2.111 DISK_ASYNCH_IO

DISK_ASYNCH_IOは、データ・ファイル、制御ファイル、およびログ・ファイルへのI/Oが非同期かどうかを制御します(つまり、表スキャン中に、CPU処理とI/Oリクエストをオーバーラップできるかどうかを制御します)。

特性 説明

パラメータ・タイプ

ブール値

デフォルト値

true

変更可能

いいえ

PDBで変更可能

いいえ

値の範囲

true | false

基本

いいえ

ご使用のプラットフォームがディスクへの非同期I/Oをサポートしている場合は、このパラメータをデフォルト値のままにしておくことをお薦めします。ただし、非同期I/Oの実装が安定してない場合は、このパラメータをfalseに設定することで、非同期I/Oを使用禁止にできます。プラットフォームがディスクへの非同期I/Oをサポートしていない場合、このパラメータは無効です。

DISK_ASYNCH_IOfalseに設定すると、DB_WRITER_PROCESSESを増やすか、またはDBWR_IO_SLAVESを使用して非同期I/Oをシミュレートできます。

関連項目: