、この割当ての限度を超えた場合、LIMIT_VALUEに示される値まで追加リソースが割り当てられます。CURRENT_UTILIZATION列は、初期の割当ての限度を超えているかどうかを示します。初期の割当て値を超えている場合は、追加で必要なリソースが共有プールから割り当てられますが、共有プールでは他のリソースと領域の競合があります。

INITIAL_ALLOCATIONには、領域が競合しないような値を指定してください。ほとんどのリソースについては、INITIAL_ALLOCATIONの値はLIMIT_VALUEの値と同じです。LIMIT_VALUEより大きい値はエラーになります。

データ型 説明

RESOURCE_NAME

VARCHAR2(128)

リソース名(表8-5を参照)

CURRENT_UTILIZATION

NUMBER

現在使用されている(リソースまたはロック、プロセスの)数

MAX_UTILIZATION

NUMBER

最後にインスタンスを起動してからのこのリソースの最大消費量

INITIAL_ALLOCATION

VARCHAR2(40)

初期の割当て。これは、初期化パラメータ・ファイルに指定したリソースの値と同じ(無制限の場合、UNLIMITED)。

LIMIT_VALUE

VARCHAR2(40)

リソースおよびロックの場合は無制限。これは、初期の割当て値より大きくてもかまわない(無制限の場合、UNLIMITED)。

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID

表8-5 RESOURCE_NAME列の値

リソース名 対応する初期化パラメータ

DML_LOCKS

DML_LOCKSを参照

ENQUEUE_LOCKS

Oracle Databaseによって計算される値。エンキュー・ロックの詳細は、V$ENQUEUE_LOCKを参照。

GES_LOCKS

グローバル・エンキュー・サービス・ロック

GES_PROCS

グローバル・エンキュー・サービス・プロセス

GES_RESS

グローバル・エンキュー・サービス・リソース

MAX_SHARED_SERVERS

MAX_SHARED_SERVERSを参照

PARALLEL_MAX_SERVERS

PARALLEL_MAX_SERVERSを参照

PROCESSES

PROCESSESを参照

SESSIONS

SESSIONSを参照

SORT_SEGMENT_LOCKS

Oracle Databaseによって計算される値

TEMPORARY_LOCKS

Oracle Databaseによって計算される値

TRANSACTIONS

TRANSACTIONSを参照