8.48 V$ASM_ACFSREPL

V$ASM_ACFSREPLは、レプリケーション用に初期化されているOracle ACFSファイル・システムの情報を示します。

データ型 説明

FSNAME

VARCHAR2(1024)

ファイル・システムのマウント・ポイント(V$ASM_FILESYSTEMに対する外部キー)

VOLDEV

VARCHAR2(256)

Oracle ADVMデバイスの名前

SITE

VARCHAR2(7)

レプリケーション・サイトのロール:

  • PRIMARY - ファイル・システムはプライマリとして初期化されています。

  • STANDBY - ファイル・システムはスタンバイとして初期化されています。

LAG

VARCHAR2(128)

スタンバイがプライマリより遅延している時間(時:分:秒、プライマリのみ)

STATUS

VARCHAR2(12)

レプリケーション・プライマリまたはレプリケーション・スタンバイのステータス:

  • ONLINE - レプリケーションが初期化され、リアルタイムの変更を処理しています。

  • INITIALIZING - レプリケーションは、レプリケーションの開始前に存在したプライマリ上のファイルをまだ処理しています。

  • PAUSED - プライマリがスタンバイにログを送信していないか、スタンバイがロギングされた変更を適用していません。

INITSTATUS

VARCHAR2(11)

レプリケーション・プライマリまたはレプリケーション・スタンバイの初期化ステータス:

  • NONE - レプリケーションはONLINEで、初期中ではありません。

  • DIRECTORIES - ディレクトリの初期化中です。

  • FILES - ファイルの初期化中です。

DIRSSCAN

NUMBER

スキャンおよびロギングされたディレクトリの数(プライマリのみ)

PERCENT

NUMBER

レプリケーションの開始前に存在した、初期化されたファイルの割合(プライマリのみ)

LASTSYNC

DATE

スタンバイ・サイトでの最後の適用時刻(スタンバイのみ)

CRSRUN

NUMBER

現在実行中のクラスタ・レディ・サービス・レプリケーション・デーモンの数

CRSTOTAL

NUMBER

実行予定のクラスタ・レディ・サービス・レプリケーション・デーモンの数

PMNTPT

VARCHAR2(1024)

レプリケーション・プライマリ・サイトのマウント・ポイント

SMNTPT

VARCHAR2(1024)

レプリケーション・スタンバイ・サイトのマウント・ポイント

PSVCNAME

VARCHAR2(1024)

レプリケーション・プライマリ・サイトのサービス名

SSVCNAME

VARCHAR2(1024)

レプリケーション・スタンバイ・サイトのサービス名

PHOST

VARCHAR2(1024)

レプリケーション・プライマリ・クラスタのホスト名

SHOST

VARCHAR2(1024)

レプリケーション・スタンバイ・クラスタのホスト名

REMALIAS

VARCHAR2(4096)

レプリケーションのリモート別名

TAGS

NUMBER

タグ付きファイルをレプリケートしている場合はTRUE (1)

COMPRESSION

VARCHAR2(3)

レプリケーション・ログの圧縮ステータス:

  • OFF - レプリケーション・ログは圧縮されていません。

  • ON - レプリケーション・ログは圧縮されています。

DBGLVL

NUMBER

レプリケーション・トレース・ログのデバッグ・レベル

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID

このビューの場合、値は常に0

ノート:

このビューには、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)より前のOracle ASMリリースのレコードのみが含まれています。Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降のOracle ACFSレプリケーション情報を表示するには、acfsutil repl infoコマンドを使用します。

関連項目:

ノート:

Oracle Flex ASM構成のノードにあるOracle ACFSファイル・システムまたはボリュームに関する情報を表示するには、ローカルのOracle ASMインスタンスではなくOracle ASMプロキシ・インスタンスに接続する必要があります。Oracle Flex ASMの詳細は、『Oracle Automatic Storage Management管理者ガイド』を参照してください。