モジュール java.base
パッケージ java.lang

クラスShort

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable, Comparable<Short>

    public final class Short
    extends Number
    implements Comparable<Short>
    Shortクラスは、プリミティブ型 shortの値をオブジェクトにラップします。 Short型のオブジェクトには、型がshortの単一フィールドが含まれます。

    さらにこのクラスは、shortStringに、Stringshortに変換する各種メソッドや、shortの処理時に役立つ定数およびメソッドも提供します。

    導入されたバージョン:
    1.1
    関連項目:
    Number, 直列化された形式
    • フィールドのサマリー

      フィールド 
      修飾子と型 フィールド 説明
      static int BYTES
      2の補数バイナリ形式でshort値を表すために使用されるバイト数。
      static short MAX_VALUE
      shortに設定可能な最大値215-1を保持する定数。
      static short MIN_VALUE
      shortに設定可能な最小値 -215を保持する定数。
      static int SIZE
      2の補数バイナリ形式でshort値を表すのに使用されるビット数。
      static Class<Short> TYPE
      プリミティブ型shortを表すClassインスタンス。
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      Short​(short value)
      非推奨。
      このコンストラクタを使用することはほとんどありません。
      Short​(String s)
      非推奨。
      このコンストラクタを使用することはほとんどありません。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド 静的メソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      byte byteValue()
      このShortの縮小プリミティブ変換後の値をbyteとして返します。
      static int compare​(short x, short y)
      2つのshort値を数値的に比較します。
      int compareTo​(Short anotherShort)
      2つのShortオブジェクトを数値的に比較します。
      static int compareUnsigned​(short x, short y)
      値を数値として扱う2つのshort値を符号なしとして比較します。
      static Short decode​(String nm)
      StringShortにデコードします。
      double doubleValue()
      このShortの拡張プリミティブ変換後の値をdoubleとして返します。
      boolean equals​(Object obj)
      このオブジェクトを指定されたオブジェクトと比較します。
      float floatValue()
      このShortの拡張プリミティブ変換後の値をfloatとして返します。
      int hashCode()
      このShortのハッシュ・コード(intValue()を呼び出した場合の結果と等しくなる)を返します。
      static int hashCode​(short value)
      Short.hashCode()との互換性がある、short値のハッシュ・コードを返します。
      int intValue()
      このShortの拡張プリミティブ変換後の値をintとして返します。
      long longValue()
      このShortの拡張プリミティブ変換後の値をlongとして返します。
      static short parseShort​(String s)
      文字列の引数を符号付き10進数 shortとして構文解析します。
      static short parseShort​(String s, int radix)
      2番目の引数に指定された基数をもとにして、文字列の引数を符号付きshortとして構文解析します。
      static short reverseBytes​(short i)
      指定されたshort値の2の補数バイナリ表現でバイトの順序を逆にして取得された値を返します。
      short shortValue()
      このShortの値をshortとして返します。
      String toString()
      このShortの値を表すStringオブジェクトを返します。
      static String toString​(short s)
      指定されたshortを表す新しいStringオブジェクトを返します。
      static int toUnsignedInt​(short x)
      符号なし変換によって、その引数をintに変換します。
      static long toUnsignedLong​(short x)
      符号なし変換によって、その引数をlongに変換します。
      static Short valueOf​(short s)
      指定されたshort値を表すShortインスタンスを返します。
      static Short valueOf​(String s)
      特定のStringにより指定された値を保持するShortオブジェクトを返します。
      static Short valueOf​(String s, int radix)
      2番目の引数で指定された基数を使用した構文解析時に、指定されたStringから抽出された値を保持するShortオブジェクトを返します。
    • フィールドの詳細

      • MIN_VALUE

        public static final short MIN_VALUE
        shortに設定可能な最小値 -215を保持する定数。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • MAX_VALUE

        public static final short MAX_VALUE
        shortに設定可能な最大値215-1を保持する定数。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • TYPE

        public static final Class<Short> TYPE
        プリミティブ型shortを表すClassインスタンス。
      • SIZE

        public static final int SIZE
        2の補数バイナリ形式でshort値を表すのに使用されるビット数。
        導入されたバージョン:
        1.5
        関連項目:
        定数フィールド値
      • BYTES

        public static final int BYTES
        2の補数バイナリ形式でshort値を表すために使用されるバイト数。
        導入されたバージョン:
        1.8
        関連項目:
        定数フィールド値
    • コンストラクタの詳細

      • Short

        @Deprecated(since="9")
        public Short​(short value)
        非推奨。
        このコンストラクタを使用することはほとんどありません。 静的ファクトリvalueOf(short)は、より良いスペースと時間のパフォーマンスをもたらす可能性が高いため、通常はより良い選択です。
        指定されたshort値を表す、新しく割り当てられたShortオブジェクトを構築します。
        パラメータ:
        value - Shortによって表される値。
      • Short

        @Deprecated(since="9")
        public Short​(String s)
              throws NumberFormatException
        非推奨。
        このコンストラクタを使用することはほとんどありません。 文字列をshortプリミティブに変換するにはparseShort(String)を使用し、文字列をShortオブジェクトに変換するにはvalueOf(String)を使用します。
        Stringパラメータで示されるshort値を表す、新しく割り当てられたShortオブジェクトを構築します。 文字列は、基数10でparseShortメソッドを使用するのと同じようにshort値に変換されます。
        パラメータ:
        s - Shortに変換するString
        例外:
        NumberFormatException - Stringが解析可能なshortを含まない場合。
    • メソッドの詳細

      • toString

        public static String toString​(short s)
        指定されたshortを表す新しいStringオブジェクトを返します。 基数は10と見なされます。
        パラメータ:
        s - 変換するshort
        戻り値:
        指定されたshortの文字列表現
        関連項目:
        Integer.toString(int)
      • parseShort

        public static short parseShort​(String s,
                                       int radix)
                                throws NumberFormatException
        2番目の引数に指定された基数をもとにして、文字列の引数を符号付きshortとして構文解析します。 文字列内の文字はすべて、指定された基数の桁である必要があります(Character.digit(char, int)から負でない値が返されるかどうかで判定)。ただし先頭の文字だけは、負の値を示すASCIIマイナス記号'-' ('\u002D')、正の値を示すASCIIプラス記号'+' ('\u002B')のどちらであってもかまいません。 結果として得られるshort値が返されます。

        以下に挙げる状況のどれかが発生した場合に、NumberFormatException型の例外がスローされます。

        • 1番目の引数がnullであるか、長さゼロの文字列である。
        • radixがCharacter.MIN_RADIXよりも小さいか、Character.MAX_RADIXよりも大きい。
        • 文字列の中に、指定された基数による桁には使えない文字がある。ただし、文字列の長さが1よりも大きい場合は、1番目の文字がマイナス記号'-' ('\u002D')またはプラス記号'+' ('\u002B')であってもかまわない。
        • 文字列によって表される値が、short型の値ではない。

        パラメータ:
        s - 解析対象のshort表現を含むString
        radix - 解析時に使用する基数s
        戻り値:
        指定された基数での、文字列引数で表されるshort値。
        例外:
        NumberFormatException - Stringが解析可能なshortを含まない場合。
      • parseShort

        public static short parseShort​(String s)
                                throws NumberFormatException
        文字列の引数を符号付き10進数 shortとして構文解析します。 文字列内の文字はすべて、10進数の桁である必要があります。ただし先頭の文字だけは、負の値を示すASCIIマイナス記号'-' ('\u002D')、正の値を示すASCIIプラス記号'+' ('\u002B')のどちらであってもかまいません。 結果となるshort値が返されます。これは、その引数と基数10がparseShort(java.lang.String, int)メソッドに引数として渡された場合とまったく同じです。
        パラメータ:
        s - 解析対象のshort表現を含むString
        戻り値:
        10進数の引数で表されるshort値。
        例外:
        NumberFormatException - 文字列が解析可能なshortを含まない場合。
      • valueOf

        public static Short valueOf​(String s,
                                    int radix)
                             throws NumberFormatException
        2番目の引数で指定された基数を使用した構文解析時に、指定されたStringから抽出された値を保持するShortオブジェクトを返します。 最初の引数は、2番目の引数で指定された基数内の符号付きshortを表しているとして解釈されます。これは、引数がparseShort(java.lang.String, int)メソッドに渡された場合とまったく同じです。 結果は、文字列により指定されたshort値を表すShortオブジェクトになります。

        つまり、このメソッドが返すShortオブジェクトの値は、次の値に等しくなります。

        new Short(Short.parseShort(s, radix))

        パラメータ:
        s - 解析される文字列
        radix - 次を解釈するときに使用される基数: s
        戻り値:
        指定された基数での、文字列引数で表される値を保持するShortオブジェクト。
        例外:
        NumberFormatException - Stringが解析可能なshortを含まない場合。
      • valueOf

        public static Short valueOf​(String s)
                             throws NumberFormatException
        特定のStringにより指定された値を保持するShortオブジェクトを返します。 引数は、符号付きの10進数のshortを表しているとして解釈されます。これは、その引数がparseShort(java.lang.String)メソッドに渡された場合とまったく同じです。 結果は、文字列により指定されたshort値を表すShortオブジェクトになります。

        つまり、このメソッドが返すShortオブジェクトの値は、次の値に等しくなります。

        new Short(Short.parseShort(s))

        パラメータ:
        s - 解析される文字列
        戻り値:
        文字列引数により表される値を保持するShortオブジェクト
        例外:
        NumberFormatException - Stringが解析可能なshortを含まない場合。
      • valueOf

        public static Short valueOf​(short s)
        指定されたshort値を表すShortインスタンスを返します。 新規Shortインスタンスが不要な場合、通常このメソッドがコンストラクタShort(short)に優先して使用されます。その理由は、このメソッドが頻繁に要求される値をキャッシュするので、操作に必要な領域や時間がはるかに少なくて済む場合が多いためです。 このメソッドは、-128から127の範囲(両端含む)の値を常にキャッシュしますが、この範囲に含まれないその他の値をキャッシュすることもあります。
        パラメータ:
        s - short値。
        戻り値:
        sを表すShortインスタンス。
        導入されたバージョン:
        1.5
      • decode

        public static Short decode​(String nm)
                            throws NumberFormatException
        StringShortにデコードします。 次の文法の10進数、16進数、および8進数を指定できます。
        DecodableString:
        Signopt DecimalNumeral
        Signopt 0x HexDigits
        Signopt 0X HexDigits
        Signopt # HexDigits
        Signopt 0 OctalDigits
        Sign:
        -
        +
        DecimalNumeralHexDigits、およびOctalDigitsは、『Java™言語仕様』のセクション3.10.1で規定されているとおりですが、桁間のアンダースコアが受け入れられない点は規定と異なります。

        オプションの符号と基数指示子のどちらかまたはその両方に続く文字シーケンス(0x0X#、または先頭のゼロ)は、指定された基数(10、16、または8)で Short.parseShortメソッドを使う場合と同じように構文解析されます。 この文字シーケンスは正の数でなければならず、そうでない場合はNumberFormatExceptionがスローされます。 指定された Stringの最初の文字が負の符号である場合、生成された結果は否定されます。 Stringに空白文字を指定することはできません。

        パラメータ:
        nm - デコードするString
        戻り値:
        nmにより表されるshort値を保持するShortオブジェクト
        例外:
        NumberFormatException - Stringが解析可能なshortを含まない場合。
        関連項目:
        parseShort(java.lang.String, int)
      • byteValue

        public byte byteValue()
        このShortの縮小プリミティブ変換後の値をbyteとして返します。
        オーバーライド:
        byteValue、クラス: Number
        戻り値:
        このオブジェクトが表す数値をbyte型に変換した値。
        Java™言語仕様:
        5.1.3 縮小プリミティブ変換
      • shortValue

        public short shortValue()
        このShortの値をshortとして返します。
        オーバーライド:
        shortValue、クラス: Number
        戻り値:
        このオブジェクトが表す数値をshort型に変換した値。
      • intValue

        public int intValue()
        このShortの拡張プリミティブ変換後の値をintとして返します。
        定義:
        intValue、クラス: Number
        戻り値:
        このオブジェクトが表す数値をint型に変換した値。
        Java™言語仕様:
        5.1.2 拡張プリミティブ変換
      • longValue

        public long longValue()
        このShortの拡張プリミティブ変換後の値をlongとして返します。
        定義:
        longValue、クラス: Number
        戻り値:
        このオブジェクトが表す数値をlong型に変換した値。
        Java™言語仕様:
        5.1.2 拡張プリミティブ変換
      • floatValue

        public float floatValue()
        このShortの拡張プリミティブ変換後の値をfloatとして返します。
        定義:
        floatValue、クラス: Number
        戻り値:
        このオブジェクトが表す数値をfloat型に変換した値。
        Java™言語仕様:
        5.1.2 拡張プリミティブ変換
      • doubleValue

        public double doubleValue()
        このShortの拡張プリミティブ変換後の値をdoubleとして返します。
        定義:
        doubleValue、クラス: Number
        戻り値:
        このオブジェクトが表す数値をdouble型に変換した値。
        Java™言語仕様:
        5.1.2 拡張プリミティブ変換
      • toString

        public String toString()
        このShortの値を表すStringオブジェクトを返します。 値は、符号付きの10進数表現に変換され、文字列として返されます。これは、short値がtoString(short)メソッドに引数として渡された場合とまったく同じです。
        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        このオブジェクトの10進数(基数10)による文字列表現。
      • hashCode

        public static int hashCode​(short value)
        Short.hashCode()との互換性がある、short値のハッシュ・コードを返します。
        パラメータ:
        value - ハッシュ対象の値
        戻り値:
        Short値のハッシュ・コード値。
        導入されたバージョン:
        1.8
      • equals

        public boolean equals​(Object obj)
        このオブジェクトを指定されたオブジェクトと比較します。 結果がtrueになるのは、引数がnullではなく、このオブジェクトと同じshort値を含むShortオブジェクトである場合だけです。
        オーバーライド:
        equals 、クラス:  Object
        パラメータ:
        obj - 比較対象のオブジェクト
        戻り値:
        オブジェクトが同じである場合はtrue、そうでない場合はfalse
        関連項目:
        Object.hashCode()HashMap
      • compareTo

        public int compareTo​(Short anotherShort)
        2つのShortオブジェクトを数値的に比較します。
        定義:
        compareTo、インタフェース: Comparable<Short>
        パラメータ:
        anotherShort - 比較対象のShort
        戻り値:
        このShortが引数Shortと等しい場合は値0、このShortが引数Shortより小さい数値の場合は0より小さい値、このShortが引数Shortより大きい数値の場合は0より大きい値(符号付きの比較)。
        導入されたバージョン:
        1.2
      • compare

        public static int compare​(short x,
                                  short y)
        2つのshort値を数値的に比較します。 返される値は、次から返される値と同じになります。
            Short.valueOf(x).compareTo(Short.valueOf(y))
         
        パラメータ:
        x - 比較する最初のshort
        y - 比較する2番目のshort
        戻り値:
        x == yの場合は値0x < yの場合は0より小さい値、x> yの場合は0より大きい値
        導入されたバージョン:
        1.7
      • compareUnsigned

        public static int compareUnsigned​(short x,
                                          short y)
        値を数値として扱う2つのshort値を符号なしとして比較します。
        パラメータ:
        x - 比較する最初のshort
        y - 比較する2番目のshort
        戻り値:
        x == yの場合は値0、符号なしの値としてx < yの場合は0より小さい値、符号なしの値としてx> yの場合は0より大きい値
        導入されたバージョン:
        9
      • reverseBytes

        public static short reverseBytes​(short i)
        指定されたshort値の2の補数バイナリ表現でバイトの順序を逆にして取得された値を返します。
        パラメータ:
        i - バイトが逆にされる値
        戻り値:
        指定されたshort値でバイト順を逆にして(つまり入れ替えて)取得した値。
        導入されたバージョン:
        1.5
      • toUnsignedInt

        public static int toUnsignedInt​(short x)
        符号なし変換によって、その引数をintに変換します。 intへの符号なし変換では、intの上位16ビットがゼロになり、下位16ビットがshort引数のビットに等しくなります。 その結果、ゼロおよび正のshort値は、数値的に等しいint値にマッピングされ、負の short値は、入力プラス2 16に等しいint値にマッピングされます。
        パラメータ:
        x - 符号なしintに変換する値
        戻り値:
        符号なし変換によってintに変換された引数
        導入されたバージョン:
        1.8
      • toUnsignedLong

        public static long toUnsignedLong​(short x)
        符号なし変換によって、その引数をlongに変換します。 longへの符号なし変換では、longの上位48ビットがゼロになり、下位16ビットがshort引数のビットに等しくなります。 結果として、ゼロおよび正のshort値は、数値的に等しいlong値にマッピングされ、負の short値は、入力+2 16に等しいlong値にマッピングされます。
        パラメータ:
        x - 符号なしlongに変換する値
        戻り値:
        符号なし変換によってlongに変換された引数
        導入されたバージョン:
        1.8