コンピュート・インスタンス・メトリック

コンピュート・インスタンスのヘルス、容量およびパフォーマンスは、メトリックアラームおよび通知を使用してモニターできます。

このトピックでは、メトリック・ネームスペースoci_computeagent (コンピュート・インスタンス上のコンピュート・インスタンスのモニタリング・プラグイン)から出力されるメトリックについて説明します。

個々のコンピュート・インスタンス、およびインスタンス・プール内のすべてのインスタンスについて、これらのメトリックを表示できます。

リソース: モニタリング対応のコンピュート・インスタンス。

インスタンスおよび関連リソースのメトリックの概要

この項では、インスタンスおよびそのストレージ・デバイスとネットワーク・デバイスで使用可能な様々なタイプのメトリックの全体像を示します。概要は、次の図と表を参照してください。

この図は、インスタンスと関連コンポーネントで使用可能なメトリックのタイプを示しています。

メトリック・ネームスペース リソースID 測定される場所 使用可能なメトリック
oci_computeagent インスタンスのOCID インスタンス。このネームスペース内のメトリックは、インスタンス上のすべての関連リソースについて集計されます。たとえば、DiskBytesReadはインスタンスにアタッチされたすべてのストレージ・ボリュームについて集計され、NetworkBytesInはインスタンスにアタッチされたすべてのVNICについて集計されます。

使用可能なメトリック: oci_computeagentを参照してください。

oci_blockstore ブート・ボリュームまたはブロック・ボリュームのOCID ブロック・ボリューム・サービスごと。このメトリックは個々のボリューム(ブート・ボリュームまたはブロック・ボリューム)に対応しています。 ブロック・ボリューム・メトリックを参照してください。
oci_vcn VNICのOCID ネットワーキング・サービスごと。このメトリックは個々のVNICに対応しています。

VNICメトリックを参照してください。

前提条件

  • IAMポリシー: リソースをモニターするためには、コンソールまたはREST API (SDK、CLIまたはその他のツールを使用)のどちらを使用しているかにかかわらず、管理者が作成するポリシーによって、必要なアクセスのタイプが付与されていることが必要です。ポリシーでは、モニター・サービスおよびモニター対象のリソースにアクセス権を付与する必要があります。アクションを実行しようとしたときに、権限がない、または認可されていないというメッセージが表示された場合は、付与されているアクセスのタイプと作業するコンパートメントを管理者に確認してください。モニタリングのユーザー認可の詳細は、関連するサービス(モニタリングまたは通知)の「認証および認可」の項を参照してください。
  • モニタリングに存在するメトリック: モニタリング対象のリソースは、モニタリング・サービスにメトリックを出力する必要があります。
  • コンピュート・インスタンス: メトリックを生成するには、コンピュート・インスタンスのモニタリング・プラグインがインスタンスで有効になっており、プラグインが実行されている必要があります。また、モニタリング・サービスにメトリックを送信するには、インスタンスにサービス・ゲートウェイまたはパブリックIPアドレスが必要です。詳細は、コンピュート・インスタンスのモニタリングの有効化を参照してください。

使用可能なメトリック: oci_computeagent

コンピュート・インスタンス・メトリックは、コンピュート・インスタンスのアクティビティ・レベルとスループットの測定に役立ちます。次の表に示すメトリックは、モニタリング対応のすべての コンピュート・インスタンスで使用できます。これらのメトリックを取得するには、インスタンスのモニタリングを有効にする必要があります。

このネームスペース内のメトリックは、インスタンス上のすべての関連リソースについて集計されます。たとえば、DiskBytesReadはインスタンスにアタッチされたすべてのストレージ・ボリュームについて集計され、NetworkBytesInはインスタンスにアタッチされたすべてのVNICについて集計されます。

モニタリング・サービスを使用して、カスタム問合せを作成することもできます。

各メトリックには次のディメンションが含まれます

availabilityDomain
インスタンスが存在する可用性ドメイン 
faultDomain
インスタンスが存在するフォルト・ドメイン
imageId
インスタンスのイメージ のOCID。
instancePoolId
インスタンスが属するインスタンス・プール
region
インスタンスが存在するリージョン
resourceDisplayName
インスタンスのわかりやすい名前。
resourceId
インスタンスのOCID 
shape
インスタンスのシェイプ
メトリック メトリック表示名 単位 説明 ディメンション
CpuUtilization CPU使用率 %

CPUのアクティビティ・レベル。合計時間に対する割合として表されます。

インスタンス・プールの場合、値はプール内のすべてのインスタンスの平均です。

availabilityDomain

faultDomain

imageId

instancePoolId

region

resourceDisplayName

resourceId

shape

DiskBytesRead1、3 ディスク読取りバイト バイト 読取りスループット一定時間当たりに読み取られたバイト数として表されます。
DiskBytesWritten1、3 ディスク書込みバイト バイト 書込みスループット。一定時間当たりに書き込まれたバイト数として表されます。
DiskIopsRead1、3 ディスク読取りI/O 操作 I/O読取りからのアクティビティ・レベル。一定時間当たりの読取り数として表されます。
DiskIopsWritten1、3 ディスク書込みI/O 操作 I/O書込みからのアクティビティ・レベル。一定時間当たりの書込み数として表されます。
LoadAverage 負荷平均 プロセス数 1分を期間として計算したシステムの平均負荷。
MemoryAllocationStalls メモリー割当てのストール ストール数 ページ再利用が直接コールされた回数。
MemoryUtilization1 メモリー使用率 %

現在使用中の領域。ページ単位で測定されます。使用済ページの割合として表されます。

インスタンス・プールの場合、値はプール内のすべてのインスタンスの平均です。

NetworksBytesIn1、2 ネットワーク受信バイト バイト

ネットワーク受信スループット。受信したバイト数で表されます。

NetworksBytesOut1、2 ネットワーク送信バイト バイト ネットワーク送信スループット。送信したバイト数で表されます。

1このメトリックは、Oracle Cloud Agentソフトウェアの各セッションについて単調に増加する動作を示す累積カウンタです。オペレーティング・システムが再起動されるときにリセットされます。

2ネットワーキング・サービスでは、インスタンス上の各VNICについて追加のメトリックが(oci_vcnメトリック・ネームスペースで)提供されます。詳細は、ネットワーキング・メトリックを参照してください。

3ブロック・ボリューム・サービスでは、インスタンスにアタッチされたボリュームごとに追加のメトリックが(oci_blockstoreメトリック・ネームスペースで)提供されます。詳細は、ブロック・ボリューム・メトリックを参照してください。

コンソールの使用

単一コンピュート・インスタンスのデフォルトのメトリック・チャートを表示するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス」をクリックします。
  2. 関心のあるインスタンスをクリックします。
  3. 「リソース」で、「メトリック」をクリックします。
  4. 「メトリック・ネームスペース」リストで、「oci_computeagent」を選択します。

    メトリック・ページに、現在のインスタンスのデフォルトのチャート・セットが表示されます。

    インスタンスのメトリック・チャートが表示されない

    メトリック・チャートがまったく表示されない場合、インスタンスからメトリックが出力されていない可能性があります。次に示す考えられる原因と解決方法を参照してください。

    考えられる原因 確認方法 解決策
    コンピュート・インスタンスのモニタリング・プラグインがインスタンスで無効になっているか、プラグインが停止しています。 インスタンス・プロパティを確認します。 コンピュート・インスタンスのモニタリング・プラグインを有効にし、すべてのプラグインを起動します
    VCNがインターネットを使用していないため、インスタンスがモニタリング・サービスにアクセスできません。 インスタンスのIPアドレスを確認します。パブリックでない場合は、サービス・ゲートウェイが必要です。 サービス・ゲートウェイを設定します
    サポートされているイメージがインスタンスで使用されていません。 サポートされているイメージを確認します。 サポートされているイメージを使用してインスタンスを作成します。
    古いイメージおよびカスタム・ イメージ: インスタンス上にOracle Cloud Agentソフトウェアが存在しません。 インスタンスに接続し、ソフトウェアを探します。 Oracle Cloud Agentソフトウェアをインストールします

    新規コンパートメント 内の新規インスタンス: インスタンスがメトリックをモニタリングに出力するために必要なIAM ポリシー がまだ初期化されていません。

    詳細情報: 新規インスタンスが新規コンパートメントにある場合を除き、IAMポリシーは新規インスタンスに対して自動的に作成され、ただちに使用可能になります。新規コンパートメントの新規インスタンスの場合、ポリシーの初期化に最大20分かかることがあり、これによってメトリックの出力が遅れます。

    (なし) 10分または20分後に再び確認します。

    メトリックのモニタリングおよびアラームの使用の詳細は、モニタリングの概要を参照してください。アラームの通知の詳細は、通知の概要を参照してください。

コンパートメント内のすべてのコンピュート・インスタンスのデフォルトのメトリック・チャートを表示するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「監視および管理」をクリックします。「モニタリング」で、「サービス・メトリック」をクリックします。
  2. コンパートメントを選択します。
  3. 「メトリック・ネームスペース」で、「oci_computeagent」を選択します。

    サービス・メトリック・ページでは、選択したメトリック・ネームスペースから出力される各メトリックのチャートを示すようにページが動的に更新されます。

メトリックのモニタリングおよびアラームの使用の詳細は、モニタリングの概要を参照してください。アラームの通知の詳細は、通知の概要を参照してください。

インスタンス・プール内のインスタンスのデフォルトのメトリック・チャートを表示するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス・プール」をクリックします。
  2. 関心のあるインスタンス・プールをクリックします。
  3. 「リソース」で、「メトリック」をクリックします。
  4. 「メトリック・ネームスペース」リストで、「oci_computeagent」を選択します。

    メトリック・ページに、現在のインスタンス・プールのデフォルトのチャート・セットが表示されます。

メトリックのモニタリングおよびアラームの使用の詳細は、モニタリングの概要を参照してください。アラームの通知の詳細は、通知の概要を参照してください。