日本語PDF

TRUNC (日付)

構文

trunc_date::=

目的

TRUNC(日付)ファンクションは、時刻部分を書式モデルfmtで指定された単位まで切り捨てたdateを戻します。このファンクションは、NLS_CALENDARセッション・パラメータの影響を受けません。このファンクションはグレゴリオ暦の規則に従って動作します。戻される値は、dateに異なる日時データ型を指定した場合でも、常にDATEデータ型です。fmtを省略すると、デフォルトの書式モデル'DD'が使用され、午前0時(真夜中)を基準に切り捨てられたdateの値が戻されます。fmtで使用できる書式モデルは、「ROUNDおよびTRUNC日付ファンクション」を参照してください。

次の例では、日付を切り捨てます。

SELECT TRUNC(TO_DATE('27-OCT-92','DD-MON-YY'), 'YEAR')
  "New Year" FROM DUAL;
 
New Year
---------
01-JAN-92 

TRUNCを使用した日付の書式設定: 例

次の例では、TRUNCファンクションは、書式モデルの指定に従って、日付の時刻部分で入力日付を返します。

WITH dates AS (   
  SELECT date'2015-01-01' d FROM dual union   
  SELECT date'2015-01-10' d FROM dual union   
  SELECT date'2015-02-01' d FROM dual union   
  SELECT timestamp'2015-03-03 23:45:00' d FROM dual union   
  SELECT timestamp'2015-04-11 12:34:56' d FROM dual    
)   
SELECT d "Original Date",   
       trunc(d) "Nearest Day, Time Removed",   
       trunc(d, 'ww') "Nearest Week", 
       trunc(d, 'iw') "Start of Week",   
       trunc(d, 'mm') "Start of Month",   
       trunc(d, 'year') "Start of Year"   
FROM dates;

次の例では、入力日付の値が切り捨てられ、切り捨てられた日付値の分の部分を、TO_CHARファンクションを使用して取得します。

WITH dates AS (   
  SELECT date'2015-01-01' d FROM dual union   
  SELECT date'2015-01-10' d FROM dual union   
  SELECT date'2015-02-01' d FROM dual union   
  SELECT timestamp'2015-03-03 23:45:00' d FROM dual union   
  SELECT timestamp'2015-04-11 12:34:56' d FROM dual    
)   
SELECT d "Original Date",   
       trunc(d) "Date with Time Removed",   
       to_char(trunc(d, 'mi'), 'dd-mon-yyyy hh24:mi') "Nearest Minute",   
       trunc(d, 'iw') "Start of Week",   
       trunc(d, 'mm') "Start of Month",   
       trunc(d, 'year') "Start of Year"  
FROM dates;

次の文は、現行のセッションの日付書式を変更します。

ALTER SESSION SET nls_date_format = 'dd-mon-yyyy hh24:mi';

次の例では、新しい日付書式でデータが表示されます。

WITH dates AS (   
  SELECT date'2015-01-01' d FROM dual union   
  SELECT date'2015-01-10' d FROM dual union   
  SELECT date'2015-02-01' d FROM dual union   
  SELECT timestamp'2015-03-03 23:44:32' d FROM dual union   
  SELECT timestamp'2015-04-11 12:34:56' d FROM dual    
)   
SELECT d "Original Date",   
       trunc(d) "Date, time removed",   
       to_char(trunc(d, 'mi'), 'dd-mon-yyyy hh24:mi') "Nearest Minute",   
       trunc(d, 'iw') "Start of Week",   
       trunc(d, 'mm') "Start of Month",   
       trunc(d, 'year') "Start of Year"   
FROM dates;

Live SQL:

TRUNCを使用した日付の書式設定で、Oracle Live SQLの関連例を表示し、実行します。