モジュール java.base
パッケージ java.security

インタフェースPrincipal

    • メソッドの詳細

      • equals

        boolean equals​(Object another)
        指定されたオブジェクトと主体を比較します。 指定されたオブジェクトが、このインタフェースの実装が表す主体に一致する場合はtrueを返します。
        オーバーライド:
        equals 、クラス:  Object
        パラメータ:
        another - 比較対象の主体。
        戻り値:
        指定された主体が、この主体によってカプセル化されたものと同じ場合はtrue、そうでない場合はfalse。
        関連項目:
        Object.hashCode()HashMap
      • toString

        String toString()
        主体の文字列表現を返します。
        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        主体の文字列表現。
      • getName

        String getName()
        主体の名前を返します。
        戻り値:
        この主体の名前。
      • implies

        default boolean implies​(Subject subject)
        指定されたサブジェクトがこの主体に含まれる場合はtrueを返します。
        実装要件:
        このメソッドのデフォルト実装は、subjectがnull以外で、この主体と等しい主体を1つ以上含んでいる場合に、trueを返します。

        サブクラスは、必要に応じてこれを異なる実装でオーバーライドできます。

        パラメータ:
        subject - Subject
        戻り値:
        subjectがnull以外で、この主体に含まれている場合はtrue、それ以外の場合はfalse。
        導入されたバージョン:
        1.8