「福利厚生」、「税金」および「追加所得」の構成

次の項では、福利厚生と税金ウィザードを使用して福利厚生、税金および追加所得を構成する方法を説明します。要員では、粒度に基づいて従業員やジョブに(デフォルト割当てを使用して)割り当てることができる、福利厚生、税金、および追加所得の10の汎用勘定科目が用意されています。

ヒント:

「オプションおよび層」の有効な交差を、「コンポーネント」ディメンションのそれぞれの親に対して設定できます。有効な交差の設定の詳細は、 Planningの管理有効な交差の定義を参照してください。

チュートリアル

チュートリアルには、トピックの学習に役立つ一連のビデオやドキュメントを使用した手順が用意されています。

目的 方法の学習

この90分のチュートリアルでは、要員で追加所得、福利厚生および税金を構成する方法を示します。

チュートリアル・アイコン 新しい追加所得の定義および福利厚生と税金の構成