Average

Averageは、数値、行、列またはセルの集合の平均を戻す算術関数です。Averageでは、平均を求めるときに#missingセルと#errorセルは除外されます。

注:

欠落値は、その値が抑制されるかどうかにかかわらず計算には含まれません。

構文:

Average(arguments)

または

Avg(arguments)

ここで、 arguments は次の1つまたは複数の値です。

引数 説明

数値

数値。たとえば、Average(10,20,30)は、値20を戻します。

数値には、小数と負数も使用できます。数値引数を参照してください。

行、列またはセルの参照

グリッド内の行、列またはセルへのポインタ。たとえば、Avg(Grid1.row[4(3:5)])は、グリッド1、行セグメント4、3から5までの範囲の平均値を戻します。

参照の指定にはいくつかの方法があります。参照構文は、 GridName.GridElement[segment(range)].Property です。行、列またはセルの参照引数を参照してください。

関数

埋込み関数。

算術関数を参照してください。

例:

値20を戻します。

Avg(10,30,20)

3つの集約行に含まれるすべての数値の平均を戻します。

Average(row[1],row[6],row[8])

3つの集約列E、G、Iの平均値を求めます。(まず、各列の平均値を求め、その3つの値を平均します。)

Avg(column[E]avg,column[G]avg,column[I.avg)

現在のグリッドのEとグリッド2のEの2つの列の平均を計算します。(この計算には、すべての展開される列が含まれます。)

Avg(column[E],grid2column[E])

集約行3の平均値を求め、その値を100で割ります。

Avg(row[3])/100