独自のイメージの導入(BYOI)

独自のイメージの導入(BYOI)機能を使用すると、基礎となるハードウェアがサポートしているかぎり、オペレーティング・システムの独自のバージョンをクラウドに導入することができます。このサービスは実行するOSには依存しません。

BYOI機能は次のことを行います:

  • 仮想マシンのクラウド移行プロジェクトを有効にします。

  • 新旧の両方のオペレーティング・システムがサポートされます。
  • 実験がしやすくなります。
  • インフラストラクチャの柔軟性が高まります。
ノート

ライセンス要件

用意したOSイメージに基づいてインスタンスをアップロードして起動する際は、すべてのライセンス要件に準拠する必要があります。

独自のイメージの導入

すべてのリスト・アンド・シフト・クラウド移行プロジェクトで重要な部分は、オンプレミス仮想マシン(VM)のクラウドへの移行です。カスタム・イメージのインポート機能を使用してオンプレミスの仮想ルート・ボリュームをOracle Cloud Infrastructureにインポートした後、それらのイメージを使用するコンピュート・インスタンスを起動できます。

WindowsおよびLinuxベースのカスタム・イメージをインポートし、それらを使用してOracle Cloud InfrastructureでVMを起動できます。ベア・メタル・インスタンスへの独自のイメージの導入は、サポートされていません。

起動モード

インポートしたLinux VMは準仮想化モードまたはエミュレート・モードで起動できます。AMDシェイプおよびWindowsイメージでは、インポートしたイメージは準仮想化モードでのみサポートされます。

準仮想化モードで、エミュレート・モードよりも優れたパフォーマンスが提供されます。OSでサポートされている場合は、準仮想化モードを使用することをお薦めします。カーネル・バージョン3.4以降が実行されているLinuxベースのオペレーティング・システムでは、準仮想化ドライバがサポートされています。システムのカーネル・バージョンはunameコマンドを使用して確認できます。

Windowsイメージ

次のWindowsバージョンで、カスタム・イメージのインポートがサポートされています:

  • Windows Server 2008 R2 Standard、Enterprise、Datacenter
  • Windows Server 2012 Standard、Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 Standard、Datacenter
  • Windows Server 2016 Standard、Datacenter
  • Windows Server 2019 Standard、Datacenter

Windowsイメージをインポートするステップは、カスタムWindowsイメージのインポートを参照してください。

共有ホストでVMインスタンスを起動する場合、Windows Serverのライセンス持込み(BYOL)は許可されません。BYOLおよびWindowsイメージのライセンス要件の詳細は、Microsoft Windowsのライセンス・オプションおよびOracle Cloud InfrastructureのMicrosoftライセンスを参照してください。

Linuxイメージ

次のLinuxおよびUNIX系のオペレーティング・システムでは、カスタム・イメージのインポートがサポートされます:

LinuxおよびUNIX系のオペレーティング・システム サポートされているバージョン 推奨起動モード
CentOS 7以上 準仮想化
4.0, 4.8, 5.11, 6.9 エミュレート
Debian 8以上 準仮想化
5.0.10, 6.0, 7 エミュレート
Flatcar Container Linux 2345.3.0以上 準仮想化
FreeBSD 8, 9, 10, 11, 12以上 エミュレート
openSUSE Leap 15.1 準仮想化
Oracle Linux 7.x, 8.x 準仮想化
5.11, 6.x エミュレート
RHEL 7以上 準仮想化
4.5, 5.5, 5.6, 5.9, 5.11, 6.5, 6.9 エミュレート
SUSE 12.2以上 準仮想化
11, 12.1 エミュレート
Ubuntu 13.04以上 準仮想化
12.04 エミュレート

他のLinuxディストリビューションも正常にインポートされる場合があります。

Linuxイメージをインポートするステップは、カスタムLinuxイメージのインポートを参照してください。

独自のハイパーバイザ・ゲストOSの導入

カーネルベースの仮想マシン(KVM)またはHyper-Vを使用して、独自のハイパーバイザ・ゲストOSを導入できます。

ノート

ベア・メタルのコンピュート・インスタンスに対するESXiの独自のハイパーバイザ・デプロイメントの導入は、サポートされていません。ESXiは、Oracle Cloud VMwareソリューションのソフトウェア定義のデータ・センター(SDDC)をプロビジョニングすることによってのみサポートされます。詳細は、Oracle Cloud VMwareソリューションを参照してください。

独自のKVMの導入

ベア・メタル・インスタンスでKVMを使用して、独自のオペレーティング・システム・イメージまたはUbuntu 6.x、RHEL 3.x、CentOS 5.4などの古いオペレーティング・システムを導入できます。

独自のKVMを導入するには、まずマーケットプレイスのKVMイメージを使用してベア・メタル・インスタンスを作成を作成します。次に、オンプレミスのゲストOSをベア・メタル・インスタンスのKVMにコピーします。

詳細は、次のリソースを参照してください:

独自のHyper-Vの導入

ベア・メタル・インスタンスでHyper-Vを使用して、独自のオペレーティング・システム・イメージまたはWindows Server 2003やWindows Server 2008などの古いオペレーティング・システムを導入できます。

独自のHyper-Vを導入するには、まずWindows Server Datacenterプラットフォーム・イメージを使用してベア・メタル・インスタンスを作成します。Oracle Cloud Infrastructureは、インスタンスが起動されるときにWindows Serverのライセンスを発行します。次に、オンプレミスのゲストOSをベア・メタル・インスタンスのHyper-Vにコピーします。Windows Server Datacenterには無制限の仮想マシンが含まれているため、追加ライセンスは必要ありません。

次の考慮事項に注意してください:

  • Oracle Cloud Infrastructureは、カスタム・イメージを使用してインスタンスが起動されるときにライセンスを発行します。Windows Serverの独自のライセンスを持ち込む(BYOL)場合、独自のライセンスでWindows Serverをアクティブ化する必要があります。ステップは、専用ホストでのライセンスのアクティブ化を参照してください。
  • 独自のISOイメージのインポートは、サポートされていません。

サポートされているHyper-Vゲストのリストは、次のリソースを参照してください:

Hyper-Vのデプロイの詳細は、Oracle Cloud InfrastructureへのHyper-Vのデプロイを参照してください。

NTPサービス

Oracle Cloud Infrastructureでは、完全に管理されたセキュアで可用性の高いNTPサービスが提供されます。これを使用すると、仮想クラウド・ネットワーク(VCN)内からコンピュートおよびデータベース・インスタンスの日時を設定できます。インスタンスがOracle Cloud Infrastructure NTPサービスを使用するように構成することをお薦めします。このサービスを使用するようにインスタンスを構成する方法の詳細は、インスタンスのOracle Cloud Infrastructure NTPサービスの構成を参照してください。