Smart View (Mac and Browser)での属性ディメンション・メンバーの追加

Oracle Smart View for Office (Mac and Browser)での属性ディメンション・メンバーの追加を開始する前に、環境にSmart Viewをサイドロードまたはデプロイする必要があります。手順は、 Oracle Smart View for Office (Mac and Browser)のデプロイと管理 に記載されています:

Oracle Smart View for Office (Mac and Browser)グリッドの属性ディメンションにメンバーを追加するには:

  1. Smart Viewのリボンで、「ホーム」をクリックします。

    「ホーム」パネルで、ディメンションが「ディメンション」フォルダに表示されます。属性ディメンションが定義されている場合は、「属性ディメンション」フォルダに表示されます。


    「ディメンション」フォルダと「属性ディメンション」フォルダが示された最初の「Smart Viewホーム」パネル
  2. 「Smart Viewホーム」パネルで、「属性ディメンション」フォルダをクリックして展開し、フォルダ内の属性ディメンションを表示します。

    次の例では、「属性ディメンション」フォルダが展開され、Visionアプリケーションの1つの属性ディメンションであるMarket Sizeが表示されています。


    展開された「属性ディメンション」フォルダに1つの属性ディメンションであるMarket Sizeが表示された「Smart Viewホーム」パネル。
  3. 属性ディメンションを選択して、グリッドにインポートします。

    ここで、説明のためにMarket Size属性ディメンションを選択して編集します。属性ディメンションの最初のグリッドの例が表示されています。このディメンションにはまだメンバーがなく、親メンバーとデフォルト別名表の2つのプロパティしかありません。


    まだメンバー行がなく、親メンバーとデフォルト別名表の2つのプロパティ列しかない属性ディメンションの最初のグリッド
  4. 属性名の列で、属性名の下に、追加する属性メンバー名を入力します。

    Large、MediumおよびSmallという手入力された新しいメンバーが左列にあり、「送信」操作前の属性ディメンション・グリッド。新しい3つの行のセルは白色で、セルのスタイルは適用されていません。
  5. Smart Viewのリボンで、「送信」をクリックします。
    属性メンバーがアプリケーションに送信されます。
    Large、MediumおよびSmallという新しいメンバーが左列にあり、「送信」操作後の属性ディメンション・グリッド。新しい3つのメンバーの行は、メンバーのセル・スタイルが適用され、書込み可能なセルになっています。属性メンバーは青色、属性ディメンション名とプロパティ列見出しも青色です。新しい3つのメンバー行のプロパティ・セルは黄色で、これは書込み可能であることを示しています。
  6. オプション: 属性メンバーの編集を続行し、グリッドに直接入力して他のプロパティのデータを入力してから、変更を送信します。