EPM Cloud環境の接続について

概要

サービス管理者は、次のタイプの複数のEPM Cloud環境を接続できます。

  • Planning

  • Financial Consolidation and Close

  • Tax Reporting

  • Profitability and Cost Management

  • Account Reconciliation

  • Narrative Reporting

  • Oracle Strategic Workforce Planning Cloud

サービス管理者が接続を設定すると、EPM Cloud環境全体に対するアクセス権を持つユーザーは、1回のログインで単一のアクセス・ポイントから複数の環境間をナビゲートできるようになります。フォームやダッシュボードなど、複数の環境からのアーティファクトについても、ナビゲーション・フローのクラスタ内またはカード上のタブ内で混合できます。ターゲット環境に含まれるアーティファクトへのアクセス権はユーザーの役割によって決まります。

注:

Oracle Analytics Cloud Enterprise EditionまたはProfessional Edition 5.6をEPM Cloudプラットフォームに直接接続することもできます(両方のサービスを所有している場合)。接続を構成したら、EPM Cloudビジネス・プロセスのデータをOracle Analytics Cloudでビジュアル化できます。Oracle Analytics Cloudでビジュアライゼーションやダッシュボードを作成するために、メタデータ・リポジトリ(RPD)ファイルでEPMデータをモデリングする必要はありません。

Oracle Analytics Cloudのドキュメントで次のトピックを参照してください:

接続可能なEPM Cloud環境

ソース環境とは、接続の作成元となる環境です。ターゲット環境とは、ソース環境から接続する環境です。

次のソース環境を接続できます(これらの環境はターゲット環境にすることもできます):

  • Planning

  • Financial Consolidation and Close

  • Tax Reporting

また、ソース環境は次のターゲット環境に接続できます(これらの環境はソース環境にすることはできません)。

  • Account Reconciliation

  • Profitability and Cost Management

  • Narrative Reporting

  • Strategic Workforce Planning

他のEPM Cloud環境に接続する方法

考慮事項

  • サービス管理者のみが環境間接続を作成します。

    ユーザーがナビゲーション・リンクをクリックすると、リンク先の環境が開きます。リンク先の環境内でのアクセスは、ユーザーに割り当てられた事前定義済の役割とアクセス権限(存在する場合)によって決まります。

  • 環境間をシームレスにナビゲートするためには、環境間のナビゲーション・フローが設定されているすべての環境インスタンスが同じアイデンティティ・ドメインに属している必要があります。

    注:

    ターゲットとソースの環境インスタンスが同じアイデンティティ・ドメインに属していない場合は、それらのインスタンス間の接続を確立できません。

  • サービス管理者が、企業のSSO (アイデンティティ・プロバイダ)資格証明を使用して環境間接続を構成することはできません。

    環境がSSO用に構成されている場合は、環境間接続を構成するサービス管理者に、アイデンティティ・ドメイン資格証明が保持されている必要があります。アイデンティティ・ドメイン資格証明によるサインインの有効化を参照してください。

  • 特定のユース・ケース・シナリオでは、テスト環境と本番環境の間で環境間接続を移行すると、問題が発生することがあります。詳細は、EPM Cloud接続を移行する際の考慮事項を参照してください。

  • バニティURLは、環境間接続ではサポートされていません。

ビデオ

目標 視聴するビデオ
EPM Cloudワークフローをカスタマイズする方法を学習するには、このビデオをご覧ください。 ビデオ・アイコン 概要: EPM Cloudのワークフローのカスタマイズ