フレックス・フォームの設計

フレックス・フォームは、Oracle Smart View for Officeでの柔軟な行管理を提供するフォーム・タイプです。

フレックス・フォームでは、フレックス・フォームに添付されたビジネス・ルールの実行、保存時または保存前のルールの実行、一部のアド・ホック固有の機能の有効化など、すべての標準フォームのプロパティおよび機能が保持されます。ただし、フレックス・フォームで保護されるのは、列ヘッダーと左上の空白セルのみです。ディメンションおよびメンバーの行セルとすべてのデータ・セルは保護されません。これは、Smart Viewユーザーが行メンバーを再調整し、行をソートまたは移動できることを意味します。変更された行の順序は、リフレッシュ時および送信中に維持されます。また、Smart Viewユーザーは、Excelのフィルタリング機能を使用してデータをフィルタすることもできます。

注:

フレックス・フォームは、Smart Viewでのみ使用され、Webインタフェースでは使用されません。

フォームの定義中に次の操作を行います:

  • 「レイアウト」タブで「Smart Viewオプション」「フレックス・フォームの有効化」を選択して、フレックス・フォーム固有の機能を有効にします。Smart Viewフォームのオプションの設定を参照してください。

  • 行ごとに、必要なディメンションについて、「レイアウト」タブで「ディメンション・プロパティ」「柔軟な定義の許可」オプションを有効にします。このオプションを行ディメンションについて有効にすると、Smart Viewユーザーは、フォーム定義の一部として含まれていない行メンバーをフレックス・フォームに追加できます。ディメンション・プロパティの設定を参照してください。

フレックス・フォームの使用の詳細は、 Oracle Smart View for Officeユーザーズ・ガイドフレックス・フォームを参照してください。

ビデオ

目標 視聴するビデオ
フレックス・フォームを有効化して操作する方法を学習します。 ビデオ・アイコン EPM Cloud Planningでのフレックス・フォームを使用したプランニング