日本語PDF

UPPER

構文

目的

UPPERは、すべての文字を大文字にしてcharを戻します。charは、CHARVARCHAR2NCHARNVARCHAR2CLOBまたはNCLOBデータ型です。戻り値は、charと同じデータ型です。データベースは、基礎となる文字セットに対して定義したバイナリ・マッピングに基づいて文字の形式を設定します。大文字の区別については、「NLS_UPPER」を参照してください。

関連項目:

UPPERの文字の戻り値に割り当てる照合を定義する照合導出ルールは、『Oracle Databaseグローバリゼーション・サポート・ガイド』の付録Cを参照してください。

次の例では、各従業員の姓を大文字で戻します。

SELECT UPPER(last_name) "Uppercase"
   FROM employees;