データ・ロード・マッピング

Budgetary Controlの予算をOracle Enterprise Performance Management Cloudにロードする際は、Budgetary Controlのソース・メンバーをEPM Cloudのターゲット・メンバーにマップします。

インポート・フォーマットでマップされるPlanningディメンションのメンバーのマッピングに加え、データがロードされるPlanningディメンション・メンバー(「最終」バージョンなど)を指定して、マップされていないPlanningディメンションのメンバーもマップします。

データ・ロード・マッピングを定義するには:

  1. 「ワークフロー」タブの「データ・ロード」で、「データ・ロード・マッピング」を選択します。

    イメージは「データ・ロード・マッピング」画面を示します

  2. 「POVバー」から、データ・ロード・マッピングおよびデータ・ロード・ルールのデータをロードするEPM Cloudに対応するロケーション、期間およびカテゴリを選択します。

    データ・ロード・ルールは、視点のコンテキスト内で処理されます。デフォルトの視点は自動的に選択されます。視点の情報は、画面下部にあるPOVバーに表示されます。

  3. 「ディメンション」ドロップダウンから、マップするソース・ディメンションを選択します。

    ターゲットのPlanningディメンションごとにマッピングを指定する必要があります。

    インポート・フォーマットでマップされないディメンションについては、たとえば、Planningアプリケーションのマップされていない「バージョン」ディメンションを「バージョン1」にマップするように、特定のターゲット・メンバーにマップする必要があります。

    インポート・フォーマットでマップされるディメンションについては、ロード前にEPM Cloudディメンションが更新されていない場合でも、現状のマッピングを作成する必要があります。

  4. 「類似」タブを選択します。

  5. 「ソース値」に、ターゲット・ディメンション・メンバーにマップするソース・ディメンション・メンバーを指定します。

    すべてのBudgetary Control勘定科目をEPM Cloudに変更なしにそのままマップするには、「ソース値」*と入力し、「ターゲット値」*と入力します。

  6. 「ターゲット値」で、ソース・メンバーがマップされているメンバー名を選択します。

    「検索」をクリックしてメンバー・セレクタを表示し、メンバー・リストからメンバー名を選択することも可能です。

  7. 「ルール名」に、Budgetary Controlへの予算額の転送に使用するデータ・ロード・ルールの名前を入力します。

    注:

    ルールは、ルール名のアルファベット順に評価されます。明示的ルールには、ルール名がありません。評価の階層は、明示、(含む/範囲/複数)、類似の順です。
  8. 「説明」にマッピングの説明を入力します。

    たとえば、「元帳へのマッピング」などの説明を入力します。

  9. オプション: 「ルールに適用」で、マッピングがロケーション内の特定のデータ・ルールのみに適用されるよう選択します。

    メンバー・マッピングの作成を参照してください。

  10. 「保存」をクリックします。