Financial Consolidation and Closeを使用するお客様

Financial Consolidation and Closeに移行するOracle Hyperion Financial Managementのお客様は、2つの製品の主な違いに注意してください。

  • Financial Consolidation and Closeでは、正の金額は借方として表示され、負の金額は貸方として表示されます。
  • プラン・タイプは、Financial Consolidation and Closeの概念ではありません。
  • Financial Consolidation and Closeユーザーは、自分のアプリケーションにOracle General Ledgerデータをロードできます。Oracle General Ledgerにライトバックできるのは、予算データのみです。

  • データ同期では、PlanningまたはFinancial Consolidation and CloseからFinancial Consolidation and Closeターゲット・アプリケーションにデータをプッシュできます。

  • Financial Consolidation and Closeは、インポート・フォーマットでソース・システムとして使用できます。この方法では、Financial Consolidation and Closeをソース・システムとして、別のクラウド・サービス(PlanningモジュールAccount ReconciliationPlanningProfitability and Cost Managementなど)をターゲットとして使用し、Financial Consolidation and Closeからこれらの他のクラウド・サービスへデータを移動できます。

    また、Financial Consolidation and Closeからデータを抽出してファイルにプッシュし、別のアプリケーションで使用できます。

  • 連結ディメンションの場合は、ロケーションごとに、異なる上書き金額または上書きレートを異なるソース・メンバーにロードできます。これにより、連結プロセスの各ステージの実行に使用する詳細をレポートできます。

  • システムで事前定義されたディメンションに加え、アプリケーションの必要性に基づいて最大2つの追加カスタム・ディメンションを作成できます。カスタム・ディメンションは勘定科目ディメンションと関連付けられており、勘定科目に関する追加の詳細を提供します。アプリケーションで拡張ディメンションが有効な場合、最大4つのカスタム・ディメンションを作成できます。アプリケーションで「複数GAAPレポート」オプションが有効化されている場合、3つのカスタム・ディメンションを作成できます。

  • データ管理では、Financial Consolidation and Closeの期間はデータ・ファイルの列としてサポートされます。1つのファイルに複数期間のデータがある場合、各データ行に年と期間を含めることができます。インポート・フォーマットでソース期間行である年と期間を選択すると、これらの列がファイル内にあることがシステムに示され、ターゲット・システムの適切なディメンションにマップされます。EPM Cloudまたはファイルベースのソース・システムの複数期間のロードを参照してください。

  • データ管理では、Financial Consolidation and Closeに仕訳をロードする場合明示的なロード方法がサポートされます。仕訳は、「仕訳」タイプのデータ・ルールを定義することでロードされます。Excelベースとテキストベースの両方の仕訳のロードがサポートされます。Financial Consolidation and Closeへの仕訳のロードを参照してください。
  • ドリル・スルー機能は、為替レート・データに対してはサポートされません。
  • Financial Consolidation and Closeで使用可能なインポート・モードは、追加と置換です。
  • Financial Consolidation and Closeからデータをインポートして明示マッピング・セットを使用するとき、属性列ATTR2およびATTR3はディメンション・マッピングで使用しないでください。データ管理では、これらの列は行の正しい期間キーを判断するために使用されます。
  • Financial Consolidation and Closeターゲット・アプリケーションに対して使用可能なエクスポート・モードは次のとおりです: 「マージ」(すでにアプリケーションにデータが存在する場合は、既存のデータにロード・ファイルの値が追加されるのみです。既存のデータは削除されません。データが存在しない場合は、新しいデータが作成されます)、「置換」(ロードが送信される前に、シナリオ、年、期間、エンティティおよびデータ・ソースに基づいて最初にすべての値が削除されます。)、および「累計」(ロード・ファイルにデータがあるアプリケーションのデータが累計されます。データ・ファイルの一意の視点ごとに、ロード・ファイルの値がアプリケーションの値に加算されます。)