モジュール java.base
パッケージ java.security

クラスDigestOutputStream

  • すべての実装されたインタフェース:
    Closeable, Flushable, AutoCloseable

    public class DigestOutputStream
    extends FilterOutputStream
    ストリームを通過するビットを使用して、関連したメッセージ・ダイジェストを更新する透明なストリームです。

    メッセージ・ダイジェストの計算を完了するには、このダイジェスト出力ストリームのwriteメソッドの1つを呼び出した後、関連したメッセージ・ダイジェストに対してdigestメソッドの1つを呼び出します。

    このストリームをオンまたはオフにすることができます(onを参照)。 オンの場合、writeメソッドの1つに対する呼出しは、メッセージ・ダイジェストを更新します。 ただし、オフの場合にはメッセージ・ダイジェストは更新されません。 ストリームに対するデフォルトはオンです。

    導入されたバージョン:
    1.2
    関連項目:
    MessageDigest, DigestInputStream
    • フィールドのサマリー

      フィールド 
      修飾子と型 フィールド 説明
      protected MessageDigest digest
      このストリームに関連したメッセージ・ダイジェストです。
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      DigestOutputStream​(OutputStream stream, MessageDigest digest)
      指定された出力ストリームとメッセージ・ダイジェストを使用して、ダイジェストを出力するストリームを作成します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      MessageDigest getMessageDigest()
      このストリームに関連したメッセージ・ダイジェストを返します。
      void on​(boolean on)
      ダイジェスト機能をオンまたはオフにします。
      void setMessageDigest​(MessageDigest digest)
      指定されたメッセージ・ダイジェストをこのストリームに関連付けます。
      String toString()
      このダイジェスト出力ストリームとそれに関連したメッセージ・ダイジェスト・オブジェクトの文字列表現を出力します。
      void write​(byte[] b, int off, int len)
      ダイジェスト機能がオンの場合に指定された部分配列を使用して、メッセージ・ダイジェストを更新し、どのような場合でもその部分配列を出力ストリームに書き込みます。
      void write​(int b)
      指定されたバイトを使用して(ダイジェスト機能がオンの場合に)メッセージ・ダイジェストを更新し、どのような場合でもそのバイトを出力ストリームに書き込みます。
    • フィールドの詳細

      • digest

        protected MessageDigest digest
        このストリームに関連したメッセージ・ダイジェストです。
    • コンストラクタの詳細

      • DigestOutputStream

        public DigestOutputStream​(OutputStream stream,
                                  MessageDigest digest)
        指定された出力ストリームとメッセージ・ダイジェストを使用して、ダイジェストを出力するストリームを作成します。
        パラメータ:
        stream - 出力ストリーム。
        digest - このストリームに関連させるメッセージ・ダイジェスト。
    • メソッドの詳細

      • getMessageDigest

        public MessageDigest getMessageDigest()
        このストリームに関連したメッセージ・ダイジェストを返します。
        戻り値:
        このストリームに関連したメッセージ・ダイジェスト。
        関連項目:
        setMessageDigest(java.security.MessageDigest)
      • setMessageDigest

        public void setMessageDigest​(MessageDigest digest)
        指定されたメッセージ・ダイジェストをこのストリームに関連付けます。
        パラメータ:
        digest - このストリームに関連したメッセージ・ダイジェスト。
        関連項目:
        getMessageDigest()
      • write

        public void write​(int b)
                   throws IOException
        指定されたバイトを使用して(ダイジェスト機能がオンの場合に)メッセージ・ダイジェストを更新し、どのような場合でもそのバイトを出力ストリームに書き込みます。 すなわち、ダイジェスト機能がオン(onを参照)の場合には、このメソッドは、そのストリームに関連したメッセージ・ダイジェストに対してupdateを呼び出し、バイトbを渡します。 メソッドはその後、そのバイトを出力ストリームに書き込み、そのバイトの書込みが完了するまで次の書込みを行わせません。
        オーバーライド:
        write、クラス: FilterOutputStream
        パラメータ:
        b - 出力ストリームの更新および出力ストリームへの書込みに使用するバイト。
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生した場合。
        関連項目:
        MessageDigest.update(byte)
      • write

        public void write​(byte[] b,
                          int off,
                          int len)
                   throws IOException
        ダイジェスト機能がオンの場合に指定された部分配列を使用して、メッセージ・ダイジェストを更新し、どのような場合でもその部分配列を出力ストリームに書き込みます。 すなわち、ダイジェスト機能がオン(onを参照)の場合には、このメソッドは、そのストリームに関連したメッセージ・ダイジェストに対してupdateを呼び出し、指定された部分配列を渡します。 メソッドはその後、部分配列のバイト群を出力ストリームに書き込み、そのバイト群の書込みが完了するまで次の書込みを行わせません。
        オーバーライド:
        write、クラス: FilterOutputStream
        パラメータ:
        b - 出力ストリームの更新および出力ストリームへの書込みに使用する部分配列を含む配列。
        off - b内の、更新および書込みを行う先頭バイトのオフセット。
        len - オフセットoffから開始して、bから更新および書込みを行うデータのバイト数。
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生した場合。
        関連項目:
        MessageDigest.update(byte[], int, int)
      • on

        public void on​(boolean on)
        ダイジェスト機能をオンまたはオフにします。 デフォルトはオンです。 オンの場合、writeメソッドの1つに対する呼出しは、メッセージ・ダイジェストを更新します。 ただし、オフの場合にはメッセージ・ダイジェストは更新されません。
        パラメータ:
        on - ダイジェスト機能をオンにする場合はtrue、オフにする場合はfalse。
      • toString

        public String toString()
        このダイジェスト出力ストリームとそれに関連したメッセージ・ダイジェスト・オブジェクトの文字列表現を出力します。
        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        このオブジェクトの文字列表現