有効な交差の理解

有効交差は、定義したルールに基づいてフィルタされるセルの相互作用です。このルールは有効交差ルールと呼ばれ、ユーザーがデータを入力したり実行時プロンプトを選択する場合に、ユーザーに対して特定のセル交差をフィルタします。たとえば、ある期間や一部の部署にのみ特定のプログラムが有効であることを指定できます。

有効交差を定義した後は、無効なデータを含むセルは読取り専用になります。この制限により、プランニング・プロセスのスピードが向上し、ユーザーに使用可能な情報が最適化されます。

有効交差がフォームおよび実行時プロンプトの動作にどのように影響するかをさらに理解するには、有効交差の操作を参照してください。

ビデオ

目標 視聴するビデオ
有効交差の管理方法を学習します。 ビデオ・アイコン Oracle Planning and Budgeting Cloudでの有効交差の管理