6.63 DBA_HIST_SQLBIND

DBA_HIST_SQLBINDは、SQLカーソルによって使用されたバインド変数の履歴情報を示します。

このビューには、V$SQL_BIND_CAPTUREのスナップショットが含まれています。

データ型 NULL 説明

SNAP_ID

NUMBER

NOT NULL

一意のスナップショットID

DBID

NUMBER

NOT NULL

スナップショットのデータベースID

INSTANCE_NUMBER

NUMBER

NOT NULL

スナップショットのインスタンス番号

SQL_ID

VARCHAR2(13)

NOT NULL

ライブラリ・キャッシュ内の親カーソルのSQL識別子

NAME

VARCHAR2(128)

バインド変数の名前

POSITION

NUMBER

NOT NULL

SQL文内のバインド変数の位置

DUP_POSITION

NUMBER

バインディングが名前によって実行され、バインド変数の複製が作成された場合、この列には1次バインド変数の位置が設定される。

DATATYPE

NUMBER

バインド・データ型の内部識別子。Oracle Database 12c以降は、PL/SQLデータ型を表す番号がこの列に表示される。

DATATYPE_STRING

VARCHAR2(15)

バインド・データ型のテキスト表記。Oracle Database 12c以降は、PL/SQLのみのデータ型を表すテキストがこの列に表示される。実際のデータ型がPL/SQLサブタイプである場合、サブタイプではなくデータ型の名前が表示される。

CHARACTER_SID

NUMBER

各国語文字セットの識別子

PRECISION

NUMBER

精度(数値バインド用)

SCALE

NUMBER

スケール(数値バインド用)

MAX_LENGTH

NUMBER

最大バインド長

WAS_CAPTURED

VARCHAR2(3)

バインド値が取得されたかどうか(YES | NO)

LAST_CAPTURED

DATE

バインド値が取得された日付。バインド値は、SQL文の実行時に取得される。オーバーヘッドを制限するには、指定したカーソルに対して最大15分間隔でバインドを取得する。

VALUE_STRING

VARCHAR2(4000)

文字列として表されたバインドの値

VALUE_ANYDATA

ANYDATA

自己記述型のSys.AnyDataデータ型を使用して表されたバインドの値。この表現は、バインド変数の値をプログラムでデコードする場合に有効。DATATYPE列にPL/SQLのみのデータ型が出現した場合、この列はNULLである。

CON_DBID

NUMBER

サンプリングされたセッションのPDBのデータベースID

CON_ID

NUMBER

CON_DBIDで識別されるコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID

関連項目:

V$SQL_BIND_CAPTURE