モジュール java.base
パッケージ java.security

インタフェースCertificate


  • @Deprecated(since="1.2",
                forRemoval=true)
    public interface Certificate
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このクラスは推奨されなくなり、Java SEの将来のバージョンで削除される可能性があります。 これはjava.security.cert.Certificateおよび関連するクラスに置き換えられました。

    さまざまな身元証明書を管理する抽象メソッドから構成されるインタフェースです。 身元証明書とは、公開鍵がほかのある主体のものであることを主体が保証するためのものです。 (主体とは個人ユーザー、グループ、会社などのエンティティを表します。)

    このインタフェースは特に、形式は異なるが重要な共通の用途を持つ構成要素の、共通の抽象化を意図したものです。 たとえば、X.509証明書、PGP証明書などの異なる種類の証明書は、一般的な証明書機能を共有します(これらの証明書は、符号化および複号化される必要がある)。また、公開鍵、鍵を所有する主体、公開鍵が指定の主体のものであることを保証する保証者などの情報も共有します。 X.509証明書とPGP証明書の各実装は、その形式、および格納されているその他の情報の種類や量が異なっていても、両方ともこのCertificateインタフェースを利用することができます。

    重要: このインタフェースは、ある一般的な用途を共有するオブジェクトをカタログ化したりグループ化したりするのに有効です。 また、それ自身のセマンティックスは持っていません。 特にCertificateオブジェクトは、バインディングの妥当性については何も規定していません。 証明書を検証し、その妥当性を確認することは、このインタフェースを実装するアプリケーションが行わなければいけません。

    導入されたバージョン:
    1.1
    関連項目:
    Certificate
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 抽象メソッド 非推奨のメソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      void decode​(InputStream stream)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      入力ストリームから証明書を復号化します。
      void encode​(OutputStream stream)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      decodeメソッドによってデコードできる形式で、証明書を出力ストリームにエンコードします。
      String getFormat()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      コード形式の名前を返します。
      Principal getGuarantor()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      証明書の保証者、すなわちその証明書に関連する公開鍵が同じ保証書に関連する主体のものであることを保証する主体を返します。
      Principal getPrincipal()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      保証者によって保証される主体と鍵のペアのうち主体を返します。
      PublicKey getPublicKey()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      保証者によって保証されるプリンシパルと鍵のペアのうち鍵を返します。
      String toString​(boolean detailed)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      証明書の内容を表す文字列を返します。
    • メソッドの詳細

      • getGuarantor

        Principal getGuarantor()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        証明書の保証者、すなわちその証明書に関連する公開鍵が同じ保証書に関連する主体のものであることを保証する主体を返します。 X.509証明書の場合、証明書の主体は通常、認証局(United States Postal ServiceやVerisign, Inc. など)です。
        戻り値:
        主体と鍵のバインディングを保証する証明書の保証者。
      • getPrincipal

        Principal getPrincipal()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        保証者によって保証される主体と鍵のペアのうち主体を返します。
        戻り値:
        この証明書がバインドされている主体。
      • getPublicKey

        PublicKey getPublicKey()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        保証者によって保証されるプリンシパルと鍵のペアのうち鍵を返します。
        戻り値:
        この証明書が特定の主体に所属することを証明する公開鍵。
      • encode

        void encode​(OutputStream stream)
             throws KeyException,
                    IOException
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        decodeメソッドによってデコードできる形式で、証明書を出力ストリームにエンコードします。
        パラメータ:
        stream - 証明書を符号化する出力ストリーム。
        例外:
        KeyException - 証明書が正しく初期化されない場合、またはデータがない場合など
        IOException - 証明書を出力ストリームに符号化して出力しようとしているときにストリーム例外が発生した場合。
        関連項目:
        decode(java.io.InputStream), getFormat()
      • decode

        void decode​(InputStream stream)
             throws KeyException,
                    IOException
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        入力ストリームから証明書を復号化します。 形式は、getFormatが返したもので、encodeが生成したものである必要があります。
        パラメータ:
        stream - 復号化するデータを取り出す入力ストリーム。
        例外:
        KeyException - 証明書が正しく初期化されない場合、またはデータがない場合など
        IOException - 入力ストリームから符号化された証明書を入力しようとしているときに例外が発生した場合。
        関連項目:
        encode(java.io.OutputStream), getFormat()
      • getFormat

        String getFormat()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        コード形式の名前を返します。 これは、適切なパーサーを発見するためのヒントとして使用します。 これは、X.509、PGPなどが考えられます。このコードは、encodeメソッドとdecodeメソッドによって作成され認識される形式です。
        戻り値:
        コード形式の名前。
      • toString

        String toString​(boolean detailed)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        証明書の内容を表す文字列を返します。
        パラメータ:
        detailed - 証明書の詳細情報を与えるかどうか
        戻り値:
        証明書の内容を表す文字列