簡易複数通貨アプリケーションの為替レート・タイプのインポート

テンプレートを使用して簡易複数通貨アプリケーションの為替レートをインポートします。

簡易複数通貨アプリケーションで為替レートの管理を単純化するために、指定されたテンプレートをエクスポートし、為替レートをスプレッドシートで入力して、アプリケーションにレートをインポートすることができます。為替レートをすぐにインポートするか、「為替レートのインポート」ジョブをスケジュールして後で実行できます。

注:

為替レートのオプションを表示するには、「複数通貨」オプションを有効にしてアプリケーションを作成し、「複数通貨タイプ」「簡易」にする必要があります。これにより、通貨ディメンションが作成されます。複数通貨アプリケーションが簡易になっているかどうか不明な場合は、通貨ディメンションの存在によって確認されます。Planningの管理簡易複数通貨についてを参照してください。

テンプレートを使用して為替レートをインポートするには:

  1. ホーム・ページで、「アプリケーション」「概要」の順にクリックします。

  2. 「アクション」メニューで「為替レート・テンプレートのエクスポート」を選択し、ExchangeRateTemplate.csvを開くか、ローカルに保存します。

  3. テンプレート・ファイルで、期間および通貨ごとに平均為替レートと終了為替レートを入力し、POVのメンバーを指定してからファイルを保存します。

    注:

    1の場合、アプリケーションのデフォルト通貨に対する換算レートであることを示します。デフォルト通貨との相対的なレートを入力します。

  4. 「アクション」メニューで「為替レートのインポート」を選択し、「作成」をクリックして、「インポート」をクリックします。

    注:

    インポートはすぐに実行するジョブまたは後で実行するジョブとしてスケジュールできます。「為替レートのインポート」ジョブをスケジュールするには、「受信ボックス」オプションを選択して、受信ボックスにあるインポート・ファイルをポイントし、次に「ジョブとして保存」をクリックします。ジョブのスケジュールを参照してください。