モジュール java.base
パッケージ java.io

クラスBufferedOutputStream

  • すべての実装されたインタフェース:
    Closeable, Flushable, AutoCloseable

    public class BufferedOutputStream
    extends FilterOutputStream
    バッファリングされた出力ストリームを実装します。 このような出力ストリームを設定することにより、アプリケーションは、バイト単位でベースとなるシステムを呼び出さなくても、複数のバイトをベースとなる出力ストリームに書き込むことができます。
    導入されたバージョン:
    1.0
    • フィールドのサマリー

      フィールド 
      修飾子と型 フィールド 説明
      protected byte[] buf
      データが格納される内部バッファです。
      protected int count
      バッファの中の有効バイト数です。
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      BufferedOutputStream​(OutputStream out)
      指定されたベースとなる出力ストリームにデータを書き込むためのバッファリングされた出力ストリームを作成します。
      BufferedOutputStream​(OutputStream out, int size)
      指定されたベースとなる出力ストリームにデータを書き込むためのバッファリングされた出力ストリームを、指定されたバッファ・サイズで作成します。
    • フィールドの詳細

      • buf

        protected byte[] buf
        データが格納される内部バッファです。
      • count

        protected int count
        バッファの中の有効バイト数です。 この値の範囲は、常に0からbuf.lengthです。有効なバイト・データはbuf[0]からbuf[count-1]の要素に格納されます。
    • コンストラクタの詳細

      • BufferedOutputStream

        public BufferedOutputStream​(OutputStream out)
        指定されたベースとなる出力ストリームにデータを書き込むためのバッファリングされた出力ストリームを作成します。
        パラメータ:
        out - ベースとなる出力ストリーム。
      • BufferedOutputStream

        public BufferedOutputStream​(OutputStream out,
                                    int size)
        指定されたベースとなる出力ストリームにデータを書き込むためのバッファリングされた出力ストリームを、指定されたバッファ・サイズで作成します。
        パラメータ:
        out - ベースとなる出力ストリーム。
        size - バッファ・サイズ。
        例外:
        IllegalArgumentException - size <= 0の場合
    • メソッドの詳細

      • write

        public void write​(int b)
                   throws IOException
        指定されたバイト数をバッファリングされた出力ストリームに書き込みます。
        オーバーライド:
        write、クラス: FilterOutputStream
        パラメータ:
        b - 書き込まれるバイト。
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生した場合。
      • write

        public void write​(byte[] b,
                          int off,
                          int len)
                   throws IOException
        指定されたバイト配列のオフセット位置offから始まるlenバイトをこのバッファリングされた出力ストリームに書き込みます。

        このメソッドは通常、指定された配列からこのストリームのバッファへバイトを格納し、必要に応じてベースとなる出力ストリームにバッファをフラッシュします。 しかし、要求された長さがこのストリームのバッファと同じ大きさ以上の場合、このメソッドはバッファをフラッシュし、そのバイトをベースとなる出力ストリームに直接書き込みます。 このため、余分なBufferedOutputStreamがデータを不必要にコピーすることがありません。

        オーバーライド:
        write、クラス: FilterOutputStream
        パラメータ:
        b - データ。
        off - データの開始オフセット。
        len - 書き込むバイト数。
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生した場合。
        関連項目:
        FilterOutputStream.write(int)
      • flush

        public void flush()
                   throws IOException
        バッファリングされた出力ストリームをフラッシュします。 この処理により、バッファリングされているすべての出力バイトがベースとなる出力ストリームに書き込まれます。
        定義:
        flush、インタフェース: Flushable
        オーバーライド:
        flush、クラス: FilterOutputStream
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生した場合。
        関連項目:
        FilterOutputStream.out