モジュール java.base

クラスAtomicReference<V>

  • 型パラメータ:
    V - この参照により参照されるオブジェクトの型
    すべての実装されたインタフェース:
    Serializable

    public class AtomicReference<V>
    extends Object
    implements Serializable
    原子的な更新が可能なオブジェクト参照です。 アトミック・アクセスのプロパティについては、VarHandle仕様を参照してください。
    導入されたバージョン:
    1.5
    関連項目:
    直列化された形式
    • コンストラクタの詳細

      • AtomicReference

        public AtomicReference​(V initialValue)
        指定された初期パラメータを使って、新しいAtomicReferenceを作成します。
        パラメータ:
        initialValue - 初期値
      • AtomicReference

        public AtomicReference()
        初期値nullを使って、新しいAtomicReferenceを作成します。
    • メソッドの詳細

      • set

        public final void set​(V newValue)
        値をnewValueに設定し、VarHandle.setVolatile(java.lang.Object...)で指定されたメモリー効果を設定します。
        パラメータ:
        newValue - 新しい値
      • lazySet

        public final void lazySet​(V newValue)
        値をnewValueに設定し、VarHandle.setRelease(java.lang.Object...)で指定されたメモリー効果を設定します。
        パラメータ:
        newValue - 新しい値
        導入されたバージョン:
        1.6
      • compareAndSet

        public final boolean compareAndSet​(V expectedValue,
                                           V newValue)
        現在の値== expectedValuenewValueに値を原子的に設定します。VarHandle.compareAndSet(java.lang.Object...)で指定されたメモリー効果があります。
        パラメータ:
        expectedValue - 期待値
        newValue - 新しい値
        戻り値:
        成功する場合はtrue falseは、実際の値が予想される値と等価ではないことを示す。
      • weakCompareAndSet

        @Deprecated(since="9")
        public final boolean weakCompareAndSet​(V expectedValue,
                                               V newValue)
        非推奨。
        このメソッドは単純なメモリー効果を持ちますが、メソッド名は揮発性メモリー効果(compareAndExchange(V, V)compareAndSet(V, V)などのメソッドを参照してください)を意味します。 プレーンまたは揮発性メモリー効果の混乱を避けるために、代わりにweakCompareAndSetPlain(V, V)メソッドを使用することをお勧めします。
        おそらくnewValueに値を原子的に設定します。現在の値== expectedValueの場合は、VarHandle.weakCompareAndSetPlain(java.lang.Object...)で指定されたメモリー効果が適用されます。
        パラメータ:
        expectedValue - 期待値
        newValue - 新しい値
        戻り値:
        成功した場合はtrue
        関連項目:
        weakCompareAndSetPlain(V, V)
      • weakCompareAndSetPlain

        public final boolean weakCompareAndSetPlain​(V expectedValue,
                                                    V newValue)
        おそらくnewValueに値を原子的に設定します。現在の値== expectedValueの場合は、VarHandle.weakCompareAndSetPlain(java.lang.Object...)で指定されたメモリー効果が適用されます。
        パラメータ:
        expectedValue - 期待値
        newValue - 新しい値
        戻り値:
        成功した場合はtrue
        導入されたバージョン:
        9
      • getAndSet

        public final V getAndSet​(V newValue)
        この値を原子的にnewValueに設定し、VarHandle.getAndSet(java.lang.Object...)で指定されたメモリー効果で古い値を返します。
        パラメータ:
        newValue - 新しい値
        戻り値:
        前の値
      • getAndUpdate

        public final V getAndUpdate​(UnaryOperator<V> updateFunction)
        指定された関数を適用した結果で現在の値を原子的に更新し、前の値を返します。 関数は、試行した更新がスレッド間の競合のため失敗したときに再度適用される可能性があるため、副作用を持つべきではありません。
        パラメータ:
        updateFunction - 副作用のない関数
        戻り値:
        前の値
        導入されたバージョン:
        1.8
      • updateAndGet

        public final V updateAndGet​(UnaryOperator<V> updateFunction)
        指定された関数を適用した結果を現在の値に原子的に更新し、更新された値を返します。 関数は、試行した更新がスレッド間の競合のため失敗したときに再度適用される可能性があるため、副作用を持つべきではありません。
        パラメータ:
        updateFunction - 副作用のない関数
        戻り値:
        更新された値
        導入されたバージョン:
        1.8
      • getAndAccumulate

        public final V getAndAccumulate​(V x,
                                        BinaryOperator<V> accumulatorFunction)
        現在の値を現在の値と与えられた値に適用した結果を元に戻し、前の値を返すことで、現在の値を原子的に更新します。 関数は、試行した更新がスレッド間の競合のため失敗したときに再度適用される可能性があるため、副作用を持つべきではありません。 関数は、現在の値を第1引数とし、指定された更新値を第2引数として適用されます。
        パラメータ:
        x - 更新値
        accumulatorFunction - 2つの引数を取る、副作用のない関数
        戻り値:
        前の値
        導入されたバージョン:
        1.8
      • accumulateAndGet

        public final V accumulateAndGet​(V x,
                                        BinaryOperator<V> accumulatorFunction)
        現在の値を現在の値と指定された値に適用した結果を原子的に更新し、更新された値を返します。 関数は、試行した更新がスレッド間の競合のため失敗したときに再度適用される可能性があるため、副作用を持つべきではありません。 関数は、現在の値を第1引数とし、指定された更新値を第2引数として適用されます。
        パラメータ:
        x - 更新値
        accumulatorFunction - 2つの引数を取る、副作用のない関数
        戻り値:
        更新された値
        導入されたバージョン:
        1.8
      • toString

        public String toString()
        現在値の文字列表記を返します。
        Overrides:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        現在値の文字列表現。
      • getPlain

        public final V getPlain()
        変数が非volatileと宣言されているかのように、読み込みのメモリー・セマンティクスを持つ現在の値を返します。
        戻り値:
        導入されたバージョン:
        9
      • setPlain

        public final void setPlain​(V newValue)
        値がnewValueに設定され、変数が非volatileおよび非finalとして宣言されているかのように設定されたメモリー・セマンティクスが使用されます。
        パラメータ:
        newValue - 新しい値
        導入されたバージョン:
        9
      • getOpaque

        public final V getOpaque()
        VarHandle.getOpaque(java.lang.Object...)で指定されたメモリー効果を持つ現在の値を返します。
        戻り値:
        導入されたバージョン:
        9
      • setOpaque

        public final void setOpaque​(V newValue)
        値をnewValueに設定し、VarHandle.setOpaque(java.lang.Object...)で指定されたメモリー効果を設定します。
        パラメータ:
        newValue - 新しい値
        導入されたバージョン:
        9
      • setRelease

        public final void setRelease​(V newValue)
        値をnewValueに設定し、VarHandle.setRelease(java.lang.Object...)で指定されたメモリー効果を設定します。
        パラメータ:
        newValue - 新しい値
        導入されたバージョン:
        9
      • compareAndExchange

        public final V compareAndExchange​(V expectedValue,
                                          V newValue)
        「証人の価値」== expectedValueと呼ばれる現在の値がnewValueに原子的に設定され、VarHandle.compareAndExchange(java.lang.Object...)で指定されたメモリー効果が適用されます。
        パラメータ:
        expectedValue - 期待値
        newValue - 新しい値
        戻り値:
        目撃者の価値は、成功した場合の期待値と同じです
        導入されたバージョン:
        9
      • compareAndExchangeAcquire

        public final V compareAndExchangeAcquire​(V expectedValue,
                                                 V newValue)
        「証人の価値」== expectedValueと呼ばれる現在の値がnewValueに原子的に設定され、VarHandle.compareAndExchangeAcquire(java.lang.Object...)で指定されたメモリー効果が適用されます。
        パラメータ:
        expectedValue - 期待値
        newValue - 新しい値
        戻り値:
        目撃者の価値は、成功した場合の期待値と同じです
        導入されたバージョン:
        9
      • compareAndExchangeRelease

        public final V compareAndExchangeRelease​(V expectedValue,
                                                 V newValue)
        「証人の価値」== expectedValueと呼ばれる現在の値がnewValueに原子的に設定され、VarHandle.compareAndExchangeRelease(java.lang.Object...)で指定されたメモリー効果が適用されます。
        パラメータ:
        expectedValue - 期待値
        newValue - 新しい値
        戻り値:
        目撃者の価値は、成功した場合の期待値と同じです
        導入されたバージョン:
        9
      • weakCompareAndSetVolatile

        public final boolean weakCompareAndSetVolatile​(V expectedValue,
                                                       V newValue)
        おそらくnewValueに値を原子的に設定します。現在の値== expectedValueの場合は、VarHandle.weakCompareAndSet(java.lang.Object...)で指定されたメモリー効果が適用されます。
        パラメータ:
        expectedValue - 期待値
        newValue - 新しい値
        戻り値:
        成功した場合はtrue
        導入されたバージョン:
        9
      • weakCompareAndSetAcquire

        public final boolean weakCompareAndSetAcquire​(V expectedValue,
                                                      V newValue)
        おそらくnewValueに値を原子的に設定します。現在の値== expectedValueの場合は、VarHandle.weakCompareAndSetAcquire(java.lang.Object...)で指定されたメモリー効果が適用されます。
        パラメータ:
        expectedValue - 期待値
        newValue - 新しい値
        戻り値:
        成功した場合はtrue
        導入されたバージョン:
        9
      • weakCompareAndSetRelease

        public final boolean weakCompareAndSetRelease​(V expectedValue,
                                                      V newValue)
        おそらくnewValueに値を原子的に設定します。現在の値== expectedValueの場合は、VarHandle.weakCompareAndSetRelease(java.lang.Object...)で指定されたメモリー効果が適用されます。
        パラメータ:
        expectedValue - 期待値
        newValue - 新しい値
        戻り値:
        成功した場合はtrue
        導入されたバージョン:
        9