メンテナンス・イベント中のインスタンス可用性の設定

仮想マシン(VM)インスタンスの基礎となるインフラストラクチャで計画メンテナンスを実行するか、予期しない障害からリカバリする必要がある場合、Oracle Cloud Infrastructureは正常なハードウェアに移行することでインスタンスを自動的にリカバリしようとします。デフォルトでは、インスタンスはメンテナンス・イベントの前と同じライフサイクル状態にリカバリされます。つまり、インスタンスが実行中であった場合は再起動されます。インスタンスをリカバリする代替プロセスがある場合は、オプションで、正常なハードウェアに移行した後もインスタンスが停止したままとなるように構成できます。その後、独自のスケジュールでインスタンスを再起動できます。

必要なIAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者が記述するポリシー で、コンソールまたはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのどれを使用しているかにかかわらず、必要なアクセスのタイプを付与されている必要があります。アクションを実行しようとしたときに、権限がない、または認可されていないというメッセージが表示された場合は、付与されているアクセスのタイプと作業するコンパートメントを管理者に確認してください。

管理者向け: ユーザーにコンピュート・インスタンスを起動させるのポリシーには、インスタンスのメンテナンス・リカバリ・アクションを編集する権限が含まれます。指定されたグループがインスタンスの起動やボリュームのアタッチを必要としない場合、そのポリシーを簡素化し、manage instance-familyのみを含めて、volume-familyおよびvirtual-network-familyに関連する文を削除できます。

ポリシーを初めて使用する場合は、ポリシーの開始共通ポリシーを参照してください。インスタンス、クラウド・ネットワーク、または他のCore Services APIリソースのポリシーを作成するための参照資料については、コア・サービスの詳細を参照してください。

コンソールの使用

  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「コンピュート」に移動して「インスタンス」をクリックします。
  2. 関心のあるインスタンスをクリックします。
  3. 「編集」をクリックします。
  4. 「拡張オプションの表示」をクリックします。
  5. 「インフラストラクチャのメンテナンス後にインスタンスのライフサイクル状態をリストアします」チェック・ボックスで、オプションを選択します:
    • 実行中のインスタンスをリカバリ後に再起動するには、チェック・ボックスを選択します。
    • 停止状態でインスタンスをリカバリするには、チェック・ボックスを選択解除します。
  6. 「変更の保存」をクリックします。