モジュール java.base
パッケージ java.security

クラスIdentityScope

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable, Principal

    @Deprecated(since="1.2",
                forRemoval=true)
    public abstract class IdentityScope
    extends Identity
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このクラスは推奨されなくなり、Java SEの将来のバージョンで削除される可能性があります。 これは、java.security.KeyStorejava.security.certパッケージ、およびjava.security.Principalに置き換えられています。

    このクラスはアイデンティティのスコープを表します。 このクラスはIdentity自身であるため、名前と範囲を持つことができます。 また、オプションとして公開鍵および関連する証明書を持つこともできます。

    IdentityScopeは、Signerを始めとしたすべての種類のIdentityオブジェクトを含みます。 すべての型のIdentityオブジェクトは、同じメソッドを使用して取出し、追加、削除を行うことができます。 異なる種類のアイデンティティのスコープは、各型のIdentityの各種の操作に対して異なる方法を適用することが可能であり、また実際にそのような方法が要求されることに注意してください。

    鍵とアイデンティティの間には1対1のマッピングが存在し、アイデンティティのスコープあたり1つの鍵の1つのコピーしか存在できません。 たとえば、Acme Software, Incという、ユーザーが知っているソフトウェア出版社があるとします。 その出版社が1つのIdentity、すなわち公開鍵および関連する証明書のセットを持つものとします。 Acme Softwareという名前を使用して有効範囲内で名前が付けられます。 その有効範囲内で名前の付いているほかのIdentityが同じ公開鍵を持つことはありません。 また、同じ名前を持つものも存在しません。

    導入されたバージョン:
    1.1
    関連項目:
    Identity, Signer, Principal, Key, 直列化された形式
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      修飾子 コンストラクタ 説明
      protected IdentityScope()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このコンストラクタは、直列化だけに使用し、サブクラスでは使用すべきではありません。
        IdentityScope​(String name)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      指定された名前を持つ新しいアイデンティティのスコープを構築します。
        IdentityScope​(String name, IdentityScope scope)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      名前とスコープを指定して新しいアイデンティティ・スコープを構築します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド 静的メソッド インスタンス・メソッド 抽象メソッド 具象メソッド 非推奨のメソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      abstract void addIdentity​(Identity identity)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このアイデンティティのスコープに1つのアイデンティティを追加します。
      abstract Identity getIdentity​(String name)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このスコープにある指定された名前を持つアイデンティティを(存在する場合に)返します。
      Identity getIdentity​(Principal principal)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      指定された主体と同じ名前のアイデンティティを取得します。
      abstract Identity getIdentity​(PublicKey key)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      指定された公開鍵のアイデンティティを取り出します。
      static IdentityScope getSystemScope()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      システムのアイデンティティ・スコープを返します。
      abstract Enumeration<Identity> identities()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このアイデンティティ・スコープ内のすべてのアイデンティティを列挙したものを返します。
      abstract void removeIdentity​(Identity identity)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このアイデンティティの有効範囲から1つのアイデンティティのスコープを削除します。
      protected static void setSystemScope​(IdentityScope scope)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      システムのアイデンティティ・スコープを設定します。
      abstract int size()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このアイデンティティ・スコープにあるアイデンティティの数を返します。
      String toString()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      名前、スコープ名、このアイデンティティ・スコープ内のアイデンティティ数を含む、このアイデンティティ・スコープの文字列表現を返します。
      • インタフェース java.security.Principalで宣言されたメソッド

        implies
    • コンストラクタの詳細

      • IdentityScope

        protected IdentityScope()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このコンストラクタは、直列化だけに使用し、サブクラスでは使用すべきではありません。
      • IdentityScope

        public IdentityScope​(String name)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        指定された名前を持つ新しいアイデンティティのスコープを構築します。
        パラメータ:
        name - スコープ名。
      • IdentityScope

        public IdentityScope​(String name,
                             IdentityScope scope)
                      throws KeyManagementException
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        名前とスコープを指定して新しいアイデンティティ・スコープを構築します。
        パラメータ:
        name - スコープ名。
        scope - 新しいアイデンティティ・スコープに対するスコープ。
        例外:
        KeyManagementException - スコープ内に同じ名前のアイデンティティがすでに存在する場合。
    • メソッドの詳細

      • getSystemScope

        public static IdentityScope getSystemScope()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        システムのアイデンティティ・スコープを返します。
        戻り値:
        システムのアイデンティティ・スコープ。設定されたものがない場合はnull
        関連項目:
        setSystemScope(java.security.IdentityScope)
      • setSystemScope

        protected static void setSystemScope​(IdentityScope scope)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        システムのアイデンティティ・スコープを設定します。

        セキュリティ・マネージャが存在する場合、最初にセキュリティ・マネージャのcheckSecurityAccessメソッドが引数として"setSystemScope"を指定して呼び出され、アイデンティティ・スコープを設定してもよいかどうかを確認します。

        パラメータ:
        scope - 設定されるスコープ。
        例外:
        SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、セキュリティ・マネージャのcheckSecurityAccessメソッドがアイデンティティ・スコープの設定を許可しない場合。
        関連項目:
        getSystemScope(), SecurityManager.checkSecurityAccess(java.lang.String)
      • size

        public abstract int size()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このアイデンティティ・スコープにあるアイデンティティの数を返します。
        戻り値:
        このアイデンティティ・スコープにあるアイデンティティの数。
      • getIdentity

        public abstract Identity getIdentity​(String name)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このスコープにある指定された名前を持つアイデンティティを(存在する場合に)返します。
        パラメータ:
        name - 取り出す対象のアイデンティティの名前。
        戻り値:
        nameという名前のアイデンティティ。このスコープにnameという名前のアイデンティティが存在しない場合はnull。
      • getIdentity

        public Identity getIdentity​(Principal principal)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        指定された主体と同じ名前のアイデンティティを取得します。 なお、IdentityはPrincipal (主体)を実装する。
        パラメータ:
        principal - 取り出す対象のアイデンティティに対応する主体。
        戻り値:
        主体と同じ名前のアイデンティティ。このスコープに同じ名前のアイデンティティが存在しない場合はnull。
      • getIdentity

        public abstract Identity getIdentity​(PublicKey key)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        指定された公開鍵のアイデンティティを取り出します。
        パラメータ:
        key - 返されるアイデンティティに対する公開鍵。
        戻り値:
        指定された鍵のアイデンティティ。指定された鍵を持つアイデンティティがこのスコープに存在しない場合はnull。
      • addIdentity

        public abstract void addIdentity​(Identity identity)
                                  throws KeyManagementException
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このアイデンティティのスコープに1つのアイデンティティを追加します。
        パラメータ:
        identity - 追加されるアイデンティティ。
        例外:
        KeyManagementException - アイデンティティが有効でない場合、名前が重複した場合、ほかのアイデンティティが追加するアイデンティティと同じ公開鍵を持っている場合、またはほかの例外が発生した場合。
      • removeIdentity

        public abstract void removeIdentity​(Identity identity)
                                     throws KeyManagementException
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このアイデンティティの有効範囲から1つのアイデンティティのスコープを削除します。
        パラメータ:
        identity - 削除されるアイデンティティ。
        例外:
        KeyManagementException - アイデンティティがない場合、またはほかの例外が発生した場合。
      • identities

        public abstract Enumeration<Identity> identities()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このアイデンティティ・スコープ内のすべてのアイデンティティを列挙したものを返します。
        戻り値:
        このアイデンティティ・スコープ内のすべてのアイデンティティを列挙したもの。
      • toString

        public String toString()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        名前、スコープ名、このアイデンティティ・スコープ内のアイデンティティ数を含む、このアイデンティティ・スコープの文字列表現を返します。
        定義:
        toString 、インタフェース: Principal
        オーバーライド:
        toString、クラス: Identity
        戻り値:
        このアイデンティティ・スコープの文字列表現。
        関連項目:
        SecurityManager.checkSecurityAccess(java.lang.String)