アプリケーションに集約ストレージ・データベースを追加するプロセス

アプリケーションに集約ストレージ・データベースを追加するには:

  1. 集約ストレージ・キューブを作成します。次のいずれかのタスクを実行します。

  2. 集約ストレージ・キューブにディメンションを追加します。

    簡易ディメンション・エディタでのディメンションの編集を参照してください。

    • 通貨、年、シナリオまたはバージョンのディメンションが集約ストレージ・キューブに対して有効な場合、ディメンション・メンバーも集約ストレージ・キューブに対して有効です。

    • 簡易複数通貨アプリケーションでカスタム集約ストレージ・キューブに対して通貨計算を実行するには、カスタム集約ストレージ・キューブに対して勘定科目、期間および通貨ディメンションを有効にする必要があります。デフォルト集約ストレージ・キューブ内のこれらのディメンションはすべてデフォルトで有効化されていますが、カスタム集約ストレージ・キューブに対してこれらのディメンションを手動で有効化する必要があります。カスタム集約ストレージ・キューブに対して勘定科目、期間および通貨ディメンションを有効にするには、各ディメンションのディメンション・プロパティを編集し、集約ストレージ・キューブに対してディメンションを有効化するよう選択します。簡易ディメンション・エディタでのディメンション・プロパティの編集を参照してください。

  3. ディメンション・メンバーを追加します。簡易ディメンション・エディタでのメンバーの追加を参照してください。

  4. アプリケーションのアウトラインをリフレッシュします。アプリケーション・データベースのリフレッシュを参照してください。

  5. 集約ストレージ・データベースに関連付けられたディメンションを使用してフォームを作成します。フォームの管理を参照してください