メンバー式の操作

演算子、計算関数、ディメンション名、メンバー名および数値定数を組み合せてメンバー式を定義することによって、メンバーの計算を実行できます。メンバー式には次も含まれます。

  • 式で許可される演算子タイプ、関数、値、メンバー名、UDAなど。

  • 式に展開するスマート・リスト値またはデータベースのリフレッシュにおける値を含む事前定義済の数式。

メンバー式を定義するには:

  1. 「ナビゲータ」アイコン「ナビゲータ」アイコンをクリックし、「作成および管理」で、「ディメンション」をクリックします。
  2. メンバーの式を追加または変更するディメンションを選択します。
  3. メンバーを選択し、「編集」をクリックします。
  4. 「メンバー式」タブを選択します。
  5. 次のフィールドのオプションを選択します:
    • キューブ

      注:

      勘定科目の式を除いて、デフォルトのキューブに入力された式は、特定のキューブに入力された別の式によって上書きされないかぎり、すべてのキューブに適用されます。

      また、勘定科目メンバーに対するデフォルトの式は、ソース・キューブについてのみEssbaseに転送され、他のキューブについては転送されません。デフォルトの式が集約ストレージ・キューブに転送されることはありません。

    • データ・ストレージ - データ・ストレージ・オプションを選択します。デフォルトは「保管」です。

      注:

      キューブ固有のデータ・ストレージ・フィールドには、「共有」または「ラベルのみ」オプションは表示されません。これは、あるキューブで別のキューブではない「共有」または「ラベルのみ」にメンバーを設定できないためです。

    • 解決順 - 式が評価される順序を指定します。0から100000の間の整数を入力します(または矢印を使用して数を増減します)。指定された解決順を持つメンバーの式は、低い解決順から高い解決順に計算されます。デフォルトは0です。

      注:

      解決順は、集約ストレージ・キューブに加えて、ハイブリッドが有効になったブロック・ストレージ・キューブにも使用できます。ブロック・ストレージ・キューブの解決順は、簡易ディメンション・エディタを使用してのみ編集可能です。「メンバー・プロパティの編集」へのアクセスを参照してください。

  6. テキスト・ボックスで、当該メンバー用の式を定義します。
  7. オプション: メンバー式が有効かどうかを確認するには、「検証」をクリックします。
  8. 「保存」をクリックします。

    「保存」をクリックする前に、「リセット」をクリックして、前にあったメンバー式情報を復元します。