EPM Standard Cloud ServiceおよびEPM Enterprise Cloud Serviceのスナップショットの移行パス

Essbaseを使用するすべてのEPM Standard Cloud ServiceおよびEPM Enterprise Cloud Service環境では、ハイブリッド・キューブをサポートできる最新バージョンのEssbaseが使用されます。デフォルトでは、カスタムPlanningPlanningモジュールおよびフリー・フォーム・アプリケーションでは、ハイブリッドBSOキューブが使用されます。 Oracle Enterprise Performance Management Cloud管理者スタート・ガイドEPM CloudのEssbaseについてを参照してください。

表2-2 EPM Standard Cloud ServiceおよびEPM Enterprise Cloud Serviceのスナップショットの移行シナリオ

スナップショット・ソース 使用可能な移行パス 使用できない移行パス
EPM Standard Cloud Service Planning
  • EPM Standard Cloud Service Planning
  • EPM Enterprise Cloud Service Planningモジュール
  • EPM Enterprise Cloud Service (フリー・フォーム、カスタム)
  • 従来のPlanning and Budgeting Cloud
  • 従来のEnterprise Planning and Budgeting Cloud
EPM Enterprise Cloud ServiceカスタムPlanning EPM Enterprise Cloud ServiceカスタムPlanning
  • EPM Enterprise Cloud Service
  • EPM Enterprise Cloud Service (フリー・フォーム、Planningモジュール)
  • 従来の環境(ハイブリッドEssbaseを使用する環境を含む)
EPM Enterprise Cloud Service Planningモジュール EPM Enterprise Cloud Service Planningモジュール
  • EPM Standard Cloud Service
  • EPM Enterprise Cloud Service (カスタム、フリー・フォーム)
  • 従来の環境(ハイブリッドEssbaseを使用する環境を含む)
EPM Enterprise Cloud Serviceフリー・フォーム EPM Enterprise Cloud Serviceフリー・フォーム
  • EPM Standard Cloud Service
  • EPM Enterprise Cloud Service (カスタム、Planningモジュール)
  • 従来の環境(ハイブリッドEssbaseを使用する環境を含む)