グループの変更

サービス管理者は、グループのプロパティ(グループ名を含む)を変更できます。グループ名を変更しても、グループに割り当てられたアプリケーション役割およびその他のセキュリティ割当ては影響されません。

グループを変更するには:

  1. アクセス制御を開きます。アクセス制御のオープンを参照してください。
  2. オプション: 「グループの管理」で、変更するグループを検索します。検索機能の使用手順は、検索の使用を参照してください。

    注:

    グループ名には、71文字まで使用できます。ただし、最初の34文字のみが、「使用可能なグループ」列に表示されるリストに表示されます。
  3. 変更するグループの行で「アクション」ボタン(「アクション」)をクリックして、「編集」を選択します。
  4. オプション: グループ名を変更します。グループ名を変更しても、グループを使用して行われたセキュリティ割当てに影響はありません。
  5. グループ割当ての変更:
    1. オプション: ネストされたグループを追加します。
      • 「使用可能なグループ」で、グループを検索します。検索機能の使用手順は、検索の使用を参照してください。

      • 「使用可能なグループ」からグループを選択し、「移動」をクリックします。

        選択したグループが「割り当てられたグループ」に表示されます。

    2. オプション: ネストされたグループを削除します。
      • 「割り当てられたグループ」から、除去するグループを選択します。

      • 「削除」をクリックします

  6. ユーザー割当ての変更:
    1. 「ユーザー」をクリックします。
    2. オプション: グループにユーザーを追加します。
      • 「使用可能なユーザー」で、グループ・メンバーとして割り当てることができるユーザーを検索します。検索機能の使用手順は、検索の使用を参照してください。

      • 「使用可能なユーザー」からユーザーを選択し、「移動」をクリックします。

        選択したユーザーが、「割り当てられたユーザー」リストに表示されます。

    3. オプション: グループからユーザーを削除します。
      • 「割り当てられたユーザー」から、除去するユーザーを選択します。

      • 「削除」をクリックします。

  7. 「保存」をクリックします。
  8. 「OK」をクリックします。