Account Reconciliationを使用するお客様

Account Reconciliationへの統合を実装するプロセスでは、最初にデータ管理でインポートと検証のステップをテストします。十分な結果が得られたら、Account Reconciliation内から実際の統合を開始します。

データの実際のロードは、Account Reconciliationで実行されます。詳細は、データ管理を使用したデータのインポートを参照してください。

Account Reconciliationに移行するオンプレミスのAccounts Reconciliation Managerのお客様は、データ管理の次の点に注意してください。

  • Account ReconciliationOracle Enterprise Performance Management Cloudのアプリケーション以外のソースとして使用することは、現在Account Reconciliationではサポートされていません。

  • Account Reconciliationにロードできるのは、数値データのみです。

  • Account Reconciliationからデータ管理のドリルスルー・ランディング・ページへのドリルスルーはサポートされています。Account Reconciliationでは、ハイブリッド統合機能を使用してデータを先にデータ管理にインポートすれば、オンプレミスのFinancial Data Quality Management, Enterprise Editionのデータ・ソースにもドリルスルーできます。ランディング・ページにドリルスルーするには、「ターゲット・アプリケーション」ページの「ターゲット・ディメンション・クラス」でAccount Reconciliationプロフィル・セグメントをLOOKUPディメンションにマップする必要があります。

  • Oracle NetSuiteからのデータの統合は、Account Reconciliationでサポートされています。

  • Oracle Financials Cloudからのデータの統合は、Account Reconciliationでサポートされています。

  • Account Reconciliation残高に「データ・ロード・マッピング」オプションで「ソース・タイプ」ディメンションをマッピングする場合、「ターゲット値」ソース・システムまたはサブシステム(補助元帳)として使用します。これらのオプションは、データのソースを定義する分類です。たとえば、ソース・システムを選択した場合、このオプションは必ずしもソース・データが同じソース・システムからのデータであるわけではなく、データのソースが売掛金(AR)や買掛金(AP)などの補助元帳ではないことを示しています。

  • マッピング目的で追加する参照ディメンションの分類は"LOOKUP"である必要があります。汎用分類のディメンションは追加しないでください。

  • Account Reconciliation内の照合勘定科目IDにマップする際には、空白のターゲット・セグメントに関する考慮事項があります。ターゲット照合で2つの移入済セグメント間に空白のセグメントがある場合、Account Reconciliationによって、照合勘定科目IDの中にある空白およびnullのセグメント値はそれぞれ3つの空白文字として処理されます。また、Account Reconciliationによって、最後の移入済セグメントに続くNULLセグメントが切り捨てられます。

    たとえば、グループ化照合で照合IDが"001-null-null-1925 XXX"の場合(照合/プロファイルを表示すると、Account Reconciliation内の"null"は存在しません(文字の無効化)。)Account Reconciliationの設計では、移入済セグメントの間の空白およびnullのセグメントごとに、データベース層の"null"が3つの空白文字に置き換えられます。データ管理内のターゲット・マップ済プロファイルでは、Account Reconciliationに合せるために、"ACCOUNT ID 001- - -1925 XXX"となる必要があります。

  • 銀行ファイル・トランザクション(BAI (Bank Administration Institute)ファイル・フォーマットまたはSWIFT MT940ファイル・フォーマットを使用)をAccount Reconciliationのトランザクション照合モジュールにロードする必要があるAccount Reconciliationのお客様は、データ管理を統合メカニズムとして使用できます。データ管理では、ロード用に事前作成のアダプタがサポートされます:

    • BAIフォーマットの銀行ファイル・トランザクション
    • BAIフォーマットの銀行ファイル残高
    • SWIFT MT940フォーマットの銀行ファイル・トランザクション
    • SWIFT MT940フォーマットの銀行ファイル残高

    詳細は、BAIおよびSWIFT MT940フォーマットの銀行ファイル・トランザクションおよび残高の統合を参照してください。

    注:

    また、データ管理でサポートされる他のファイル・フォーマットもトランザクション照合モジュールへのインポート、マップおよびロードに使用されます。
  • 「トランザクション照合」では、調整またはトランザクションを、二面性を持つ仕訳としてエクスポートし、その後、ERPシステムにインポートできます。データ管理はエクスポートした仕訳をロードするためのメカニズムとして使用されます。詳細は、: エクスポートされた仕訳のロードを参照してください。

  • Account Reconciliationのお客様は、トランザクションごとに最大64個のフィールドを使用して、データ管理を使用してトランザクション照合にデータをロードできます。

  • Account Reconciliationユーザーが使用できるその他の機能については、このガイドの目次を参照してください。

データ管理を使用してファイルからAccount Reconciliationの一般会計残高および補助元帳残高をロードする方法は、概要: Account Reconciliationのデータ管理を使用したGL残高および補助元帳残高のファイルからのロードを参照してください。