ヘッダーをスキップ

Oracle Database インストレーション・ガイド
10gリリース2(10.2)for HP-UX Itanium

B28244-01
目次
目次
索引
索引

戻る 次へ

3 インストール作業

Oracle Databaseソフトウェアはディスク(DVD)で配布されますが、Oracle Technology Network(OTN)のWebサイトからもダウンロードできます。ほとんどの場合は、Oracle Universal Installerのグラフィカル・ユーザー・インタフェース(GUI)を使用してソフトウェアをインストールします。ただし、このGUIを使用せずにOracle Universal Installerを使用してサイレント・モードでインストールを完了することもできます。

関連項目:

サイレント・モードでのインストールの詳細は、付録Aを参照してください。 

この章の内容は、次のとおりです。

インストール前の考慮事項

第1章「インストールの概要」の情報を確認し、第2章「インストール前の作業」に示す作業を完了した後、次のことを考慮してください。

非対話型モードによる複数のOracle Databaseインストールの実行

Oracle Databaseの複数のインストールを実行する必要がある場合は、非対話型モードを使用できます。非対話型モードでは、各ノードでレスポンス・ファイルを使用して、Oracle Universal Installerをコマンドラインから実行します。レスポンス・ファイルは、通常はOracle Universal Installer GUIダイアログ・ボックスに入力する設定が含まれたテキスト・ファイルです。

関連項目:

サイレント・モードでのインストールの詳細は、付録Aを参照してください。 

コンポーネント固有のインストール・ガイドラインの参照

Oracle Universal Installerを起動する前に、次のガイドラインを参照してください。

インストール・ソフトウェアへのアクセス

Oracle Databaseソフトウェアはコンパクト・ディスク(DVD)で配布されますが、Oracle Technology Network(OTN)のWebサイトからもダウンロードできます。ソフトウェアをハード・ディスクからインストールするには、Oracle Technology Networkからダウンロードして解凍するか、ディスクを入手している場合はディスクからコピーする必要があります。

Oracle Databaseのインストールとアクセスには、次のいずれかの方法を使用できます。


注意:

Oracle Database 10gソフトウェアが2枚のディスクに分かれている場合は、DVDからOracle Universal Installerを起動するか、またはインストール・ディスクの内容をハード・ディスクにコピーすると、インストール中にディスクを交換せずに済みます。  


OTN WebサイトからのOracleソフトウェアのダウンロード

この項では、インストール・アーカイブ・ファイルをダウンロードしてハード・ディスク上で抽出する方法について説明します。この項の内容は、次のとおりです。

インストール・アーカイブ・ファイルのダウンロード

Oracle Technology Networkからインストール・アーカイブ・ファイルをダウンロードする手順は、次のとおりです。

  1. ブラウザを使用して、次のURLにあるOracle Technology Networkのソフトウェア・ダウンロード・ページにアクセスします。

    http://www.oracle.com/technology/software/
    
    
  2. インストールする製品のダウンロード・ページにナビゲートします。

  3. ダウンロード・ページで、各必須ファイルのサイズを合計して必要なディスク領域を識別します。

    ファイル・サイズは、ファイル名の隣に表示されます。

  4. アーカイブ・ファイルの格納および展開用に、十分な空き領域のあるファイル・システムを選択します。

    ほとんどの場合は、使用可能ディスク領域として、すべてのアーカイブ・ファイルのサイズ合計の2倍以上のディスク領域が必要です。

  5. 手順4で選択したファイル・システム上で、インストール・ディレクトリを保持するOraDB10gなどの親ディレクトリを製品別に作成します。

  6. 手順5で作成したディレクトリに、すべてのインストール・アーカイブ・ファイルをダウンロードします。

  7. ダウンロードしたファイルのサイズが、Oracle Technology Network上の対応するファイルと一致することを確認します。

インストール・ファイルの抽出

インストール・アーカイブ・ファイルを抽出する手順は、次のとおりです。

  1. 必要な場合は、ダウンロードしたインストール・アーカイブ・ファイルを含むディレクトリに移動します。

  2. 各ファイルを解凍するには、次のコマンドを入力します。

    $ gunzip filename.cpio.gz
    
    

    このコマンドにより、次のような名前のファイルが作成されます。

    filename.cpio
    
    
  3. インストール・ファイルを抽出するには、次のコマンドを入力します。

    $ cpio -idmv < filename.cpio
    


    注意:

    cpioコマンドとともに使用する適切なオプションの詳細は、ダウンロード・ページを参照してください。

    一部のブラウザでは、ダウンロード中にファイルが解凍されますが、ファイル拡張子.gzは残ります。この手順で正常に抽出できない場合は、ファイルから拡張子.gzを削除して手順3を繰り返してください。 


    このコマンドでは、ファイルごとにサブディレクトリDisknが作成されます。nは、1またはファイル名で識別されるディスク番号です。

必要なインストール・ファイルをすべて抽出した後、次の項を参照してください。

「Oracle Databaseソフトウェアのインストール」

ハード・ディスクへのソフトウェアのコピー

Oracle Databaseをインストールする前に、ソフトウェアをハード・ディスクにコピーできます。これにより、インストール・プロセスが少し高速になります。 ディスクの内容をハード・ディスクにコピーする前に、ディスクをマウントする必要があります。以降の各項では、ディスクをマウントして内容をハード・ディスクにコピーする手順について説明します。

ディスクのマウント

ディスクをマウントする手順は、次のとおりです。

  1. ユーザーをrootに切り替えます。

    $ su - root
    
    
  2. 必要な場合は、次のコマンドを入力し、現在マウントされているディスクをアンマウントしてドライブから取り出します。

    # /usr/sbin/umount /SD_DVD
    
    

    この例で、/SD_DVDはディスク・ドライブのマウント・ポイント・ディレクトリです。

  3. 適切なディスクをディスク・ドライブに挿入し、次のようなコマンドを入力してマウントします。

    # /usr/sbin/mount -F cdfs -o rr /dev/dsk/cxtydz /SD_DVD
    
    

    この例で、/SD_DVDはディスク・マウント・ポイント・ディレクトリで、/dev/dsk/cxtydzはディスク・デバイス名(/dev/dsk/c0t2d0など)です。

  4. 「ディスクの場所」ダイアログ・ボックスが表示された場合は、次のようにディスク・マウント・ポイント・ディレクトリのパスを入力します。

    /SD_DVD
    
    

操作を続けるには、次の該当する項に進んでください。

ハード・ディスクへのOracle Databaseソフトウェアのコピー


注意:

システムにDVDドライブがない場合は、ディスクから別のシステム上のファイル・システムにソフトウェアをコピーし、NFSを使用してそのファイル・システムをマウントするか、またはFTPを使用して、ソフトウェアをインストールするシステムにファイルをコピーできます。 


ディスクの内容をハード・ディスクにコピーする手順は、次のとおりです。

  1. ハード・ディスク上で、Oracleソフトウェアを保持するディレクトリを作成します。

    $ mkdir OraDb10g
    
    
  2. 手順1で作成したディレクトリに移動します。

    $ cd OraDb10g
    
    
  3. ディスクがマウントされていない場合は、マウントします。

    一部のプラットフォームでは、ディスクをドライブに挿入すると自動的にマウントされます。ディスクが自動的にマウントされない場合は、プラットフォーム固有のマウント方法について、「ディスクのマウント」を参照してください。

  4. 次のように入力して、マウント済ディスクの内容を対応する新規サブディレクトリにコピーします。

    $ cp -R /directory_path OraDb10g
    
    

    この例で、/directory_pathはディスク・マウント・ポイント・ディレクトリ(/SD_DVDなど)またはDVD上のdatabaseディレクトリのパスです。マウント・ポイント・ディレクトリは/dvdです。

  5. 必要に応じて、次のディスクをマウントして、手順5を繰り返します。

必要なディスクをすべてコピーした後、「Oracle Databaseソフトウェアのインストール」の項を参照してください。

Oracle Databaseソフトウェアのインストール

この項では、Oracleソフトウェアのインストール方法について説明します。

インストール・ガイドラインの参照

Oracle Universal Installerを起動する前に、次のガイドラインを参照します。

Oracle Universal Installerの実行

この項では、デフォルト設定である「基本インストール」について説明します。どのタイプのインストール・プロセスの場合も、次のようにOracle Universal Installerを起動してソフトウェアをインストールします。

  1. ソフトウェアをディスクからインストールする場合、ディスクがマウントされていないときは1枚目のディスクをマウントします。

    一部のプラットフォームでは、ディスクをドライブに挿入すると自動的にマウントされます。

    ディスクが自動的にマウントされない場合は、プラットフォーム固有のマウント方法について、「ディスクのマウント」を参照してください。

  2. Oracle Universal Installerを起動するには、インストール・ファイルの位置に応じて次のいずれかの手順を実行します。


    注意:

    Oracle Universal Installerは、oracleユーザーとしてログインしてユーザーの環境を設定した(第2章を参照)ターミナル・セッションから起動してください。 


    • インストール・ファイルがディスク上にある場合は、次のようなコマンドを入力します。directory_pathはDVD上のdatabaseディレクトリのパスです。

      $ cd /tmp
      $ /directory_path/runInstaller
      
      
    • インストール・ファイルがハード・ディスク上にある場合は、clientディレクトリに移動して次のコマンドを入力します。

      $ ./runInstaller
      
      

    Oracle Universal Installerが表示されない場合は、「X Windowの表示エラー」のトラブルシューティング情報を参照してください。

  3. 次のガイドラインに従ってインストールを完了します。

  4. 対話型モードでデータベース・コンフィギュレーション・アシスタントおよびOracle Netコンフィギュレーション・アシスタント(NetCA)を実行するインストール・タイプを選択した場合は、データベースとネットワークの構成に関する詳細情報を提供する必要があります。

    対話型モードでデータベース・コンフィギュレーション・アシスタントまたはNetCAを使用しているときに不明な点がある場合は、画面で「ヘルプ」をクリックしてください。


    注意:

    デフォルト・インストールを選択した場合、データベース・コンフィギュレーション・アシスタントとNetCAは非対話型モードで実行されます。  


  5. すべての構成ツールが完了した後、「終了」をクリックし、「はい」をクリックしてOracle Universal Installerを終了します。

自動ストレージ管理のインストール

この項で説明する手順に従って自動ストレージ管理をインストールし、自動ストレージ管理を使用できるようにOracle Databaseをインストールします。 自動ストレージ管理を使用しない場合は、「Oracle Databaseソフトウェアのインストール」に示す手順に従ってOracle Databaseをインストールしてください。

この項の内容は、次のとおりです。

手順1: 自動ストレージ管理のインストールに関する考慮事項の確認

自動ストレージ管理をインストールする場合は、次のガイドラインが適用されます。

手順2: 自動ストレージ管理インスタンスおよびディスク・グループの作成

次の手順では、Oracle Databaseファイルの格納に使用する自動ストレージ管理インスタンスおよびディスク・グループの作成方法について説明します。必要な場合は、自動ストレージ管理インスタンス用に複数のディスク・グループを作成して管理できます。自動ストレージ管理をバックアップおよびリカバリ操作に使用する予定の場合は、そのための個別ディスク・グループを作成することをお薦めします。

自動ストレージ管理インスタンスをインストールしてディスク・グループを構成する手順は、次のとおりです。

  1. ソフトウェアをディスクからインストールする場合、ディスクがマウントされていないときは1枚目のディスクをマウントします。

    一部のプラットフォームでは、ディスクをドライブに挿入すると自動的にマウントされます。

    ディスクが自動的にマウントされない場合は、プラットフォーム固有のマウント方法について、「ディスクのマウント」を参照してください。

  2. Oracle Universal Installerを起動するには、インストール・ファイルの位置に応じて次のいずれかの手順を実行します。


    注意:

    Oracle Universal Installerは、oracleユーザーとしてログインしてユーザーの環境を設定した(第2章を参照)ターミナル・セッションから起動してください。 


    • インストール・ファイルがディスク上にある場合は、次のようなコマンドを入力します。directory_pathはDVD上のdatabaseディレクトリのパスです。

      $ cd /tmp
      $ /directory_path/runInstaller
      
      
    • インストール・ファイルがハード・ディスク上にある場合は、databaseディレクトリに移動して次のコマンドを入力します。

      $ ./runInstaller
      
      

    Oracle Universal Installerが表示されない場合は、「X Windowの表示エラー」のトラブルシューティング情報を参照してください。

  3. 「ようこそ」画面で、「拡張インストール」を選択して「次へ」をクリックします。

    関連項目:

    この手順で使用する画面の詳細は、「Oracle Universal Installerの実行」を参照してください。 

  4. 「インストール・タイプの選択」画面で、「Enterprise Edition」「Standard Edition」または「カスタム」を選択して「次へ」をクリックします。

  5. 「ホームの詳細の指定」画面で、自動ストレージ管理インスタンスについて自動ストレージ管理固有の名前とディレクトリ位置を入力します。

    たとえば、名前をOraDB10g+ASMに変更し、ディレクトリ位置を次のように変更します。

    /u01/app/oracle/product/10.2.0/asm
    
    
  6. 「次へ」をクリックします。

  7. 「製品固有の前提条件のチェック」画面で、要件が満たされていることを確認して「次へ」をクリックします。

  8. 「構成オプションの選択」画面で、自動ストレージ管理(ASM)の構成を選択し、ASM SYSのパスワードを指定して確認します。 確認後に「次へ」をクリックします。

  9. 「自動ストレージ管理の構成」画面で、次の設定を入力します。


    注意:

    この画面では、自動ストレージ管理インスタンスで使用するディスク・グループを作成できます。ディスク・グループを作成するには、使用可能なパーティションが存在する必要があります。  


    • ディスク・グループ名: ディスク・グループ名を入力します。

    • 冗長性: 次のオプションを1つ選択して、ディスク・グループ内のディスクの冗長性レベルを設定します。冗長性レベルを指定しなければ、ディスク・グループの冗長性レベルはデフォルトで「標準」に設定されます。

      • : ディスク・グループの内容は、デフォルトで3方向でミラー化されます。高冗長性ディスク・グループを作成するには、3つ以上の障害グループ(3つ以上のデバイス)を指定する必要があります。

      • 標準: デフォルトでは、ディスク・グループのデータファイルは2方向でミラー化され、制御ファイルは3方向でミラー化されます。3方向でミラー化するかミラー化しない特定のファイルを作成するように選択することもできます。標準冗長性ディスク・グループを作成するには、2方向ミラー化のために2つ以上の障害グループ(2つ以上のデバイス)を指定する必要があります。

      • 外部: 自動ストレージ管理では、ディスク・グループの内容はミラー化されません。この冗長性レベルを選択するのは、1) RAIDデバイスなど、それ自体がデータ保護を提供するデバイスがディスク・グループに含まれる場合、または2) 適切なバックアップ方法がある開発環境など、データベースの使用において割込みなしのデータ・アクセスを必要としない場合です。

    • ディスクの追加: ディスク・リカバリ・パスとして/dev/rdskと入力します。ディスク・リカバリ・パスをクリックし、ダイアログ・ボックスに必要なディスク・リカバリ・パスを入力して「OK」をクリックする方法もあります。

  10. 「次へ」をクリックします。

  11. 「インストール」画面で、インストール済の内容を確認して「インストール」をクリックします。

  12. このインスタンスに使用するディスク・グループをもう1つ作成するには、$ORACLE_HOME/binディレクトリからOracle Database Control Assistantを手動で実行し、「自動ストレージ管理の構成」オプションを選択します。

この段階で、以降に作成するデータベースで自動ストレージ管理を使用できるようになります。自動ストレージ管理のインストール前に作成したデータベースがある場合は、この時点でOracle Enterprise Managerの「データベースの移行ウィザード」を使用して自動ストレージ管理に移行できます。このウィザードは、Oracle Enterprise Manager Grid ControlまたはDatabase Controlで使用可能です。あるいは、Oracle Database Recovery Manager(RMAN)を使用して移行を実行することもできます。

関連項目:

  • 既存のOracle Databaseを自動ストレージ管理に移行する方法は、Oracle Enterprise Managerの「データベースの移行ウィザード」のオンライン・ヘルプを参照してください。

  • Oracle Database Recovery Managerを使用して既存のOracle Databaseを自動ストレージ管理に移行する方法の詳細は、『Oracle Databaseバックアップおよびリカバリ・アドバンスト・ユーザーズ・ガイド』を参照してください。

 

手順3: 自動ストレージ管理とともに使用するOracle Databaseのインストール

自動ストレージ管理インスタンスと自動ストレージ管理ディスク・グループの作成を完了した後、自動ストレージ管理の使用が可能なデータベース・インスタンスを作成できます。

自動ストレージ管理で使用するデータベース・インスタンスを作成する手順は、次のとおりです。

  1. Oracle Universal Installerを起動します。

  2. 「ようこそ」画面で、「拡張インストール」を選択して「次へ」をクリックします。

  3. 「インストール・タイプの選択」画面で、インストール・タイプを1つ選択して「次へ」をクリックします。

  4. 「ホームの詳細の指定」画面で、自動ストレージ管理に使用するホームとは異なるOracleホームを選択します。

  5. 「カスタム」インストール・タイプを選択した場合は、インストールする製品を選択します。

  6. 「製品固有の前提条件のチェック」画面で、要件が満たされていることを確認して「次へ」をクリックします。

  7. 「構成オプションの選択」画面で「データベースの作成」を選択します。

  8. 「データベース構成の選択」画面で、表示されるデータベース・タイプから選択して「次へ」をクリックします。

  9. 「データベース構成オプションの指定」画面で、次の設定を入力して「次へ」をクリックします。

    • データベース名: データベース名を入力します。

    • データベース・キャラクタ・セット: 使用するデータベース・キャラクタ・セットを選択します。デフォルト値は、オペレーティング・システムで使用しているキャラクタ・セットに基づいて表示されます。

    • データベース・サンプル: このオプションを選択すると、サンプル・スキーマを含むEXAMPLE表領域が作成されます。これはオプションですが使用されることをお薦めします。

  10. 「データベース管理オプションの選択」画面で、Oracle Enterprise Managerをインストール済の場合は「データベース管理にGrid Controlを使用する」、インストールされていない場合は「データベース管理にDatabase Controlを使用する」を選択します。オプションで、「電子メール通知を有効にする」を選択して、送信SMTPサーバーと電子メール・アドレスを入力します。 入力後に「次へ」をクリックします。

    インストールの完了後は、選択したユーティリティを使用して自動ストレージ管理インスタンスを管理できます。

  11. 「データベース記憶域オプションの指定」画面で、「自動ストレージ管理(ASM)」を選択して「次へ」をクリックします。

  12. 「バックアップ・オプションおよびリカバリ・オプションの指定」画面で、次のアクションを実行します。

    • 自動バックアップを有効にする: このオプションを選択し、「自動ストレージ管理」を選択します。

    • バックアップ・ジョブの資格証明: バックアップ管理者のユーザー名とパスワードを入力します。

  13. 「次へ」をクリックします。

  14. 「ASMディスク・グループの選択」画面で、リカバリおよびバックアップ用に「手順2: 自動ストレージ管理インスタンスおよびディスク・グループの作成」で作成した自動ストレージ管理ディスク・グループを選択します。

    選択した自動ストレージ管理ディスク・グループに領域が足りない場合は、ストレージ管理の構成画面が表示され、必要に応じて追加のディスクを選択できます。ディスクを選択すると、「必要な記憶領域」リージョンに調整後のサイズが表示されます。可能であれば、「必要な追加領域」の値が負の数になるようにします。

  15. 「次へ」をクリックします。

  16. 「データベース・スキーマのパスワードの指定」画面で、権限を持つデータベース・アカウントのパスワードを入力して確認し、「次へ」をクリックします。

  17. 「サマリー」画面で、インストールされる内容が適切かどうかを確認して「インストール」をクリックします。

手順4: 自動ストレージ管理インストールのテスト

自動ストレージ管理インストールをテストするには、asmcmdコマンドライン・ユーティリティを使用してログインしてみます。このユーティリティにより、自動ストレージ管理ディスク・グループのファイルとディレクトリを管理できます。 テストする手順は、次のとおりです。

  1. シェル・ウィンドウを開き、ORACLE_SIDおよびORACLE_HOME環境変数を一時的に設定して、使用する自動ストレージ管理インスタンスに適切な値を指定します。

    たとえば、自動ストレージ管理のSIDが+ASMで、ORACLE_BASEディレクトリのasmサブディレクトリにある場合は、次のコマンドを入力して必須設定を作成します。

    • Bourne、BashまたはKornシェルの場合

      $ ORACLE_SID=+ASM
      $ export ORACLE_SID
      $ ORACLE_HOME=/u01/app/oracle/product/10.2.0/asm
      $ export ORACLE_HOME
      
      
    • Cシェルの場合

      % setenv ORACLE_SID +ASM
      % setenv ORACLE_HOME /u01/app/oracle/product/10.2.0/asm
      
      
  2. 必要に応じて、SQL*PlusでSYSDBA権限を使用してSYSユーザーとして自動ストレージ管理インスタンスに接続し、インスタンスを開始します。

    # $ORACLE_HOME/bin/sqlplus "SYS/SYS_password as SYSDBA"
    SQL> STARTUP
    
    
  3. 次のコマンドを入力して、既存のディスク・グループ、そのディスク・グループの冗長性レベルおよび各グループの空きディスク領域を表示します。

    SQL> SELECT NAME,TYPE,TOTAL_MB,FREE_MB FROM V$ASM_DISKGROUP;
    

    関連項目:

    • asmcmdの詳細は、『Oracle Databaseユーティリティ』を参照してください。

    • 自動ストレージ管理の管理に使用できる他のツールの詳細は、「自動ストレージ管理の管理」を参照してください。

    • 自動ストレージ管理の詳細は、『Oracle Database 管理者ガイド』を参照してください。

     


戻る 次へ
Oracle
Copyright © 2006 Oracle Corporation.

All Rights Reserved.
目次
目次
索引
索引