10.22 V$SESSION_FIX_CONTROL

V$SESSION_FIX_CONTROLは、カレント・セッションの修正制御に関する情報(使用可能または使用禁止)を示します。

データ型 説明

SESSION_ID

NUMBER

セッション識別子(このビューをV$SESSIONに結合するために使用可能)

BUGNO

NUMBER

バグ番号(修正制御識別子として)

VALUE

NUMBER

修正制御に対して設定されている現行の値

SQL_FEATURE

VARCHAR2(64)

機能の制御ID

DESCRIPTION

VARCHAR2(64)

修正制御の説明

OPTIMIZER_FEATURE_ENABLE

VARCHAR2(25)

修正がデフォルトで有効になっているバージョン

EVENT

NUMBER

この修正を制御するために以前に使用されていたイベント

IS_DEFAULT

NUMBER

現在の値がデフォルトと同じかどうか(同じ場合は1、異なる場合は0)

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID