時間ごとのジョブのスケジュール

時間ごとのジョブは、「スケジュール開始日」フィールドと「時間」フィールドに設定した値に基づくタイムテーブルに従って実行されます。「時間ごと」ジョブのスケジュールは毎日午前0時に再スタートし、繰返しジョブは「時間」フィールドで選択した値に従い、午前0時の1時間後、2時間後、3時間後(というように最大12時間後)にスタートします。


時間ごとのスケジュール済ジョブ

たとえば、「時間」フィールドに値の「5」を指定すると、ジョブの実行時間は、毎日午前12時、午前5時、午前10時、午後3時、および午後8時となります。開始時間はスケジュールに基づいたシステムの開始時分を示し、終了時間はシステムの停止時分を示します。そうすると、開始時間が11/18の午後12:48の場合、その日(11/18)の午前12:48、午前5:48および午前10:48時はすでに過ぎており、次に実行可能なタイムスロットは午後3:48となり、この時間にスケジュール済ジョブが最初に実行されます。その後は、11/18の午後8:48に実行されます。ただし、11/19には最初から再開され、午前12:48、午前5:48、午前10:48のように、指定されたシステムの終了時間(この場合は11/19の午後12:48)まで実行されます。

注:

ジョブが2日にまたがる場合、そのジョブは次の日の午前0時に実行され、繰返しパターンが再セットされます。

時間ごとのジョブをスケジュールする方法については、ジョブのスケジュールを参照してください。

表14-3 時間ごとのジョブのタイムテーブル

時間ごとの繰返し タイムテーブル

1 (デフォルト)

午前: 12:00、1:00、2:00、3:00、4:00、5:00、6:00、7:00、8:00、9:00、10:00、11:00

午後: 12:00、1:00、2:00、3:00、4:00、5:00、6:00、7:00、8:00、9:00、10:00、11:00

たとえば、スケジュールされた開始時間が午後12:48で、時間ごとの繰返しが1時間に設定されている場合、ジョブはまず午後12:48に実行され、それから午後1:48、午後2:48、午後3:48というように続きます。

2

午前: 12:00、2:00、4:00、6:00、8:00、10:00

午後: 12:00、2:00、4:00、6:00、8:00、10:00

たとえば、スケジュールされた開始時間が午後12:48で、時間ごとの繰返しが2時間に設定されている場合、ジョブはまず午後12:48に実行され、それから午後2:48、午後4:48、午後6:48というように続きます。

3

午前: 12:00、3:00、6:00、9:00

午後: 12:00、3:00、6:00、9:00

たとえば、スケジュールされた開始時間が午後12:48で、時間ごとの繰返しが3時間に設定されている場合、ジョブはまず午後12:48に実行され、それから午後3:48、午後6:48、午後9:48、午前12:48、午前3:48というように続きます。

4

午前: 12:00、4:00、8:00

午後: 12:00、4:00、8:00

たとえば、スケジュールされた開始時間が午後12:48で、時間ごとの繰返しが4時間に設定されている場合、ジョブはまず午後12:48に実行され、それから午後4:48、午後8:48、午前12:48、午前4:48というように続きます。

5

午前: 12:00、5:00、10:00

午後: 3:00、8:00

たとえば、スケジュールされた開始時間が午後12:48で、時間ごとの繰返しが5時間に設定されている場合、ジョブはまず午後3:48に実行され、それから午後8:48、午前12:48、午前5:48、午前10:48というように続きます。

6

午前: 12:00、6:00

午後: 12:00、6:00

たとえば、スケジュールされた開始時間が午後12:48で、時間ごとの繰返しが6時間に設定されている場合、ジョブはまず午後12:48に実行され、それから午後6:48、午前12:48、午前6:48というように続きます。

7

午前: 12:00、7:00

午後: 2:00、9:00

たとえば、スケジュールされた開始時間が午後12:48で、時間ごとの繰返しが7時間に設定されている場合、ジョブはまず午後2:48に実行され、それから午後9:48、午前12:48、午前7:48というように続きます。

8

午前: 12:00、8:00

午後: 4:00

たとえば、スケジュールされた開始時間が午後12:48で、時間ごとの繰返しが8時間に設定されている場合、ジョブはまず午後4:48に実行され、それから午前12:48、午前8:48というように続きます。

9

午前: 12:00、9:00

午後: 6:00

たとえば、スケジュールされた開始時間が午後12:48で、時間ごとの繰返しが9時間に設定されている場合、ジョブはまず午後6:48に実行され、それから午前12:48、午前9:48、午後6:48というように続きます。

10

午前: 12:00、10:00

午後: 8:00

たとえば、スケジュールされた開始時間が午後12:48で、時間ごとの繰返しが10時間に設定されている場合、ジョブはまず午後8:48に実行され、それから午前12:48、午前10:48、午後8:48というように続きます。

11

午前: 12:00、11:00

午後: 10:00

たとえば、スケジュールされた開始時間が午後12:48で、時間ごとの繰返しが11時間に設定されている場合、ジョブはまず午後10:48に実行され、それから午前12:48、午前11:48、午後10:48というように続きます。

12

午前: 12:00

午後: 12:00

たとえば、スケジュールされた開始時間が午後12:48で、時間ごとの繰返しが12時間に設定されている場合、ジョブはまず午後12:48に実行され、それから午前12:48というように続きます。