機密コンピューティング

機密コンピューティングは、使用中のデータとそのデータを処理するアプリケーションを暗号化して分離します。

機密インスタンスは、コンピュート仮想マシン(VM)またはベア・メタル・インスタンスで、データとデータを処理するアプリケーションの両方が暗号化および分離され、アプリケーションでデータが処理される間、データやアプリケーションへの不正アクセスまたは変更を防止します。

機密コンピュート・ソリューションは、第2世代および第3世代のAMD EPYC™プロセッサを搭載したオラクル社のAMDインスタンスで使用できます。機密仮想マシンはAMDセキュア暗号化仮想化(SEV)テクノロジを使用し、機密ベア・メタル・インスタンスはAMD透過セキュア・メモリー暗号化(TSME)テクノロジを使用します。

機密コンピューティング:
  • リアルタイム暗号化を使用して、分離を強化します。データとアプリケーションは、VMの作成中に生成されたVMごとの暗号化鍵を使用して暗号化され、CPUの一部であるAMD Secure Processorのみに存在します。このキーには、アプリケーション、VM、インスタンス、ハイパーバイザ、またはOracle Cloud Infrastructureのいずれからもアクセスできません。
  • 機密VMを有効にするために、アプリケーションを変更する必要はありません。
  • パフォーマンスへの影響は最小限に抑え、使用中のデータを保護しながら高いパフォーマンスを実現します。機密コンピューティングが有効になっていれば、多くのアプリケーションで、パフォーマンスへの影響はほとんどないか、まったくありません。

サポートおよび制限事項

  • インスタンスで機密コンピューティングを有効にした後、編集できるのはインスタンスの名前のみです。インスタンスのシェイプは変更できません。詳細は、「インスタンスのシェイプの変更」を参照してください。
  • 機密コンピューティングを利用できるのは、次のリージョンのみです:
    • ドイツ中央部(フランクフルト)
    • スイス北部(チューリッヒ)
    • 英国Gov西部(ニューポート)
    • 英国南部(ロンドン)
    • 米国東部(アッシュバーン)
    • 米国西部(フェニックス)
  • 機密コンピューティングでは、次の機能は使用できません:
    • プリエンプティブル容量
    • 容量予約
    • 専用仮想マシン・ホスト
    • 保護インスタンス

機密コンピューティングをサポートするコンピュート・シェイプ

次の表に、機密コンピューティングをサポートするコンピュート・シェイプを示します:
使用可能なコンピュート・シェイプ
仮想マシンのコンピュート・シェイプ(Oracle Linux 7.xまたは8.xプラットフォーム・イメージ上) ベア・メタル・インスタンスのコンピュート・シェイプ(任意のプラットフォーム・イメージ上)
VM.Standard.E4.Flex BM.DenseIO.E4.128
VM.Standard.E3.Flex BM.Standard.E4.128
BM.Standard.E3.128

機密コンピューティングを有効にするには、「インスタンスの作成」を参照してください。