モジュール java.base
パッケージ java.io

クラスOutputStream

    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      OutputStream()  
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド 静的メソッド インスタンス・メソッド 抽象メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      void close()
      出力ストリームを閉じ、このストリームに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。
      void flush()
      出力ストリームをフラッシュして、バッファリングされていたすべての出力バイトを強制的に書き込みます。
      static OutputStream nullOutputStream()
      すべてのバイトを破棄する新規OutputStreamを返します。
      void write​(byte[] b)
      指定されたバイト配列のb.lengthバイトをこの出力ストリームに書き込みます。
      void write​(byte[] b, int off, int len)
      指定されたバイト配列のオフセット位置offから始まるlenバイトをこの出力ストリームに書き込みます。
      abstract void write​(int b)
      指定されたバイトをこの出力ストリームに書き込みます。
    • コンストラクタの詳細

      • OutputStream

        public OutputStream()
    • メソッドの詳細

      • nullOutputStream

        public static OutputStream nullOutputStream()
        すべてのバイトを破棄する新規OutputStreamを返します。 返されるストリームは、最初はオープンしています。 ストリームを閉じるには、close()メソッドを呼び出します。 後からclose()をコールしても効果はありません。

        ストリームがオープンしている間、write(int) write(byte[])およびwrite(byte[], int, int)メソッドは何も行いません。 ストリームが閉じられると、これらのメソッドはすべて IOExceptionをスローします。

        flush()メソッドは何も行いません。

        戻り値:
        すべてのバイトを破棄するOutputStream
        導入されたバージョン:
        11
      • write

        public abstract void write​(int b)
                            throws IOException
        指定されたバイトをこの出力ストリームに書き込みます。 writeの汎用規約では、1バイトが出力ストリームに書き込まれます。 書き込まれるバイトは、引数bの下位8ビットです。 bの上位24ビットは無視されます。

        OutputStreamのサブクラスは、このメソッドの実装を提供しなければなりません。

        パラメータ:
        b - byte
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生した場合。 特に、出力ストリームが閉じられた場合は、IOExceptionがスローされる可能性がある。
      • write

        public void write​(byte[] b)
                   throws IOException
        指定されたバイト配列のb.lengthバイトをこの出力ストリームに書き込みます。 write(b)の汎用規約では、write(b, 0, b.length)を呼び出したときと同じ動作を行います。
        パラメータ:
        b - データ。
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生した場合。
        関連項目:
        write(byte[], int, int)
      • write

        public void write​(byte[] b,
                          int off,
                          int len)
                   throws IOException
        指定されたバイト配列のオフセット位置offから始まるlenバイトをこの出力ストリームに書き込みます。 write(b, off, len)の汎用規約では、配列b内の一定のバイトが出力ストリームに順番に書き込まれます。この処理で最初に書き込まれるバイトは要素b[off]、最後に書き込まれるバイトは要素b[off+len-1]です。

        OutputStreamwriteメソッドは、書き込むバイトごとに1個の引数を持つ書込みメソッドを呼び出します。 サブクラスでは、このメソッドをオーバーライドし、より効率的に実装してください。

        bnullの場合、NullPointerExceptionがスローされます。

        offが負の場合、lenが負の場合、またはoff+lenが配列bの長さよりも大きい場合は、IndexOutOfBoundsExceptionがスローされます。

        パラメータ:
        b - データ。
        off - データの開始オフセット。
        len - 書き込むバイト数。
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生した場合。 特に、出力ストリームが閉じられると、IOExceptionがスローされる。
      • flush

        public void flush()
                   throws IOException
        出力ストリームをフラッシュして、バッファリングされていたすべての出力バイトを強制的に書き込みます。 flushの汎用規約では、それまでに書き込まれたバイトが出力ストリームの実装によってバッファに入れられている場合に呼び出すと、それらのバイトはただちにその目的の転送先に書き込まれます。

        このストリームの目的の転送先が、ベースとなるオペレーティング・システムによって提供される抽象化オブジェクト(ファイルなど)である場合、ストリームをフラッシュすることで、それまでにストリームに書き込まれたバイトがオペレーティング・システムに渡されて書き込まれることは保証されますが、ディスク・ドライブなどの物理デバイスに実際に書き込まれることは保証されません。

        OutputStreamflushメソッドは何も行いません。

        定義:
        flush、インタフェース: Flushable
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生した場合。
      • close

        public void close()
                   throws IOException
        出力ストリームを閉じ、このストリームに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。 closeの汎用規約では、出力ストリームを閉じます。 閉じられたストリームは入出力処理を実行できません。また、閉じられたストリームを開き直すことはできません。

        OutputStreamcloseメソッドは何も行いません。

        定義:
        close、インタフェース: AutoCloseable
        定義:
        close、インタフェース: Closeable
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生した場合。