モジュール java.base
パッケージ java.util

クラスListResourceBundle

  • 直系の既知のサブクラス:
    AccessibleResourceBundle

    public abstract class ListResourceBundle
    extends ResourceBundle
    ListResourceBundleは、ロケール用のリソースを便利かつ使いやすいリストで管理する、ResourceBundleの抽象サブクラスです。 リソース・バンドル一般については、ResourceBundleを参照してください。

    サブクラスは、getContentsをオーバーライドし、配列を提供しなければいけません。この場合、配列の各項目はオブジェクトのペアです。 各ペアの最初の要素はStringキーで、2つめの要素はそのキーに関連付けられた値である必要があります。

    次のは、ベース名MyResourcesのリソース・バンドル・ファミリの2つのメンバーを示しています。 「MyResources」はバンドル・ファミリのデフォルト・メンバーで、「MyResources_fr」はフランス・メンバーです。 これらのメンバーはListResourceBundleに基づいています(関連するは、プロパティ・ファイルに基づいてこのファミリにバンドルを追加する方法を示しています)。 この例のキーの形式は「s1」などです。実際のキーは、バンドルからオブジェクトを取り出すためにプログラムで使用するキーと同じであるかぎり、なんでもかまいません。 キーには、大文字/小文字の区別があります。

    
     public class MyResources extends ListResourceBundle {
         protected Object[][] getContents() {
             return new Object[][] {
             // LOCALIZE THIS
                 {"s1", "The disk \"{1}\" contains {0}."},  // MessageFormat pattern
                 {"s2", "1"},                               // location of {0} in pattern
                 {"s3", "My Disk"},                         // sample disk name
                 {"s4", "no files"},                        // first ChoiceFormat choice
                 {"s5", "one file"},                        // second ChoiceFormat choice
                 {"s6", "{0,number} files"},                // third ChoiceFormat choice
                 {"s7", "3 Mar 96"},                        // sample date
                 {"s8", new Dimension(1,5)}                 // real object, not just string
             // END OF MATERIAL TO LOCALIZE
             };
         }
     }
    
     public class MyResources_fr extends ListResourceBundle {
         protected Object[][] getContents() {
             return new Object[][] {
             // LOCALIZE THIS
                 {"s1", "Le disque \"{1}\" {0}."},          // MessageFormat pattern
                 {"s2", "1"},                               // location of {0} in pattern
                 {"s3", "Mon disque"},                      // sample disk name
                 {"s4", "ne contient pas de fichiers"},     // first ChoiceFormat choice
                 {"s5", "contient un fichier"},             // second ChoiceFormat choice
                 {"s6", "contient {0,number} fichiers"},    // third ChoiceFormat choice
                 {"s7", "3 mars 1996"},                     // sample date
                 {"s8", new Dimension(1,3)}                 // real object, not just string
             // END OF MATERIAL TO LOCALIZE
             };
         }
     }
     

    ListResourceBundleサブクラスの実装は、複数のスレッドで同時に使用される場合はスレッドセーフである必要があります。 このクラスのメソッドのデフォルト実装はスレッドセーフです。

    導入されたバージョン:
    1.1
    関連項目:
    ResourceBundle, PropertyResourceBundle
    • コンストラクタの詳細

      • ListResourceBundle

        public ListResourceBundle()
        唯一のコンストラクタです。 (サブクラスのコンストラクタによる呼出し用で、通常は暗黙的に呼び出されます。)
    • メソッドの詳細

      • getKeys

        public Enumeration<String> getKeys()
        このResourceBundleとその親バンドル内に含まれるキーのEnumerationを返します。
        定義:
        getKeys、クラス: ResourceBundle
        戻り値:
        このResourceBundleとその親バンドル内に含まれるキーのEnumeration
        関連項目:
        ResourceBundle.keySet()
      • handleKeySet

        protected Set<String> handleKeySet()
        このResourceBundleのみ含まれるキーのSetを返します。
        Overrides:
        handleKeySet、クラス: ResourceBundle
        戻り値:
        このResourceBundleにのみ含まれているキーのSet
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        ResourceBundle.keySet()
      • getContents

        protected abstract Object[][] getContents()
        各項目がObject配列内のオブジェクトのペアである配列を返します。 各ペアの最初の要素はStringキーで、2つめの要素はそのキーに関連付けられた値である必要があります。 詳細については、クラスの説明を参照してください。
        戻り値:
        キーと値のペアを表すObject配列の配列