モジュール java.base
パッケージ java.util

クラスSimpleTimeZone

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable, Cloneable

    public class SimpleTimeZone
    extends TimeZone
    SimpleTimeZoneは、グレゴリオ暦で使用するためのタイムゾーンを表すTimeZoneの具象サブクラスです。 クラスは直接計算されたオフセットと呼ばれる、GMTからのオフセット、および夏時間スケジュールの開始ルールおよび終了ルールを保持します。 各々の単一値を保持するだけなので、GMTからのオフセットおよび夏時間スケジュールの歴史的変化を扱うことはできませんが、夏時間スケジュールが実際に開始する年をsetStartYearメソッドで指定することはできます。

    夏時間スケジュールを備えたSimpleTimeZoneを構築するには、start-ruleend-ruleのルールセットでスケジュールを記述します。 夏時間が開始または終了する日付は、monthday-of-month、およびday-of-week値を組み合わせて指定します。 month値は、Calendar.MARCHなど、CalendarのMONTHフィールド値によって表されます。 day-of-week値は、SUNDAYなど、CalendarのDAY_OF_WEEK値によって表されます。 値の組み合わせの意味は次のとおりです。

    • 月の正確な日付
      月の正確な日付を指定するには、monthおよびday-of-monthを正確な値に設定し、day-of-weekを0に設定します。
      たとえば、3月1日を指定するには、monthMARCHに、day-of-monthを1に、day-of-weekを0に設定します。
    • 月の日付以降の曜日
      月の正確な日付またはそれ以降の日付の曜日を指定するには、monthに正確な月の値を設定し、day-of-monthにルールが適用される最初の日付を設定し、day-of-weekに負のDAY_OF_WEEKフィールド値を設定します。
      たとえば、4月の第2日曜日を指定するには、monthAPRILに、day-of-monthを8に、day-of-week-SUNDAYに設定します。
    • 月の日付以前の曜日
      月の正確な日付またはそれ以前の日付の曜日を指定するには、day-of-monthおよびday-of-weekを負の値に設定します。
      たとえば、3月21日以前の最後の水曜日を指定するには、monthMARCHに、day-of-monthを -21に、day-of-week-WEDNESDAYに設定します。
    • 月の最終の曜日
      月の最終の曜日を指定するには、day-of-weekDAY_OF_WEEK値に、day-of-monthを -1に設定します。
      たとえば、10月の最終日曜日を指定するには、monthOCTOBERに、day-of-weekSUNDAYに、day-of-monthを -1に設定します。
    夏時間が開始または終了する日の時間は、当日のミリ秒値で指定します。 時間を指定するためのmodeは3種類あります。WALL_TIMESTANDARD_TIME、およびUTC_TIMEです。 たとえば、夏時間がウォール時計時間の午前2:00で終了する場合、WALL_TIMEモードの7200000ミリ秒で指定できます。 この場合、end-ruleのウォール時計時間は夏時間と同じものになります。

    次に、タイムゾーン・オブジェクトを構築するパラメータの例を示します。

    
          // Base GMT offset: -8:00
          // DST starts:      at 2:00am in standard time
          //                  on the first Sunday in April
          // DST ends:        at 2:00am in daylight time
          //                  on the last Sunday in October
          // Save:            1 hour
          SimpleTimeZone(-28800000,
                         "America/Los_Angeles",
                         Calendar.APRIL, 1, -Calendar.SUNDAY,
                         7200000,
                         Calendar.OCTOBER, -1, Calendar.SUNDAY,
                         7200000,
                         3600000)
    
          // Base GMT offset: +1:00
          // DST starts:      at 1:00am in UTC time
          //                  on the last Sunday in March
          // DST ends:        at 1:00am in UTC time
          //                  on the last Sunday in October
          // Save:            1 hour
          SimpleTimeZone(3600000,
                         "Europe/Paris",
                         Calendar.MARCH, -1, Calendar.SUNDAY,
                         3600000, SimpleTimeZone.UTC_TIME,
                         Calendar.OCTOBER, -1, Calendar.SUNDAY,
                         3600000, SimpleTimeZone.UTC_TIME,
                         3600000)
     
    これらのパラメータのルールは、setStartRuleなどの、ルール設定メソッドにも適用されます。

    導入されたバージョン:
    1.1
    関連項目:
    Calendar, GregorianCalendar, TimeZone, 直列化された形式
    • フィールドのサマリー

      フィールド 
      修飾子と型 フィールド 説明
      static int STANDARD_TIME
      標準時間として指定された、開始時間または終了時間のモード定数。
      static int UTC_TIME
      UTCとして指定された開始時間または終了時間のモードの定数。
      static int WALL_TIME
      ウォール時計時間として指定した開始時間または終了時間のモードの定数。
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      SimpleTimeZone​(int rawOffset, String ID)
      夏時間を含まずに、GMTからの指定されたベース・タイムゾーン・オフセットとタイムゾーンIDにより、SimpleTimeZoneを構築します。
      SimpleTimeZone​(int rawOffset, String ID, int startMonth, int startDay, int startDayOfWeek, int startTime, int endMonth, int endDay, int endDayOfWeek, int endTime)
      GMTからの指定されたベース・タイムゾーン・オフセット、タイムゾーンID、および夏時間の開始ルールおよび終了ルールにより、SimpleTimeZoneを構築します。
      SimpleTimeZone​(int rawOffset, String ID, int startMonth, int startDay, int startDayOfWeek, int startTime, int endMonth, int endDay, int endDayOfWeek, int endTime, int dstSavings)
      GMTからの指定されたベース・タイムゾーン・オフセット、タイムゾーンID、および夏時間の開始ルールおよび終了ルールにより、SimpleTimeZoneを構築します。
      SimpleTimeZone​(int rawOffset, String ID, int startMonth, int startDay, int startDayOfWeek, int startTime, int startTimeMode, int endMonth, int endDay, int endDayOfWeek, int endTime, int endTimeMode, int dstSavings)
      GMTからの指定されたベース・タイムゾーン・オフセット、タイムゾーンID、および夏時間の開始ルールおよび終了ルールにより、SimpleTimeZoneを構築します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      Object clone()
      このSimpleTimeZoneインスタンスの複製を返します。
      boolean equals​(Object obj)
      2つのSimpleTimeZoneオブジェクトが同じであるかをどうかを比較します。
      int getDSTSavings()
      夏時間に時計を進める時間量をミリ秒単位で返します。
      int getOffset​(int era, int year, int month, int day, int dayOfWeek, int millis)
      指定した日付および時間について、直接計算したオフセットおよび夏時間の影響を考慮して、ローカル時間とUTCの差異をミリ秒単位で返します。
      int getOffset​(long date)
      指定された時間でUTCからのこのタイムゾーンのオフセットを返します。
      int getRawOffset()
      このタイムゾーンのGMTオフセットを取得します。
      int hashCode()
      SimpleDateFormatオブジェクトのハッシュ・コードを生成します。
      boolean hasSameRules​(TimeZone other)
      このゾーンが比較された別のゾーンと同じルールとオフセットを持つ場合にtrueを返します。
      boolean inDaylightTime​(Date date)
      指定された日付がサマー・タイムの期間内かどうかを問い合わせます。
      boolean observesDaylightTime()
      このSimpleTimeZoneが夏時間に従う場合にtrueを返します。
      void setDSTSavings​(int millisSavedDuringDST)
      夏時間の期間に時計を進める時間量をミリ秒単位で設定します。
      void setEndRule​(int endMonth, int endDay, int endTime)
      夏時間の終了ルールを月内の固定日に設定します。
      void setEndRule​(int endMonth, int endDay, int endDayOfWeek, int endTime)
      夏時間の終了ルールを設定します。
      void setEndRule​(int endMonth, int endDay, int endDayOfWeek, int endTime, boolean after)
      8日またはそれ以降の最初の月曜日というように、夏時間の終了ルールを月内の指定日の前後の平日に設定します。
      void setRawOffset​(int offsetMillis)
      GMTへのベース・タイムゾーン・オフセットを設定します。
      void setStartRule​(int startMonth, int startDay, int startTime)
      夏時間の開始ルールを月内の固定日に設定します。
      void setStartRule​(int startMonth, int startDay, int startDayOfWeek, int startTime)
      夏時間の開始ルールを設定します。
      void setStartRule​(int startMonth, int startDay, int startDayOfWeek, int startTime, boolean after)
      8日またはそれ以降の最初の月曜日というように、夏時間の開始ルールを月内の指定日の前後の平日に設定します。
      void setStartYear​(int year)
      夏時間が開始された年を設定します。
      String toString()
      このタイムゾーンの文字列表現を返します。
      boolean useDaylightTime()
      現在の所在地のタイムゾーンが夏時間を使用しているかどうかを問い合わせます。
    • フィールドの詳細

      • WALL_TIME

        public static final int WALL_TIME
        ウォール時計時間として指定した開始時間または終了時間のモードの定数。 ウォール時計時間は、開始ルールの標準時間であり、終了ルールの夏時間です。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        定数フィールド値
      • STANDARD_TIME

        public static final int STANDARD_TIME
        標準時間として指定された、開始時間または終了時間のモード定数。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        定数フィールド値
      • UTC_TIME

        public static final int UTC_TIME
        UTCとして指定された開始時間または終了時間のモードの定数。 たとえば、EUのルールは、UTC時間として指定されます。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        定数フィールド値
    • コンストラクタの詳細

      • SimpleTimeZone

        public SimpleTimeZone​(int rawOffset,
                              String ID)
        夏時間を含まずに、GMTからの指定されたベース・タイムゾーン・オフセットとタイムゾーンIDにより、SimpleTimeZoneを構築します。
        パラメータ:
        rawOffset - GMTからのベース・タイムゾーン・オフセット(ミリ秒単位)。
        ID - このインスタンスに指定されたタイムゾーン名。
      • SimpleTimeZone

        public SimpleTimeZone​(int rawOffset,
                              String ID,
                              int startMonth,
                              int startDay,
                              int startDayOfWeek,
                              int startTime,
                              int endMonth,
                              int endDay,
                              int endDayOfWeek,
                              int endTime)
        GMTからの指定されたベース・タイムゾーン・オフセット、タイムゾーンID、および夏時間の開始ルールおよび終了ルールにより、SimpleTimeZoneを構築します。 startTimeおよびendTimeの両方がウォール時計時間で表されるように指定します。 夏時間の量は、3600000ミリ秒(つまり1時間)であると仮定します。 このコンストラクタは次と同じです。
        
             SimpleTimeZone(rawOffset,
                            ID,
                            startMonth,
                            startDay,
                            startDayOfWeek,
                            startTime,
                            SimpleTimeZone.WALL_TIME,
                            endMonth,
                            endDay,
                            endDayOfWeek,
                            endTime,
                            SimpleTimeZone.WALL_TIME,
                            3600000)
         
        パラメータ:
        rawOffset - GMTからの指定されたベース・タイムゾーン・オフセット。
        ID - このオブジェクトに指定されたタイムゾーンID。
        startMonth - 夏時間が始まる月。 月はMONTHフィールド値です(0ベース。たとえば、1月が0)。
        startDay - 夏時間が開始する月の日付。 このパラメータの特例については、クラスの説明を参照
        startDayOfWeek - 夏時間が開始する曜日。 このパラメータの特例については、クラスの説明を参照
        startTime - ローカル・ウォール時計時間での夏時間の開始時間(1日内のミリ秒)。この場合、これはローカル標準時間になる。
        endMonth - 夏時間が終わる月。 月はMONTHフィールド値です(0ベース。たとえば、10月が9)。
        endDay - 夏時間が終了する月の日付。 このパラメータの特例については、クラスの説明を参照
        endDayOfWeek - 夏時間が終了する曜日。 このパラメータの特例については、クラスの説明を参照
        endTime - ローカル・ウォール時計時間での夏時間の終了時間(1日内のミリ秒)。この場合、これはローカル夏時間になる。
        例外:
        IllegalArgumentException - 開始ルールまたは終了ルールの月、日、曜日、時間のいずれかのパラメータが範囲外の場合
      • SimpleTimeZone

        public SimpleTimeZone​(int rawOffset,
                              String ID,
                              int startMonth,
                              int startDay,
                              int startDayOfWeek,
                              int startTime,
                              int endMonth,
                              int endDay,
                              int endDayOfWeek,
                              int endTime,
                              int dstSavings)
        GMTからの指定されたベース・タイムゾーン・オフセット、タイムゾーンID、および夏時間の開始ルールおよび終了ルールにより、SimpleTimeZoneを構築します。 startTimeおよびendTimeの両方がウォール時計時間で表されると仮定されます。 このコンストラクタは次と同じです。
        
             SimpleTimeZone(rawOffset,
                            ID,
                            startMonth,
                            startDay,
                            startDayOfWeek,
                            startTime,
                            SimpleTimeZone.WALL_TIME,
                            endMonth,
                            endDay,
                            endDayOfWeek,
                            endTime,
                            SimpleTimeZone.WALL_TIME,
                            dstSavings)
         
        パラメータ:
        rawOffset - GMTからの指定されたベース・タイムゾーン・オフセット。
        ID - このオブジェクトに指定されたタイムゾーンID。
        startMonth - 夏時間が始まる月。 月はMONTHフィールド値です(0ベース。たとえば、1月が0)。
        startDay - 夏時間が開始する月の日付。 このパラメータの特例については、クラスの説明を参照
        startDayOfWeek - 夏時間が開始する曜日。 このパラメータの特例については、クラスの説明を参照
        startTime - ローカル・ウォール時計時間での夏時間の開始時間。この場合、これはローカル標準時間になる。
        endMonth - 夏時間が終わる月。 月はMONTHフィールド値です(0ベース。たとえば、10月が9)。
        endDay - 夏時間が終了する月の日付。 このパラメータの特例については、クラスの説明を参照
        endDayOfWeek - 夏時間が終了する曜日。 このパラメータの特例については、クラスの説明を参照
        endTime - ローカル・ウォール時計時間での夏時間の終了時間。この場合、これはローカル夏時間になる。
        dstSavings - 夏時間の期間中に繰り上げられるミリ秒単位の時間量。
        例外:
        IllegalArgumentException - 開始ルールまたは終了ルールの月、日、曜日、時間のいずれかのパラメータが範囲外の場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • SimpleTimeZone

        public SimpleTimeZone​(int rawOffset,
                              String ID,
                              int startMonth,
                              int startDay,
                              int startDayOfWeek,
                              int startTime,
                              int startTimeMode,
                              int endMonth,
                              int endDay,
                              int endDayOfWeek,
                              int endTime,
                              int endTimeMode,
                              int dstSavings)
        GMTからの指定されたベース・タイムゾーン・オフセット、タイムゾーンID、およびサマー・タイムの開始ルールおよび終了ルールにより、SimpleTimeZoneを構築します。 このコンストラクタは、startTimeおよびendTimeのモードなど、フル・セットの開始ルールと終了ルールのパラメータを取ります。 モードはwall timestandard time、またはUTC timeのいずれかを指定します。
        パラメータ:
        rawOffset - GMTからの指定されたベース・タイムゾーン・オフセット。
        ID - このオブジェクトに指定されたタイムゾーンID。
        startMonth - 夏時間が始まる月。 月はMONTHフィールド値です(0ベース。たとえば、1月が0)。
        startDay - 夏時間が開始する月の日付。 このパラメータの特例については、クラスの説明を参照
        startDayOfWeek - 夏時間が開始する曜日。 このパラメータの特例については、クラスの説明を参照
        startTime - startTimeModeで指定された時間モードでの夏時間の開始時間。
        startTimeMode - startTimeによって指定された開始時間のモード。
        endMonth - 夏時間が終わる月。 月はMONTHフィールド値です(0ベース。たとえば、10月が9)。
        endDay - 夏時間が終了する月の日付。 このパラメータの特例については、クラスの説明を参照
        endDayOfWeek - 夏時間が終了する曜日。 このパラメータの特例については、クラスの説明を参照
        endTime - endTimeModeで指定された時間モードでの夏時間の終了時間。
        endTimeMode - endTimeによって指定された終了時間のモード
        dstSavings - 夏時間の期間中に繰り上げられるミリ秒単位の時間量。
        例外:
        IllegalArgumentException - 開始ルールまたは終了ルールの月、日、曜日、時間モード、時間のいずれかのパラメータが範囲外の場合、または時間モードの値が無効である場合。
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        WALL_TIME, STANDARD_TIME, UTC_TIME
    • メソッドの詳細

      • setStartYear

        public void setStartYear​(int year)
        夏時間が開始された年を設定します。
        パラメータ:
        year - 夏時間が始まる年。
      • setStartRule

        public void setStartRule​(int startMonth,
                                 int startDay,
                                 int startDayOfWeek,
                                 int startTime)
        夏時間の開始ルールを設定します。 たとえば、米国の夏時間が、4月の第1日曜日、米国のウォール時計時間で午前2時に始まる場合は、以下を呼び出して開始ルールを設定できます。
        setStartRule(Calendar.APRIL, 1, Calendar.SUNDAY, 2*60*60*1000);
        パラメータ:
        startMonth - 夏時間が始まる月。 月はMONTHフィールド値です(0ベース。たとえば、1月が0)。
        startDay - 夏時間が開始する月の日付。 このパラメータの特例については、クラスの説明を参照
        startDayOfWeek - 夏時間が開始する曜日。 このパラメータの特例については、クラスの説明を参照
        startTime - ローカル・ウォール時計時間での夏時間の開始時間。この場合、これはローカル標準時間になる。
        例外:
        IllegalArgumentException - startMonthstartDaystartDayOfWeek、またはstartTimeパラメータが範囲外の場合
      • setStartRule

        public void setStartRule​(int startMonth,
                                 int startDay,
                                 int startTime)
        夏時間の開始ルールを月内の固定日に設定します。 このメソッドは、次と同等です。
        setStartRule(startMonth, startDay, 0, startTime)
        パラメータ:
        startMonth - 夏時間が始まる月。 月はMONTHフィールド値です(0ベース。たとえば、1月が0)。
        startDay - 夏時間が開始する月の日付。
        startTime - ローカル・ウォール時計時間での夏時間の開始時間。この場合、これはローカル標準時間になる。 このパラメータの特例については、クラスの説明を参照
        例外:
        IllegalArgumentException - startMonthstartDayOfMonth、またはstartTimeパラメータが範囲外の場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • setStartRule

        public void setStartRule​(int startMonth,
                                 int startDay,
                                 int startDayOfWeek,
                                 int startTime,
                                 boolean after)
        8日またはそれ以降の最初の月曜日というように、夏時間の開始ルールを月内の指定日の前後の平日に設定します。
        パラメータ:
        startMonth - 夏時間が始まる月。 月はMONTHフィールド値です(0ベース。たとえば、1月が0)。
        startDay - 夏時間が開始する月の日付。
        startDayOfWeek - 夏時間が開始する曜日。
        startTime - ローカル・ウォール時計時間での夏時間の開始時間。この場合、これはローカル標準時間になる。
        after - trueの場合、このルールはdayOfMonthまたはそれ以降の最初のdayOfWeekを選択する。 falseの場合、このルールはdayOfMonthまたはそれ以前の最後のdayOfWeekを選択する。
        例外:
        IllegalArgumentException - startMonthstartDaystartDayOfWeek、またはstartTimeパラメータが範囲外の場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • setEndRule

        public void setEndRule​(int endMonth,
                               int endDay,
                               int endDayOfWeek,
                               int endTime)
        夏時間の終了ルールを設定します。 たとえば、米国の夏時間が10月の最後の日曜、ウォールの時計時間の午前2時に終了する場合、以下を呼び出して終了ルールを設定できます。 setEndRule(Calendar.OCTOBER, -1, Calendar.SUNDAY, 2*60*60*1000);
        パラメータ:
        endMonth - 夏時間が終わる月。 月はMONTHフィールド値です(0ベース。たとえば、10月が9)。
        endDay - 夏時間が終了する月の日付。 このパラメータの特例については、クラスの説明を参照
        endDayOfWeek - 夏時間が終了する曜日。 このパラメータの特例については、クラスの説明を参照
        endTime - ローカル・ウォール時計時間での夏時間の終了時間(1日内のミリ秒)。この場合、これはローカル夏時間になる。
        例外:
        IllegalArgumentException - endMonthendDayendDayOfWeek、またはendTimeパラメータが範囲外の場合
      • setEndRule

        public void setEndRule​(int endMonth,
                               int endDay,
                               int endTime)
        夏時間の終了ルールを月内の固定日に設定します。 このメソッドは、次と同等です。
        setEndRule(endMonth, endDay, 0, endTime)
        パラメータ:
        endMonth - 夏時間が終わる月。 月はMONTHフィールド値です(0ベース。たとえば、10月が9)。
        endDay - 夏時間が終了する月の日付。
        endTime - ローカル・ウォール時計時間での夏時間の終了時間(1日内のミリ秒)。この場合、これはローカル夏時間になる。
        例外:
        IllegalArgumentException - endMonthendDay、またはendTimeパラメータが範囲外の場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • setEndRule

        public void setEndRule​(int endMonth,
                               int endDay,
                               int endDayOfWeek,
                               int endTime,
                               boolean after)
        8日またはそれ以降の最初の月曜日というように、夏時間の終了ルールを月内の指定日の前後の平日に設定します。
        パラメータ:
        endMonth - 夏時間が終わる月。 月はMONTHフィールド値です(0ベース。たとえば、10月が9)。
        endDay - 夏時間が終了する月の日付。
        endDayOfWeek - 夏時間が終了する曜日。
        endTime - ローカル・ウォール時計時間での夏時間の終了時間(1日内のミリ秒)。この場合、これはローカル夏時間になる。
        after - trueの場合、このルールはendDayまたはそれ以降の最初のendDayOfWeekを選択する。 falseの場合、このルールはその月のendDayまたはそれ以前の最後のendDayOfWeekを選択する。
        例外:
        IllegalArgumentException - endMonthendDayendDayOfWeek、またはendTimeパラメータが範囲外の場合
        導入されたバージョン:
        1.2
      • getOffset

        public int getOffset​(long date)
        指定された時間でUTCからのこのタイムゾーンのオフセットを返します。 夏時間が指定された時間で実施されている場合、オフセット値は夏時間の量で調節されます。
        オーバーライド:
        getOffset、クラス: TimeZone
        パラメータ:
        date - タイムゾーン・オフセットが見つかった時間
        戻り値:
        ローカル・タイムを取得するためにUTCに追加するミリ秒単位の時間の量
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        Calendar.ZONE_OFFSET, Calendar.DST_OFFSET
      • getOffset

        public int getOffset​(int era,
                             int year,
                             int month,
                             int day,
                             int dayOfWeek,
                             int millis)
        指定した日付および時間について、直接計算したオフセットおよび夏時間の影響を考慮して、ローカル時間とUTCの差異をミリ秒単位で返します。 このメソッドでは、開始月と終了月が異なるものとみなされます。 また、うるう年を設定するためなど、基本となるカレンダとしてデフォルトのGregorianCalendarオブジェクトが使用されます。 デフォルトのGregorianCalendar以外のカレンダで、このメソッドの結果を使用しないでください。

        注: 通常、クライアントはこのメソッドを呼び出すのではなく、Calendar.get(ZONE_OFFSET)+Calendar.get(DST_OFFSET)を使用すべきです。

        定義:
        getOffset、クラス: TimeZone
        パラメータ:
        era - 指定する日付の年号。
        year - 指定する日付の年。
        month - 指定する日付の月。 月は 0 から始まる。 0 が 1 月
        day - 指定する日付の日。
        dayOfWeek - 指定する日付の曜日。
        millis - 標準ローカル・タイムでの、指定された日のミリ秒。
        戻り値:
        ローカル・タイムを取得するのにUTCに追加されるミリ秒
        例外:
        IllegalArgumentException - eramonthdaydayOfWeek、またはmillisパラメータが範囲外の場合
        関連項目:
        Calendar.ZONE_OFFSET, Calendar.DST_OFFSET
      • getRawOffset

        public int getRawOffset()
        このタイムゾーンのGMTオフセットを取得します。
        定義:
        getRawOffset、クラス: TimeZone
        戻り値:
        ミリ秒単位のGMTオフセット値
        関連項目:
        setRawOffset(int)
      • setRawOffset

        public void setRawOffset​(int offsetMillis)
        GMTへのベース・タイムゾーン・オフセットを設定します。 これは、ローカル・タイムを取得するためにUTCに追加するオフセットです。
        定義:
        setRawOffset、クラス: TimeZone
        パラメータ:
        offsetMillis - 指定されたGMTへのベース・タイムゾーン・オフセット
        関連項目:
        getRawOffset()
      • setDSTSavings

        public void setDSTSavings​(int millisSavedDuringDST)
        夏時間の期間に時計を進める時間量をミリ秒単位で設定します。
        パラメータ:
        millisSavedDuringDST - 夏時間ルールが有効になった時に標準時間に対して進める時間のミリ秒数。 正の数値で、通常は1時間(3600000)
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        getDSTSavings()
      • getDSTSavings

        public int getDSTSavings()
        夏時間に時計を進める時間量をミリ秒単位で返します。
        オーバーライド:
        getDSTSavings、クラス: TimeZone
        戻り値:
        夏時間ルールが有効になった時に標準時間に対して進める時間のミリ秒数。このタイムゾーンが夏時間に従わない場合は0 (ゼロ)
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        setDSTSavings(int)
      • useDaylightTime

        public boolean useDaylightTime()
        現在の所在地のタイムゾーンが夏時間を使用しているかどうかを問い合わせます。
        定義:
        useDaylightTime、クラス: TimeZone
        戻り値:
        現在の所在地のタイムゾーンが夏時間を使用している場合はtrue、それ以外の場合はfalse
        関連項目:
        TimeZone.inDaylightTime(Date), Calendar.DST_OFFSET
      • inDaylightTime

        public boolean inDaylightTime​(Date date)
        指定された日付がサマー・タイムの期間内かどうかを問い合わせます。
        定義:
        inDaylightTime、クラス: TimeZone
        パラメータ:
        date - 指定されたDate
        戻り値:
        指定された日付に夏時間が有効になっている場合はtrue、それ以外の場合はfalse
      • clone

        public Object clone()
        このSimpleTimeZoneインスタンスの複製を返します。
        オーバーライド:
        clone、クラス: TimeZone
        戻り値:
        このインスタンスの複製。
        関連項目:
        Cloneable
      • equals

        public boolean equals​(Object obj)
        2つのSimpleTimeZoneオブジェクトが同じであるかをどうかを比較します。
        オーバーライド:
        equals 、クラス:  Object
        パラメータ:
        obj - 比較対象のSimpleTimeZoneオブジェクト。
        戻り値:
        指定されたobjがこのSimpleTimeZoneオブジェクトと同じである場合はtrue、そうでない場合はfalse。
        関連項目:
        Object.hashCode()HashMap
      • hasSameRules

        public boolean hasSameRules​(TimeZone other)
        このゾーンが比較された別のゾーンと同じルールとオフセットを持つ場合にtrueを返します。
        オーバーライド:
        hasSameRules、クラス: TimeZone
        パラメータ:
        other - 比較対象のTimeZoneオブジェクト
        戻り値:
        指定されたゾーンがSimpleTimeZoneで、このゾーンと同じルールとオフセットを持つ場合はtrue
        導入されたバージョン:
        1.2
      • toString

        public String toString()
        このタイムゾーンの文字列表現を返します。
        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        タイムゾーンの文字列表現