モジュール java.base
パッケージ java.util

クラスTimeZone

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable, Cloneable
    直系の既知のサブクラス:
    SimpleTimeZone

    public abstract class TimeZone
    extends Object
    implements Serializable, Cloneable
    TimeZoneは、タイムゾーン・オフセットを表します。また、サマー・タイムを認識します。

    通常は、getDefaultを使用してTimeZoneを取得します。このメソッドは、プログラムを実行している場所のタイムゾーンに基づいたTimeZoneを作成します。 たとえば、日本で実行されているプログラムの場合、getDefaultは日本標準時を基にTimeZoneオブジェクトを作成します。

    タイムゾーンIDを指定しgetTimeZoneを使用してTimeZoneを取得することもできます。 たとえば、合衆国太平洋標準時のタイムゾーンIDは、「America/Los_Angeles」です。 したがって、次のように入力して合衆国太平洋標準時のTimeZoneオブジェクトを取得できます。

     TimeZone tz = TimeZone.getTimeZone("America/Los_Angeles");
     
    getAvailableIDsメソッドを使用して、サポートされているすべてのタイムゾーンIDを調べることができます。 サポートされているIDの中から、目的のTimeZoneを選択できます。 サポートされているIDのいずれかによって必要なタイムゾーンが表されていない場合は、カスタム・タイムゾーンIDを指定して、TimeZoneを生成することができます。 カスタム・タイムゾーンIDの構文は次の通りです。
     CustomID:
             GMT Sign Hours : Minutes
             GMT Sign Hours Minutes
             GMT Sign Hours
     Sign: one of
             + -
     Hours:
             Digit
             Digit Digit
     Minutes:
             Digit Digit
     Digit: one of
             0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
     
    Hoursは0 - 23で、Minutesは00 - 59を指定する必要があります。 たとえば、「GMT+10」と「GMT+0010」は、それぞれ、GMTより10時間および10分進んだ時間になります。

    フォーマットはロケールに依存せず、数字はUnicode標準のBasic Latinブロックの数字である必要があります。 サマー・タイムへの移行スケジュールは、カスタム・タイムゾーンIDでは指定できません。 指定された文字列が構文と一致しない場合は、"GMT"が使用されます。

    TimeZoneを作成するときは、指定されたカスタム・タイムゾーンIDは、次の構文で正規化されます。

     NormalizedCustomID:
             GMT Sign TwoDigitHours : Minutes
     Sign: one of
             + -
     TwoDigitHours:
             Digit Digit
     Minutes:
             Digit Digit
     Digit: one of
             0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
     
    たとえば、TimeZone.getTimeZone("GMT-8").getID()はGMT-08:00を返します。

    3文字のタイムゾーンID

    JDK 1.1.xとの互換性のために、その他の3文字のタイムゾーンID (「PST」、「CTT」、「AST」など)もサポートされています。 ただし、複数のタイムゾーンに同じ省略形が使用されることが多く(「CST」はアメリカの「中央標準時」と「中国標準時」など)、Javaプラットフォームではその1つしか認識されないため、この使用は非推奨です
    導入されたバージョン:
    1.1
    関連項目:
    Calendar, GregorianCalendar, SimpleTimeZone, 直列化された形式
    • フィールドのサマリー

      フィールド 
      修飾子と型 フィールド 説明
      static int LONG
      「Pacific Standard Time」などの長い名前を示すgetDisplayName()のスタイル指示子です。
      static int SHORT
      「PST」などの短い名前を示すgetDisplayName()のスタイル指示子です。
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      TimeZone()
      唯一のコンストラクタです。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド 静的メソッド インスタンス・メソッド 抽象メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      Object clone()
      このTimeZoneのコピーを作成します。
      static String[] getAvailableIDs()
      サポートされる利用可能なIDをすべて取得します。
      static String[] getAvailableIDs​(int rawOffset)
      ミリ秒単位で指定されたタイムゾーン・オフセットと一致するIDで使用可能なものを取得します。
      static TimeZone getDefault()
      Java仮想マシンのデフォルトのTimeZoneを取得します。
      String getDisplayName()
      デフォルト・ロケールでのユーザーへの表示に適した、このTimeZoneの標準時の長い名前を返します。
      String getDisplayName​(boolean daylight, int style)
      デフォルト・ロケールでのユーザーへの表示に適した、このTimeZoneの指定されたstyleでの名前を返します。
      String getDisplayName​(boolean daylight, int style, Locale locale)
      指定された localeでのユーザーへの表示に適した、このTimeZoneの指定されたstyleでの名前を返します。
      String getDisplayName​(Locale locale)
      指定されたlocaleでのユーザーへの表示に適した、このTimeZoneの標準時の長い名前を返します。
      int getDSTSavings()
      ローカル・ウォール時計時間を取得するために、ローカルの標準時間に追加する時間の量を返します。
      String getID()
      現在の所在地のタイムゾーンのIDを取得します。
      abstract int getOffset​(int era, int year, int month, int day, int dayOfWeek, int milliseconds)
      現在の日付のタイムゾーン・オフセットを返します。夏時間の期間内であれば修正されています。
      int getOffset​(long date)
      指定された日付でUTCからのこのタイムゾーンのオフセットを返します。
      abstract int getRawOffset()
      このタイムゾーンの標準時間を取得するために、UTCに追加するミリ秒単位の時間量を返します。
      static TimeZone getTimeZone​(String ID)
      指定されたIDのTimeZoneを取得します。
      static TimeZone getTimeZone​(ZoneId zoneId)
      指定されたzoneIdTimeZoneを取得します。
      boolean hasSameRules​(TimeZone other)
      このゾーンが比較される別のゾーンと同じルールとオフセットを持つ場合にtrueを返します。
      abstract boolean inDaylightTime​(Date date)
      指定されたdateが、このタイムゾーンでは夏時間の期間内かどうかを問い合わせます。
      boolean observesDaylightTime()
      このTimeZoneが現在夏時間の期間内にある場合、または標準時間から夏時間への移行が今後行われる場合にtrueを返します。
      static void setDefault​(TimeZone zone)
      getDefaultメソッドで返されるTimeZoneを設定します。
      void setID​(String ID)
      タイムゾーンIDを設定します。
      abstract void setRawOffset​(int offsetMillis)
      GMTへのベース・タイムゾーン・オフセットを設定します。
      ZoneId toZoneId()
      このTimeZoneオブジェクトをZoneIdに変換します。
      abstract boolean useDaylightTime()
      このTimeZoneが夏時間を使用するかどうかを問い合わせます。
    • フィールドの詳細

      • SHORT

        public static final int SHORT
        「PST」などの短い名前を示すgetDisplayName()のスタイル指示子です。
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        LONG定数フィールド値
      • LONG

        public static final int LONG
        「Pacific Standard Time」などの長い名前を示すgetDisplayName()のスタイル指示子です。
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        SHORT定数フィールド値
    • コンストラクタの詳細

      • TimeZone

        public TimeZone()
        唯一のコンストラクタです。 サブクラスのコンストラクタによる呼出し用で、通常は暗黙的に呼び出されます。
    • メソッドの詳細

      • getOffset

        public abstract int getOffset​(int era,
                                      int year,
                                      int month,
                                      int day,
                                      int dayOfWeek,
                                      int milliseconds)
        現在の日付のタイムゾーン・オフセットを返します。夏時間の期間内であれば修正されています。 これは、ローカル・タイムを取得するためにUTCに追加するオフセットです。

        基本となるTimeZone実装サブクラスが、夏時間スケジュールとGMTオフセットの歴史的変化をサポートする場合、このメソッドは歴史的に正確なオフセットを返します。

        パラメータ:
        era - 指定する日付の年号。
        year - 指定する日付の年。
        month - 指定する日付の月。 月は 0 から始まる。 0 が 1 月
        day - 指定する日付の日。
        dayOfWeek - 指定する日付の曜日。
        milliseconds - 標準ローカル・タイムでの、指定された日のミリ秒。
        戻り値:
        ローカル・タイムを取得するためにGMTに追加するミリ秒単位のオフセット
        関連項目:
        Calendar.ZONE_OFFSET, Calendar.DST_OFFSET
      • getOffset

        public int getOffset​(long date)
        指定された日付でUTCからのこのタイムゾーンのオフセットを返します。 夏時間が指定された日付で実施されている場合、オフセット値は夏時間の量で調節されます。

        基本となるTimeZone実装サブクラスが、夏時間スケジュールとGMTオフセットの歴史的変化をサポートする場合、このメソッドは歴史的に正確なオフセット値を返します。

        パラメータ:
        date - 1970年1月1日00:00:00 GMTからの、ミリ秒単位で表された日付。
        戻り値:
        ローカル・タイムを取得するためにUTCに追加するミリ秒単位の時間の量
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        Calendar.ZONE_OFFSET, Calendar.DST_OFFSET
      • setRawOffset

        public abstract void setRawOffset​(int offsetMillis)
        GMTへのベース・タイムゾーン・オフセットを設定します。 これは、ローカル・タイムを取得するためにUTCに追加するオフセットです。

        基盤となるTimeZone実装サブクラスが、GMTオフセットの歴史的変化をサポートする場合、指定されたGMTオフセットが最新のGMTオフセットとして設定され、既知の最新GMTオフセット値との差を使用して、歴史上のすべてのGMTオフセット値が調整されます。

        パラメータ:
        offsetMillis - 指定されたGMTへのベース・タイムゾーン・オフセット
      • getRawOffset

        public abstract int getRawOffset()
        このタイムゾーンの標準時間を取得するために、UTCに追加するミリ秒単位の時間量を返します。 この値は夏時間によって影響を受けないので、直接計算したオフセットと呼ばれます。

        基本となるTimeZone実装サブクラスがGMTオフセットの歴史的変化をサポートする場合、メソッドは現在の日付の直接計算されたオフセット値を返します。 たとえばホノルルでは、1947年に直接計算されたオフセットがGMT-10:30からGMT-10:00に変更したので、このメソッドは常に -36000000ミリ秒(つまり -10時間)を返します。

        戻り値:
        UTCに追加される、ミリ秒単位の直接計算されたオフセット時間の量
        関連項目:
        Calendar.ZONE_OFFSET
      • getID

        public String getID()
        現在の所在地のタイムゾーンのIDを取得します。
        戻り値:
        現在の所在地のタイムゾーンのID
      • setID

        public void setID​(String ID)
        タイムゾーンIDを設定します。 タイムゾーン・オブジェクト内のほかのデータは変更されません。
        パラメータ:
        ID - 新しいタイムゾーンID。
      • getDisplayName

        public final String getDisplayName​(Locale locale)
        指定されたlocaleでのユーザーへの表示に適した、このTimeZoneの標準時の長い名前を返します。

        このメソッドは、次と同等です。

         getDisplayName(false, LONG, locale)
         

        パラメータ:
        locale - 表示名を提供する際に使われるロケール。
        戻り値:
        指定されたロケールでの現在のタイムゾーンを、人が理解できる形式にした名前
        例外:
        NullPointerException - localenullの場合。
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        getDisplayName(boolean, int, Locale)
      • getDisplayName

        public final String getDisplayName​(boolean daylight,
                                           int style)
        デフォルト・ロケールでのユーザーへの表示に適した、このTimeZoneの指定されたstyleでの名前を返します。 指定されたdaylighttrueの場合は、夏時間の名前が返されます(このTimeZoneが夏時間に従わない場合でも)。 それ以外の場合は、標準時の名前が返されます。

        このメソッドは、次と同等です。

         getDisplayName(daylight, style,
                        Locale.getDefault(Locale.Category.DISPLAY))
         

        パラメータ:
        daylight - 夏時間の名前を示すtrue、または標準時の名前を示すfalse
        style - LONGまたはSHORT
        戻り値:
        デフォルト・ロケールでの現在のタイムゾーンを、人が理解できる形式にした名前
        例外:
        IllegalArgumentException - styleが無効である場合
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        getDisplayName(boolean, int, Locale), Locale.getDefault(Locale.Category), Locale.Category, DateFormatSymbols.getZoneStrings()
      • getDisplayName

        public String getDisplayName​(boolean daylight,
                                     int style,
                                     Locale locale)
        指定された localeでのユーザーへの表示に適した、このTimeZoneの指定されたstyleでの名前を返します。 指定されたdaylighttrueの場合は、夏時間の名前が返されます(このTimeZoneが夏時間に従わない場合でも)。 それ以外の場合は、標準時の名前が返されます。

        タイムゾーン名を検索するときは、指定されたlocaleから派生した「デフォルトのLocale ResourceBundleの検索パス」が使用されます。 (フォール・バックLocaleの検索は行われません。) 検索パスのいずれかのLocale (Locale.ROOTも含む)にタイムゾーン名が見つかった場合は、その名前が返されます。 それ以外の場合は、正規化されたカスタムID形式の文字列が返されます。

        パラメータ:
        daylight - 夏時間の名前を示すtrue、または標準時の名前を示すfalse
        style - LONGまたはSHORT
        locale - 表示名を提供する際に使われるロケール。
        戻り値:
        指定されたロケールでの現在のタイムゾーンを、人が理解できる形式にした名前
        例外:
        IllegalArgumentException - styleが無効である場合
        NullPointerException - localenullの場合。
        導入されたバージョン:
        1.2
        関連項目:
        DateFormatSymbols.getZoneStrings()
      • getDSTSavings

        public int getDSTSavings()
        ローカル・ウォール時計時間を取得するために、ローカルの標準時間に追加する時間の量を返します。

        useDaylightTime()の呼出しがtrueを返す場合、デフォルト実装は3600000ミリ秒(つまり1時間)を返します。 そうでない場合は、0を返します。

        基本となるTimeZone実装サブクラスが、夏時間スケジュールの歴史的および将来の変化をサポートする場合、このメソッドは既知の最新夏時間ルールの夏時間量を返します。このルールは将来に予測されるものです。

        特定のタイムスタンプにおける夏時間量が必要な場合は、この TimeZoneとタイムスタンプを使用してCalendarを構築し、Calendar.get(Calendar.DST_OFFSET)を呼び出します。

        戻り値:
        ミリ秒単位の夏時間の量
        導入されたバージョン:
        1.4
        関連項目:
        inDaylightTime(Date), getOffset(long), getOffset(int,int,int,int,int,int), Calendar.ZONE_OFFSET
      • useDaylightTime

        public abstract boolean useDaylightTime()
        このTimeZoneが夏時間を使用するかどうかを問い合わせます。

        基本となるTimeZone実装サブクラスが、夏時間スケジュールの歴史的および将来の変化をサポートする場合、このメソッドは既知の最新夏時間ルールを参照します。このルールは将来に予測されるものであり、現在のルールとは異なる場合があります。 現在のルールも考慮する必要がある場合は、observesDaylightTime()を呼び出すようにしてください。

        戻り値:
        このTimeZoneが夏時間を使用する場合はtrue、それ以外の場合はfalse
        関連項目:
        inDaylightTime(Date), Calendar.DST_OFFSET
      • observesDaylightTime

        public boolean observesDaylightTime()
        このTimeZoneが現在夏時間の期間内にある場合、または標準時間から夏時間への移行が今後行われる場合にtrueを返します。

        useDaylightTime()またはinDaylightTime(new Date())trueを返す場合、デフォルト実装はtrueを返します。

        戻り値:
        このTimeZoneが現在夏時間の期間内にある場合、または標準時間から夏時間への移行が今後行われる場合はtrue。それ以外の場合はfalse
        導入されたバージョン:
        1.7
        関連項目:
        useDaylightTime(), inDaylightTime(Date), Calendar.DST_OFFSET
      • inDaylightTime

        public abstract boolean inDaylightTime​(Date date)
        指定されたdateが、このタイムゾーンでは夏時間の期間内かどうかを問い合わせます。
        パラメータ:
        date - 指定されたDate
        戻り値:
        指定された日付が夏時間の期間内の場合はtrue、そうでない場合はfalse
      • getTimeZone

        public static TimeZone getTimeZone​(String ID)
        指定されたIDのTimeZoneを取得します。
        パラメータ:
        ID - TimeZoneのID。「PST」のような短縮形式、「America/Los_Angeles」のような完全な名前、あるいは「GMT-8:00」のようなカスタムIDのどれか。 短縮形式は、JDK 1.1.xとの互換性のためだけにサポートされているため、完全な名前を使用する必要がある
        戻り値:
        指定されたTimeZone。指定されたIDを認識できない場合はGMTゾーン。
      • getTimeZone

        public static TimeZone getTimeZone​(ZoneId zoneId)
        指定されたzoneIdTimeZoneを取得します。
        パラメータ:
        zoneId - タイムゾーンIDの取得元となるZoneId
        戻り値:
        指定されたTimeZone。指定されたIDを認識できない場合はGMTゾーン。
        例外:
        NullPointerException - zoneIdnullである場合
        導入されたバージョン:
        1.8
      • toZoneId

        public ZoneId toZoneId()
        このTimeZoneオブジェクトをZoneIdに変換します。
        戻り値:
        このTimeZoneと同じタイムゾーンを表すZoneId
        導入されたバージョン:
        1.8
      • getAvailableIDs

        public static String[] getAvailableIDs​(int rawOffset)
        ミリ秒単位で指定されたタイムゾーン・オフセットと一致するIDで使用可能なものを取得します。
        パラメータ:
        rawOffset - ミリ秒単位で指定されたタイムゾーンのGMTオフセット。
        戻り値:
        IDの配列。配列内のIDのタイムゾーンは、指定されたGMTオフセットを持つ。 たとえば、「America/Phoenix」と「America/Denver」はどちらもGMT-07:00を持つが、夏時間の動作には違いがある。
        関連項目:
        getRawOffset()
      • getAvailableIDs

        public static String[] getAvailableIDs()
        サポートされる利用可能なIDをすべて取得します。
        戻り値:
        IDの配列
      • getDefault

        public static TimeZone getDefault()
        Java仮想マシンのデフォルトのTimeZoneを取得します。 キャッシュされたデフォルトのTimeZoneが使用可能な場合は、そのクローンが返されます。 それ以外の場合、このメソッドは次の手順に従ってデフォルトのタイムゾーンを判定します。
        • user.timezoneプロパティの値が使用可能な場合は、それをデフォルトのタイムゾーンIDとして使用します。
        • プラットフォームのタイムゾーンIDを検出します。 プラットフォームのタイムゾーンとIDのマッピングのソースは、実装によって異なる場合があります。
        • 指定または検出されたタイムゾーンIDが不明の場合は、最後の手段としてGMTを使用します。

        このIDから作成されたデフォルトのTimeZoneがキャッシュされ、そのクローンが返されます。 復帰時に、user.timezoneプロパティの値はこのIDに設定されます。

        戻り値:
        デフォルトのTimeZone
        関連項目:
        setDefault(TimeZone)
      • setDefault

        public static void setDefault​(TimeZone zone)
        getDefaultメソッドで返されるTimeZoneを設定します。zoneはキャッシュされています。 zoneがnullの場合は、キャッシュされたデフォルトのTimeZoneがクリアされます。 このメソッドはuser.timezoneプロパティの値を変更しません。
        パラメータ:
        zone - 新しいデフォルトのTimeZone、またはnull
        例外:
        SecurityException - セキュリティ・マネージャのcheckPermissionPropertyPermission("user.timezone", "write")を拒否する場合
        関連項目:
        getDefault(), PropertyPermission
      • hasSameRules

        public boolean hasSameRules​(TimeZone other)
        このゾーンが比較される別のゾーンと同じルールとオフセットを持つ場合にtrueを返します。 つまり、このゾーンのIDだけが異なる場合にはtrueを返します。 ほかのゾーンがnullの場合はfalseを返します。
        パラメータ:
        other - 比較対象のTimeZoneオブジェクト
        戻り値:
        他のゾーンがnullで、このゾーンとID以外はまったく同じ場合はtrue
        導入されたバージョン:
        1.2
      • clone

        public Object clone()
        このTimeZoneのコピーを作成します。
        オーバーライド:
        clone、クラス: Object
        戻り値:
        このTimeZoneの複製
        関連項目:
        Cloneable