Abs

Absは、数値、行、列またはセルの絶対値を戻す算術関数です。数値の絶対値は、負の符号のない数値です。正数が正数のまま維持される一方、負数は正数に変化します。

構文:

Abs(argument)

ここで、 argument は次のいずれかの値です。

引数 説明

数値

数値。たとえば、Abs(-20)は値20を戻します。

数値には、小数と負数も使用できます。数値引数を参照してください。

行、列またはセルの参照

グリッド内の行、列またはセルへのポインタ。

参照の指定にはいくつかの方法があります。参照構文は、 GridName.GridElement[segment(range)].Property です。行、列またはセルの参照引数を参照してください。

関数

埋込み関数。

算術関数を参照してください。

例:

値30を戻します。

Abs(-30)

行1の値の絶対値を戻します。

Abs(row[1])

列Eの合計の絶対値を計算します。

Abs(column[E].sum)

グリッド1のデザイン・セグメント3の展開された行1-3を示します。

Abs(Grid1.row[3(1:3)])