Always Freeリソース

すべてのOracle Cloud Infrastructureアカウント(無料か有料かに関係なく)には、アカウントの有効期間中、無料で使用できるリソースのセットがあります。これらのリソースでは、Always Freeラベルがコンソールに表示されます(Ampere A1 Computeシェイプについては、コンピュートを参照してください)。

Always Freeリソースを使用して、作成するアプリケーションのサポートに必要な仮想マシン(VM)インスタンスOracle Autonomous Databaseおよびネットワーキング、ロード・バランシングおよびストレージ・リソースをプロビジョニングできます。これらのリソースを使用すると、小規模なアプリケーションを実行したり、概念実証のテストを実行したりできます。

次の項では、テナンシでプロビジョニングできるOracle Cloud Always Free対象のリソースの概要を示します。

インフラストラクチャ

証明書

すべてのテナンシは、Always Freeリソースに含まれる5つの認証局(CA)と150の証明書を取得します。

コンピュート

すべてのテナンシは、コンピュート仮想マシン(VM)インスタンスを作成するためのコンピュート・サービスで一連のAlways Freeリソースを取得します。ホーム・リージョンAlways Freeコンピュート・インスタンスを作成する必要があります。

ノート

新しいリージョンが使用可能になった際に、ホスト容量が使用可能になるまでに数週間かかる場合があります。

使用可能なシェイプ

  • マイクロ・インスタンス(AMDプロセッサ): すべてのテナンシは、AMDプロセッサを含むVM.Standard.E2.1.Microシェイプを使用して最大2つのAlways Free VMインスタンスを取得します。
  • Ampere A1 Computeインスタンス(Armプロセッサ): すべてのテナンシは、Armプロセッサを含むVM.Standard.A1.Flexシェイプを使用するVMインスタンスに対して、月ごとに最初の3,000 OCPU時間および18,000 GB時間を無料で取得します。Always Free テナンシの場合、これは4 OCPUおよび24 GBのメモリーと同等です。

複数の可用性ドメインがあるリージョン:

  • 任意の可用性ドメインAmpere A1 Computeインスタンスを作成できます。
  • VM.Standard.E2.1.Microシェイプを使用するインスタンスは、1つの可用性ドメインにのみ作成できます。

アカウントで使用可能なコンピュート・インスタンスの数

ブート・ボリュームのサイズおよび各Ampere A1 Computeインスタンスに割り当てるOCPUの数に応じて、最大4つのコンピュート・インスタンスを作成できます。各インスタンスの最小ブート・ボリューム・サイズは、シェイプに関係なく47GBです。アカウントには、コンピュート・インスタンスのブート・ボリュームを作成するために使用する200GBのAlways Freeブロック・ボリューム・ストレージが付属しています。

たとえば、デフォルトのブート・ボリューム・サイズ47GBを使用して、2つのインスタンスをVM.Standard.E2.1.Microシェイプを使用してプロビジョニングし、それぞれ2つのOCPUを持つ2つのAmpere A1 Computeインスタンスをプロビジョニングできます。または、4つのAmpere A1 Computeインスタンスをそれぞれ1つのOCPUでプロビジョニングし、VM.Standard.E2.1.Microシェイプを使用してゼロ・インスタンスをプロビジョニングできます。ブロック・ストレージの割当て方法およびAmpere A1 Compute OCPUによっては、多数の組合せが可能です。Ampere A1 Computeインスタンスの作成時におけるOCPUおよびメモリー・リソースの割当ての詳細は、Always Freeコンピュート・インスタンスの詳細を参照してください。

コンピュート・インスタンスのIPアドレス

テナンシ内のすべてのコンピュート・インスタンスにパブリックIPv4アドレスを割り当てる必要はありません。コンピュート・インスタンスにパブリックIPアドレスを割り当てずにパブリック・サブネットにインスタンスを作成することも、プライベート・サブネットにインスタンスを作成することもできます。

アイドル・コンピュート・インスタンス

重要

アイドル・コンピュート・インスタンスの再利用

アイドル状態のAlways Freeコンピュート・インスタンスは、Oracleによって再利用できます。7日間の期間中に次のことが当てはまる場合、Oracleは仮想マシンおよびベア・メタル・コンピュート・インスタンスをアイドルとみなします:

  • 95パーセンタイルのCPU使用率が10%未満
  • ネットワーク使用率が10%未満
  • メモリー使用率は10%未満です(A1シェイプにのみ適用)
Always Freeコンピュート・インスタンスの詳細

VM.Standard.E2.1.Microシェイプ(AMD):

  • プロセッサ: 追加のCPUリソースを使用する機能を持つ1/8 OCPU
  • メモリー: 1 GB
  • ネットワーキング: 1つのパブリックIPアドレスと、インターネットを介した最大50 Mbpsネットワーク帯域幅を持つ1つのVNICが含まれます。プライベートIP、動的ルーティング・ゲートウェイを介したオンプレミス・エンドポイント、または同じOracle Cloudリージョン内のエンドポイントへのトラフィックは最大480 Mbpsです。
  • イメージ: 次のいずれかのAlways Free対象のイメージを選択します:

    • Oracle Linux Cloud Developer 8

      Oracle Linux Cloud Developerは、包括的な開発環境を迅速に起動するための最新の開発ツール、言語およびOracle Cloud Infrastructureソフトウェア開発キット(SDK)を提供します。VM.Standard.E2.1.Microシェイプに割り当てられているメモリー量のため、いくつかのプログラムはインストールされません。

    • Oracle Linux
    • Ubuntu
    • CentOS

VM.Standard.A1.Flexシェイプ(ArmベースのAmpere A1 Compute): VM.Standard.A1.Flexシェイプはフレキシブル・シェイプであるため、インスタンスを作成またはサイズ変更する際に割り当てられるOCPUの数およびメモリー容量をカスタマイズできます。すべてのAlways Free OCPUおよびメモリーを使用して、単一のインスタンスを作成するか、それぞれがリソースの一部を使用する複数の小さいインスタンスを作成できます。

  • プロセッサ: 合計4 OCPUで、柔軟に割り当てることができます
  • メモリー: 合計24 GBで、柔軟に割り当てることができます
  • ネットワーキング: ネットワーク帯域幅およびVNICの数は、OCPUの数に比例してスケーリングされます。詳細は、フレキシブル・シェイプを参照してください。
  • イメージ: 次のいずれかのAlways Free対象のイメージを選択します:

    • Oracle Linux Cloud Developer

      Oracle Linux Cloud Developerは、包括的な開発環境を迅速に起動するための最新の開発ツール、言語およびOracle Cloud Infrastructureソフトウェア開発キット(SDK)を提供します。Oracle Linux Cloud Developerイメージには少なくとも8 GBのメモリーが必要です。

    • Oracle Linux
    • Ubuntu

Always Free対象コンピュート・インスタンスを作成するステップは、チュートリアル - 最初のLinuxインスタンスの起動を参照してください。

ヒント

コンソールの"Always Free対象"のラベルが付いたLinuxイメージは、Always Freeコンピュート・インスタンスと互換性があり、ライセンス料金は発生しません。これらのイメージは、有料リソースとも互換性があり、有料アカウントのユーザーも使用できます。コンピュート・インスタンスをAlways Free対象ではないイメージでプロビジョニングするには、使用可能なクレジットのある、有料アカウントまたは無料トライアル・アカウントが必要です。

ブロック・ボリューム

すべてのテナンシは、合計200 GBのブロック・ボリューム・ストレージと、Always Freeリソースに含まれる5つのボリューム・バックアップを受け取ります。これらの量は、ブート・ボリュームとブロック・ボリュームの両方の組合せに適用されます。コンピュート・インスタンスをプロビジョニングする場合、インスタンスはストレージ用に50 GBのブート・ボリュームを自動的に受け取ります。また、ブロック・ボリュームを作成してアタッチすると、コンピュート・インスタンスのストレージ容量を拡張できます。詳細は、「ボリュームの作成」および「ボリュームのアタッチ」を参照してください。

重要

Always Freeリソースの対象となる有料または無料のトライアル・アカウントの場合、同じ200GBのAlways Freeボリューム・リソースと5つのAlways Freeボリューム・バックアップ・リソースを使用できます。Always Freeリソースのいずれかを削除すると、Always Freeリソースの一部の容量が解放されます。Always Freeに使用可能な容量があると、ブロック・ボリュームでは、既存の有料リソースをAlways Freeリソースに変換する試みが自動的に行われます。たとえば、50GBのAlways Freeボリュームが4つ、50GBの有料ボリュームが1つあり、Always Freeボリュームのいずれかを削除すると、サービスによって、有料ボリュームがAlways Freeボリュームに変換されます。
Always Freeブロック・ボリューム・リソースの詳細
  • ホーム・リージョン内のブート・ボリュームとブロック・ボリュームの組合せの合計が200 GBの、Always Freeブロック・ボリューム・ストレージ。
  • ホーム・リージョン内の合計で5つのボリューム・バックアップ(ブート・ボリュームとブロック・ボリュームの組合せ)。

コンピュート・インスタンスを作成する場合、インスタンスのデフォルトのブート・ボリューム・サイズは50 GBで、これは200 GBの割当てにカウントされます。インスタンスのブート・ボリューム・サイズを200 GBまでカスタマイズできますが、その場合、Always Freeブロック・ボリューム・リソースのストレージの割当てすべてが使用されることになります。また、コンピュート・インスタンスに許可されている最小ブート・ボリューム・サイズが50 GBのため、4つのインスタンスを起動すると、すべてのAlways Freeブロック・ボリューム・リソースが使用されます。または、デフォルトのブート・ボリューム・サイズ50 GBでインスタンスを1つ起動してから、150 GBのブロック・ボリュームを作成してアタッチし、インスタンスのストレージ容量を拡張できます。詳細は、「ボリュームの作成」および「ボリュームのアタッチ」を参照してください。有料リソースとAlways Freeリソースを混在させることは可能ですが、Oracleではこれを推奨しません。Always Freeブロック・ボリューム・リソースの割当てをすべて使用した場合は、Always Freeインスタンスを終了してブート・ボリュームを削除するか、Always Freeブロック・ボリュームを終了することで、ブロック・ストレージ・リソースを解放できます。

いつでも最大5つのAlways Freeボリューム・バックアップを作成できます。これはブート・ボリュームとブロック・ボリュームの両方のバックアップに適用されます。たとえば、Always Freeインスタンスに3つのブート・ボリューム・バックアップがあり、Always Freeブロック・ボリュームに2つのブロック・ボリューム・バックアップがあるとします。この例で、新しいバックアップを作成しようとすると、既存のAlways Freeボリューム・バックアップを削除するまで、操作はエラーで失敗します。ボリューム・バックアップの詳細は、ブロック・ボリューム・バックアップの概要およびブート・ボリューム・バックアップの概要を参照してください。

オブジェクトおよびアーカイブ・ストレージ

すべてのテナンシは、合計20 GBのAlways Freeオブジェクト・ストレージを取得します。

Always Freeオブジェクト・ストレージ・リソースの詳細

無料トライアルが期限切れであり、アカウントがAlways Freeのみの状態である場合、Always Freeには次が含まれます:

有料アカウントがある場合、または無料トライアルの一部として無料クレジットがある場合、Always Freeには次が含まれます:

重要

Oracle Cloud無料トライアルに参加している場合は、制限なしにデータを格納し、20 GBを無料で使用できます(最初の20 GBには、$300の初期トライアル・クレジット残高の控除は発生しません)。無制限のストレージにアクセスし続けるには、有料アカウントにアップグレードします。トライアルの終了前にアップグレードしない場合、無料アカウントは標準層、頻度の低いアクセス層およびアーカイブ層のデータを組み合せた20 GBに制限されます。無料トライアルの終了時に20 GBの制限を超えて使用している場合、オブジェクトはすべて削除されます。その後は、Always Freeの使用制限に達するまでオブジェクトをアップロードできます。

Always Freeストレージ・リソースの使用方法については、オブジェクト・ストレージへのデータの配置を参照してください。

ボールト

ソフトウェアで保護されているすべてのマスター暗号化キーは無料です。すべてのテナンシは、ハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM)および150のAlways Freeボールト・シークレットによって保護されているマスター暗号化キーの20のキー・バージョンを取得します。テナンシ内の任意の数のボールトにこれらのキーまたはシークレットを分散できますが、仮想プライベート・ボールトはAlways Freeリソースには含まれません。

Always Freeボールト・リソースの詳細
  • ソフトウェアで保護されているマスター暗号化キーのすべてのキー・バージョン(任意の数のキーまたはボールト全体)
  • HSMによって保護されているマスター暗号化キーの20の合計キー・バージョン(任意の数のキーまたはボールト全体)
  • 合計150のAlways Freeシークレット(任意の数のボールトに対して)。

  • 特定のシークレットの40のシークレット・バージョン(なんらかの形式の最大20のアクティブな使用と、20の削除の保留中を含む)。

Always Freeシークレットの割当てをすべて使用した場合は、シークレットまたはシークレット・バージョンを削除用にスケジュールすることで、リソースを解放できます。シークレットまたはシークレット・バージョンが削除されるまで、少なくとも1日待機する必要があります。

リソース・マネージャ

すべてのテナンシは、Terraformを使用してインフラストラクチャをプロビジョニングするプロセスを自動化できるリソース・マネージャ・サービスで一連のAlways Freeリソースを取得します。リソース・マネージャを使用してAlways Freeリソースを作成する手順については、リソース・マネージャを使用したAlways Freeリソースの迅速な起動を参照してください。

Always Freeリソース・マネージャ・リソースの詳細

次の表のリソースの詳細は、リソース・マネージャのドキュメントを参照してください。

リソース(テナント当たり)
Always Freeリソース
100
ジョブ(同時)

2

ジョブ期間: 24時間

1
100

100

スタック当たりの変数: 250

変数当たりのサイズ: 8192バイト

スタック当たりのZipファイル: 11 MB

データベース

すべてのテナンシは、2つのAlways Free Oracle Autonomous Databaseを取得します。これらのデータベースは、トランザクション処理、データ・ウェアハウス、Oracle APEXアプリケーション開発またはJSONベースのアプリケーション開発に使用できます。現在のリージョンの使用可能状況については、クラウド・リージョン —インフラストラクチャおよびプラットフォーム・サービスAlways Freeクラウド・サービス表を参照してください。

また、すべてのテナンシは、Oracle NoSQL Databaseで、1か月当たり最大1億3300万の読取り、1か月当たり1億3300万の書込み、および表当たり25 GBのストレージ3表を取得します。Oracle NoSQL Databaseについてさらに学習します。

Always Free Oracle Autonomous Databaseインスタンスの詳細
  • プロセッサ: 1 Oracle CPUプロセッサ(スケーリングできません)
  • データベース・ストレージ: 20 GBストレージ(スケーリングできません)
  • ワークロード・タイプ: 次のワークロード・タイプから選択します: トランザクション処理および混合ワークロード用のAutonomous DatabaseAutonomous JSON DatabaseOracle APEXアプリケーション開発または分析およびデータ・ウェアハウス用のAutonomous Database。各ワークロード・タイプの詳細は、Autonomous Databaseワークロード・タイプについてを参照してください。
  • 最大同時データベース・セッション数: 20
  • Exadataインフラストラクチャ・タイプ: 共有Exadataインフラストラクチャ
ヒント

より多くのストレージやCPUのスケーリングのような機能が必要な場合は、プロビジョニング後に、Always Free Autonomous Databaseを有料インスタンスにアップグレードできます。
ノート

  • Always Free Autonomous Databaseを作成する前に、ホーム・リージョンでAlways Free Autonomous Databaseのサポートを確認してください。プラットフォームおよびインフラストラクチャ・サービスのデータ・リージョンを参照してください。
  • Always Free Autonomous Databaseがサポートされていないホーム・リージョンにAlways Free Autonomous Databaseを作成することはできません。
  • すべてのリージョンで同じデータベース・バージョンがサポートされているわけではありません。サポートされているバージョンは、リージョンに応じて19cのみ、または21cのみです。

製品の詳細は、Always Free Autonomous Databaseを参照してください。

ネットワーキング

ロード・バランシング

2020年12月15日以降に作成されたOracle Cloud Infrastructureテナンシはすべて、最小および最大帯域幅が10 Mbpsに設定されたAlways Freeのフレキシブル・ロード・バランサを1つ取得します。

Always Freeロード・バランサの詳細

2020年12月15日以降に作成されたテナンシ

  • シェイプ: フレキシブル(最小および最大: 10 Mbps)
  • リスナー: 16
  • 仮想ホスト名: 16
  • バックエンド・セット: 16
  • バックエンド・サーバー: 1024

2020年12月15日より前に作成されたテナンシ

  • シェイプ: Micro (10 Mbps)
  • リスナー: 10
  • 仮想ホスト名: 10
  • バックエンド・セット: 10
  • バックエンド・サーバー: 128

Always Freeロード・バランサのプロビジョニングの詳細は、ロード・バランシングの開始を参照してください。

ネットワーク・ロード・バランサ

Always Freeリソースの一部として、1つのネットワーク・ロード・バランサを取得します。

Always Freeネットワーク・ロード・バランサの詳細
  • リスナー: 50

  • バックエンド・セット: 50

  • セット当たりのバックエンド・サーバー: 512

  • バックエンド・サーバー合計: 1024 (バックエンド・セット間で分散)

仮想クラウド・ネットワーク(VCN)

Free Tierテナンシ(有料ではなく、無料トライアルのクレジットがないテナンシ)には最大2つの仮想クラウド・ネットワーク(VCN)を設定できます。VCNは、特定のリージョンのOracle Cloud Infrastructureデータ・センターで設定するソフトウェア定義のネットワークです。VCNにはIPv4およびIPv6サポートが含まれます。

ネットワーキング・サービス・リソースおよびサービス制限の詳細は、次のトピックを参照してください:

VCNフロー・ログ

VCN内の仮想ネットワーク・インタフェース・カード(VNIC)内外のトラフィックを監査し、セキュリティ・リストをトラブルシューティングするために、VCNフロー・ログを設定できます。フロー・ログには、セキュリティ・リスト・ルールに基づいて受入れまたは拒否されたトラフィックに関する詳細が記録されます。Free Tierテナンシ(有料ではなく、無料トライアルのクレジットがないテナンシ)は、OCI ロギング・サービス全体で共有される月当たり最大10GBを受け取ります。

この機能の詳細は、「VCNフロー・ログ」を参照してください。

サイト間VPN

サイト間VPN接続は、オンプレミス・ネットワークと仮想クラウド・ネットワーク(VCN)の間にサイト間IPSec接続を提供します。Free Tierアカウントで最大50のIPSec接続を使用します。さらに学ぶ

監視および管理

アプリケーション・パフォーマンス・モニタリング

すべてのテナンシは、Always Freeリソースに含まれる1時間当たり1000のアプリケーション・パフォーマンス・モニタリング・トレース・イベントを取得します。さらに学ぶ

コンソール・ダッシュボード

すべてのテナンシは、Always Freeリソースに含まれるテナンシごとに100個のダッシュボードを取得します。さらに学ぶ

モニタリング

すべてのテナンシは、5億のモニタリング・サービス取込みデータ・ポイント、およびAlways Freeリソースに含まれる10億の取得データ・ポイントを取得します。

通知

Always Freeリソースの一部として、月当たり100万件のhttps通知および月当たり1000件の電子メール通知を送信できます。OCIの通知サービスについてさらに学習します。

電子メール配信

Always Freeリソースの一部として、1か月当たり3100通の電子メールを無料で送信できます。OCIの電子メール配信サービスの詳細はこちらを参照してください。

サービス・コネクタ・ハブ

すべてのテナンシは、2つのAlways Freeサービス・コネクタを取得します。サービス・コネクタ・ハブは、クラウド・エンジニアがOracle Cloud Infrastructure (OCI)サービスとOCIからサードパーティ・サービスとの間でデータを管理および移動するのに役立ちます。さらに学ぶ

Always Freeサービス・コネクタ・ハブ・リソースの詳細

無料アカウント(試用アカウントを含む)がある場合、Always Freeサービス・コネクタ・ハブには2つのAlways Freeサービス・コネクタが含まれます。

有料アカウントがある場合は、サービス・コネクタ・ハブの制限を参照してください。

追加サービス

アウトバウンド・データ転送

Always Freeリソースの一部として、月当たり10 TBのアウトバウンド・データを取得します。

ロギング

ロギングは、テナンシ内のすべてのログについて、スケーラビリティが高く完全に管理された単一画面を提供します。ロギング・サービスについてさらに学習します。

要塞

OCI要塞サービスは、パブリック・エンドポイントを持たないターゲット・リソースに対する制限付きおよび時間制限されたSecure Shell (SSH)プロトコル・アクセスを提供します。要塞は無料および有料アカウントの両方に対して無料です。詳細は、要塞を参照してください。

サービスの使用状況および制限

Always Freeリソースに対するテナンシの制限は、コンソールで確認できます。これらの制限を確認するには: ナビゲーション・メニューを開き、「ガバナンスと管理」をクリックします。「テナンシ管理」で、「制限、割当ておよび使用状況」をクリックします。