uploadFile

ローカル・コンピュータからサービスにファイルをアップロードします。このコマンドは、データ、メタデータ、ルール定義、ディメンション定義、マップ済トランザクション、テンプレートおよびバックアップ・スナップショットが含まれるファイルをアップロードする場合に使用します。

このコマンドは、環境内の既存のファイルを上書きしません。EPM自動化は、アップロードされるファイルの名前がアップロード場所のファイルの名前と同じである場合、エラーを表示します。

適用対象

PlanningPlanningモジュールフリーフォームFinancial Consolidation and CloseTax ReportingAccount ReconciliationProfitability and Cost ManagementOracle Enterprise Data Management CloudNarrative ReportingOracle Sales Planning CloudおよびOracle Strategic Workforce Planning Cloud

使用方法

epmautomate uploadFile "FILE_NAME" [UPLOAD_LOCATION] 。ここで:
  • FILE_NAME はファイルの名前です。EPM自動化を実行しているディレクトリにファイルがない場合は絶対パスを指定します。
  • UPLOAD_LOCATION はオプションで、ファイルをアップロードするOracle Enterprise Performance Management Cloudの場所です。デフォルトのアップロード場所にファイルをアップロードする場合は、アップロード場所を指定しないでください。詳細は、デフォルトのファイルの場所を参照してください。サポートされている値は、次のとおりです:
    • inboxは、受信ボックスにファイルをアップロードします。Profitability and Cost Management以外のEPM Cloudビジネス・プロセスは、処理するファイルをこの場所で探します。
    • profitinboxは、Profitability and Cost Managementで処理するファイルをアップロードします。
    • to_be_importedは、環境の次回の日次メンテナンスでインポートするNarrative Reportingスナップショットをアップロードします。
    • inbox/directory_name は、データ管理で処理するために受信ボックス内のディレクトリにファイルをアップロードします。
    • outboxは、Profitability and Cost Management以外のビジネス・プロセスによって使用される送信ボックスにファイルをアップロードします。
    • profitoutboxは、Profitability and Cost Managementによって使用される送信ボックスにファイルをアップロードします。

  • スナップショットをデフォルトの場所にアップロードします:

    epmautomate uploadFile "C:/snapshots/backup_snapshot.zip"

  • ファイルをデータ管理の受信ボックスにアップロードします:

    epmautomate uploadFile "C:/pbcsdata/quarterlydata.csv" inbox

  • 受信ボックス(データ管理)のフォルダにファイルをアップロードします:

    epmautomate uploadFile "C:/fdmee_data/data.zip" inbox/dm_folder

  • profitinbox (Profitability and Cost Management)にファイルをアップロードします:

    epmautomate uploadFile "C:/profitability_data/data.zip" profitinbox

  • Narrative ReportingスナップショットをC:\tempディレクトリからto_be_importedの場所にアップロードします:

    epmautomate uploadFile "C:\temp\EPRCS_Backup.tar.gz" to_be_imported