モジュール java.base
パッケージ java.nio.file

クラスLinkPermission

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable, Guard

    public final class LinkPermission
    extends BasicPermission
    リンク作成操作のためのPermissionクラスです。

    次の表に、アクセス権により許可される機能と、コードにそのアクセス権を与えた場合のリスクについて簡単に説明します。

    表に、アクセス権ターゲット名、許可されるアクセス権、関連するリスクを示します。
    アクセス権ターゲット名 アクセス権により許可される操作 このアクセス権を許可した場合のリスク
    hard 既存のファイルをディレクトリに追加する機能。 これは、リンク(ハード・リンク)の作成と呼ばれることもあります。 このアクセス権を付与するときは、十分な注意を払ってください。 これにより、ファイル・システム内のどのファイルまたはディレクトリへのリンクも可能になるため、攻撃者がすべてのファイルにアクセスできるようになります。
    symbolic シンボリック・リンクを作成する機能。 このアクセス権を付与するときは、十分な注意を払ってください。 これにより、ファイル・システム内のどのファイルまたはディレクトリへのリンクも可能になるため、攻撃者がすべてのファイルにアクセスできるようになります。

    導入されたバージョン:
    1.7
    関連項目:
    Files.createLink(java.nio.file.Path, java.nio.file.Path), Files.createSymbolicLink(java.nio.file.Path, java.nio.file.Path, java.nio.file.attribute.FileAttribute<?>...), 直列化された形式
    • コンストラクタの詳細

      • LinkPermission

        public LinkPermission​(String name)
        指定された名前のLinkPermissionを構築します。
        パラメータ:
        name - アクセス権の名前。 「hard」または「symbolic」にする必要がある。
        例外:
        IllegalArgumentException - nameが空または無効な場合
      • LinkPermission

        public LinkPermission​(String name,
                              String actions)
        指定された名前のLinkPermissionを構築します。
        パラメータ:
        name - アクセス権の名前。「hard」または「symbolic」にする必要がある。
        actions - アクセス権のアクション。空の文字列またはnullにする必要がある
        例外:
        IllegalArgumentException - nameが空または無効であるか、actionsが空でない文字列である場合