モジュール java.base
パッケージ javax.crypto.spec

クラスPSource.PSpecified

  • 含まれているクラス:
    PSource

    public static final class PSource.PSpecified
    extends PSource
    このクラスは、OAEPパディングのエンコーディング入力Pの値を明示的に指定するために使用します。
    導入されたバージョン:
    1.5
    • フィールドの詳細

      • DEFAULT

        public static final PSource.PSpecified DEFAULT
        エンコーディング入力P。その値はbyte[0]に等しくなります。
    • コンストラクタの詳細

      • PSpecified

        public PSpecified​(byte[] p)
        指定された値pをエンコーディング入力Pとして使用して、ソースを明示的に構築します。 注:
        パラメータ:
        p - エンコーディング入力の値。 この配列の内容は、後続の変更に影響されないようにコピーされる。
        例外:
        NullPointerException - pがnullである場合。
    • メソッドの詳細

      • getValue

        public byte[] getValue()
        エンコーディング入力Pの値を返します。
        戻り値:
        エンコーディング入力Pの値。 このメソッドが呼び出されるたびに新しい配列が返される。