後で実行するジョブのスケジュール

表14-2 ジョブのスケジュール・オプション

オプション 説明

スケジュール開始日

開始日時をタイム・ゾーンを含めて選択します。

名前

ジョブに対して名前を指定します。指定した名前が、システム生成の名前とともに、たとえばMyWeeklyCubeRefresh : Refresh Databaseのように表示されます

繰返しパターン

ジョブの実行頻度を指定します:

  • 時間ごと—時間ごとのジョブは、「スケジュール開始日」フィールドと「時間」フィールドに設定した値に基づくタイムテーブルに従って実行されます。「時間ごと」ジョブのスケジュールは毎日午前0時に再スタートし、繰返しジョブは「時間」フィールドで選択した値に従い、午前0時の1時間後、2時間後、3時間後(というように最大12時間後)にスタートします。

    たとえば、「時間」フィールドに値の「5」を指定すると、ジョブの開始可能な時間は、毎日午前12:00、午前5:00、午前10:00、午後3:00、および午後8:00となります。スケジュールされたジョブの開始時間が午後12:48で、「時間ごと」の繰返しを5時間と指定した場合、そのジョブは午後3:48に開始されます。これは5時間の繰返しジョブが開始される12:48より後の最初のスケジュール時間です。その後、ジョブは午後8:48に、それから午前12:48、午前5:48、午前10:48に実行されます。

    デフォルトの繰返しが1時間の場合、ジョブは指定した開始時刻に実行され、終了の日時まで1時間ごとに実行され続けます。たとえば、スケジュールの開始時刻が12:48の場合、ジョブは12:48、1:48、2:48、3:48というように実行されます。

    「時間」フィールドで選択された値に基づく時間のスケジュールについては、時間ごとのジョブのスケジュールを参照してください。

  • 分単位 - 「頻度」を15分または30分に設定します。ジョブは15分または30分後に開始され、終了の日時まで指定した間隔で実行され続けます。たとえば、15分ごとに実行するようジョブを設定し、開始時刻が3:15の場合、ジョブは3:30に始まり、その次が3:45というように実行されます。ジョブの実行をスケジュールできる最小の単位は15分です。

  • 1回実行 - ジョブは開始の日時に1回だけ実行されます。

  • 年次 - ジョブは開始の日時に実行され、終了日まで毎年実行されます。

  • 月次 - ジョブは開始の日時に実行され、終了日まで毎月実行されます。

  • 週次 - ジョブは開始の日時に実行され、終了日まで毎週実行されます。

  • 毎日 - ジョブは開始の日時に実行され、終了日まで毎日実行されます。

終了日

ジョブが繰り返される場合は、終了する日時を選択します。