モジュール java.desktop
パッケージ java.awt

クラスColor

  • すべての実装されたインタフェース:
    Paint, Transparency, Serializable
    直系の既知のサブクラス:
    ColorUIResource, SystemColor

    public class Color
    extends Object
    implements Paint, Serializable
    Colorクラスは、デフォルトのsRGBカラー・スペース内の色、またはColorSpaceで識別される任意のカラー・スペース内の色をカプセル化するために使用されます。 どの色にも、1.0の暗黙のアルファ値、またはコンストラクタで提供される明示的なアルファ値があります。 アルファ値は色の透過性を定義し、0.0 - 1.0または0 - 255の範囲のfloat値で表すことができます。 1.0あるいは255というアルファ値はその色が完全に不透明であることを意味し、0あるいは0.0というアルファ値はその色が完全に透明であることを意味します。 明示的なアルファでColorを構築する場合、あるいはColorの色成分またはアルファ成分を取得する場合、色成分とアルファ成分があらかじめ乗算されている可能性はありません。

    Java 2D (tm) APIのデフォルトのカラー・スペースは、標準のRGBカラー・スペースとして推奨されているsRGBです。 sRGBの詳細は、http://www.w3.org/pub/WWW/Graphics/Color/sRGB.htmlを参照してください。

    関連項目:
    ColorSpace, AlphaComposite, 直列化された形式
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      Color​(float r, float g, float b)
      範囲(0.0 - 1.0)の指定された赤、緑、青の値を使って、不透明なsRGBカラーを生成します。
      Color​(float r, float g, float b, float a)
      範囲(0.0 - 1.0)の指定された赤、緑、青、およびアルファ値を使ってsRGBカラーを生成します。
      Color​(int rgb)
      ビット16-23の赤色成分、ビット8-15の緑色成分、およびビット0-7の青色成分から合成された、指定されたRGB値を使って、不透明なsRGBカラーを生成します。
      Color​(int rgba, boolean hasalpha)
      ビット24 - 31のアルファ成分、ビット16 - 23の赤色成分、ビット8 - 15の緑色成分、およびビット0 - 7の青色成分で構成される、指定されたRGBA値を持つ、sRGBカラーを生成します。
      Color​(int r, int g, int b)
      範囲(0 - 255)の指定された赤、緑、青の値を使って、不透明なsRGBカラーを生成します。
      Color​(int r, int g, int b, int a)
      範囲(0 - 255)の指定された赤、緑、青、およびアルファ値を使ってsRGBカラーを生成します。
      Color​(ColorSpace cspace, float[] components, float alpha)
      float配列で指定された色成分と指定されたアルファを使用して、指定されたColorSpace内に色を作成します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド staticメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      Color brighter()
      このColorをより明るくした新しいColorを作成します。
      PaintContext createContext​(ColorModel cm, Rectangle r, Rectangle2D r2d, AffineTransform xform, RenderingHints hints)
      塗りつぶした色のフィールド・パターンを生成するために使用されるPaintContextを作成して返します。
      Color darker()
      このColorをより暗くした新しいColorを作成します。
      static Color decode​(String nm)
      Stringを整数に変換し、指定された不透明なColorを返します。
      boolean equals​(Object obj)
      別のオブジェクトがこのColorに等しいかどうかを判定します。
      int getAlpha()
      0 - 255の範囲にあるアルファ成分を返します。
      int getBlue()
      デフォルトのsRGB領域の0 - 255の範囲にある青色成分を返します。
      static Color getColor​(String nm)
      システム・プロパティの色を検索します。
      static Color getColor​(String nm, int v)
      システム・プロパティの色を検索します。
      static Color getColor​(String nm, Color v)
      システム・プロパティの色を検索します。
      float[] getColorComponents​(float[] compArray)
      ColorColorSpace内にある、Colorの色成分のみを含むfloat配列を返します。
      float[] getColorComponents​(ColorSpace cspace, float[] compArray)
      cspaceパラメータによって指定されたColorSpace内にある、Colorの色成分のみを含むfloat配列を返します。
      ColorSpace getColorSpace()
      このColorColorSpaceを返します。
      float[] getComponents​(float[] compArray)
      ColorColorSpace内にある、Colorの色成分およびアルファ成分を含むfloat配列を返します。
      float[] getComponents​(ColorSpace cspace, float[] compArray)
      cspaceパラメータによって指定されたColorSpace内にある、Colorの色成分およびアルファ成分を含むfloat配列を返します。
      int getGreen()
      デフォルトのsRGB領域の0 - 255の範囲にある緑色成分を返します。
      static Color getHSBColor​(float h, float s, float b)
      HSBカラー・モデルに指定された値に基づいて、Colorオブジェクトを作成します。
      int getRed()
      デフォルトのsRGB領域の0 - 255の範囲にある赤色成分を返します。
      int getRGB()
      デフォルトのsRGB ColorModel内の色を表すRGB値を返します。
      float[] getRGBColorComponents​(float[] compArray)
      デフォルトのsRGBカラー・スペース内にある、Colorの色成分のみを含むfloat配列を返します。
      float[] getRGBComponents​(float[] compArray)
      デフォルトのsRGBカラー・スペースで表された、Colorの色成分およびアルファ成分を含むfloat配列を返します。
      int getTransparency()
      このColorの透明度モードを返します。
      int hashCode()
      このColorのハッシュ・コードを計算します。
      static int HSBtoRGB​(float hue, float saturation, float brightness)
      HSBモデルによって指定される色の成分を、対応するデフォルトのRGBモデルの値のセットに変換します。
      static float[] RGBtoHSB​(int r, int g, int b, float[] hsbvals)
      デフォルトのRGBモデルによって指定された色の成分を、HSBモデルの3つの成分である色相、彩度、明度の値の対応するセットに変換します。
      String toString()
      このColorの文字列表現を返します。
    • フィールドの詳細

      • white

        public static final Color white
        白を表します。 デフォルトのsRGB領域です。
      • WHITE

        public static final Color WHITE
        白を表します。 デフォルトのsRGB領域です。
        導入されたバージョン:
        1.4
      • lightGray

        public static final Color lightGray
        ライト・グレーを表します。 デフォルトのsRGB領域です。
      • LIGHT_GRAY

        public static final Color LIGHT_GRAY
        ライト・グレーを表します。 デフォルトのsRGB領域です。
        導入されたバージョン:
        1.4
      • gray

        public static final Color gray
        グレーを表します。 デフォルトのsRGB領域です。
      • GRAY

        public static final Color GRAY
        グレーを表します。 デフォルトのsRGB領域です。
        導入されたバージョン:
        1.4
      • darkGray

        public static final Color darkGray
        ダーク・グレーを表します。 デフォルトのsRGB領域です。
      • DARK_GRAY

        public static final Color DARK_GRAY
        ダーク・グレーを表します。 デフォルトのsRGB領域です。
        導入されたバージョン:
        1.4
      • black

        public static final Color black
        黒を表します。 デフォルトのsRGB領域です。
      • BLACK

        public static final Color BLACK
        黒を表します。 デフォルトのsRGB領域です。
        導入されたバージョン:
        1.4
      • red

        public static final Color red
        赤を表します。 デフォルトのsRGB領域です。
      • RED

        public static final Color RED
        赤を表します。 デフォルトのsRGB領域です。
        導入されたバージョン:
        1.4
      • pink

        public static final Color pink
        ピンクを表します。 デフォルトのsRGB領域です。
      • PINK

        public static final Color PINK
        ピンクを表します。 デフォルトのsRGB領域です。
        導入されたバージョン:
        1.4
      • orange

        public static final Color orange
        オレンジを表します。 デフォルトのsRGB領域です。
      • ORANGE

        public static final Color ORANGE
        オレンジを表します。 デフォルトのsRGB領域です。
        導入されたバージョン:
        1.4
      • yellow

        public static final Color yellow
        黄を表します。 デフォルトのsRGB領域です。
      • YELLOW

        public static final Color YELLOW
        黄を表します。 デフォルトのsRGB領域です。
        導入されたバージョン:
        1.4
      • green

        public static final Color green
        緑を表します。 デフォルトのsRGB領域です。
      • GREEN

        public static final Color GREEN
        緑を表します。 デフォルトのsRGB領域です。
        導入されたバージョン:
        1.4
      • magenta

        public static final Color magenta
        マゼンタを表します。 デフォルトのsRGB領域です。
      • MAGENTA

        public static final Color MAGENTA
        マゼンタを表します。 デフォルトのsRGB領域です。
        導入されたバージョン:
        1.4
      • cyan

        public static final Color cyan
        シアンを表します。 デフォルトのsRGB領域です。
      • CYAN

        public static final Color CYAN
        シアンを表します。 デフォルトのsRGB領域です。
        導入されたバージョン:
        1.4
      • blue

        public static final Color blue
        青を表します。 デフォルトのsRGB領域です。
      • BLUE

        public static final Color BLUE
        青を表します。 デフォルトのsRGB領域です。
        導入されたバージョン:
        1.4
    • コンストラクタの詳細

      • Color

        public Color​(int r,
                     int g,
                     int b)
        範囲(0 - 255)の指定された赤、緑、青の値を使って、不透明なsRGBカラーを生成します。 実際の表示に使用される色は、出力デバイスで使用可能な色の中でもっとも近いものとなります。 アルファはデフォルトで255に設定されます。
        パラメータ:
        r - 赤色成分
        g - 緑色成分
        b - 青色成分
        例外:
        IllegalArgumentException - rg、またはbが0から255までの範囲(両端を含む)外にある場合
        関連項目:
        getRed(), getGreen(), getBlue(), getRGB()
      • Color

        @ConstructorProperties({"red","green","blue","alpha"})
        public Color​(int r,
                     int g,
                     int b,
                     int a)
        範囲(0 - 255)の指定された赤、緑、青、およびアルファ値を使ってsRGBカラーを生成します。
        パラメータ:
        r - 赤色成分
        g - 緑色成分
        b - 青色成分
        a - アルファ成分
        例外:
        IllegalArgumentException - rgb、またはaが0から255までの範囲(両端を含む)外にある場合
        関連項目:
        getRed(), getGreen(), getBlue(), getAlpha(), getRGB()
      • Color

        public Color​(int rgb)
        ビット16-23の赤色成分、ビット8-15の緑色成分、およびビット0-7の青色成分から合成された、指定されたRGB値を使って、不透明なsRGBカラーを生成します。 実際の表示に使用される色は、出力デバイスで使用可能な色の中でもっとも近いものとなります。 アルファはデフォルトで255に設定されます。
        パラメータ:
        rgb - 合成されたRGB成分
        関連項目:
        ColorModel.getRGBdefault(), getRed(), getGreen(), getBlue(), getRGB()
      • Color

        public Color​(int rgba,
                     boolean hasalpha)
        ビット24 - 31のアルファ成分、ビット16 - 23の赤色成分、ビット8 - 15の緑色成分、およびビット0 - 7の青色成分で構成される、指定されたRGBA値を持つ、sRGBカラーを生成します。 hasalpha引数がfalseの場合、アルファはデフォルトで255に設定されます。
        パラメータ:
        rgba - 合成されたRGBA成分
        hasalpha - アルファ・ビットが有効な場合はtrue、そうでない場合はfalse
        関連項目:
        ColorModel.getRGBdefault(), getRed(), getGreen(), getBlue(), getAlpha(), getRGB()
      • Color

        public Color​(float r,
                     float g,
                     float b)
        範囲(0.0 - 1.0)の指定された赤、緑、青の値を使って、不透明なsRGBカラーを生成します。 アルファはデフォルトで1.0に設定されます。 実際の描画に使用される色は、特定の出力デバイスで使用可能な色の中でもっとも近い色になります。
        パラメータ:
        r - 赤色成分
        g - 緑色成分
        b - 青色成分
        例外:
        IllegalArgumentException - rg、またはbが0.0から1.0までの範囲(両端を含む)外にある場合
        関連項目:
        getRed(), getGreen(), getBlue(), getRGB()
      • Color

        public Color​(float r,
                     float g,
                     float b,
                     float a)
        範囲(0.0 - 1.0)の指定された赤、緑、青、およびアルファ値を使ってsRGBカラーを生成します。 実際の描画に使用される色は、特定の出力デバイスで使用可能な色の中でもっとも近い色になります。
        パラメータ:
        r - 赤色成分
        g - 緑色成分
        b - 青色成分
        a - アルファ成分
        例外:
        IllegalArgumentException - rgb、またはaが0.0から1.0までの範囲(両端を含む)外にある場合
        関連項目:
        getRed(), getGreen(), getBlue(), getAlpha(), getRGB()
      • Color

        public Color​(ColorSpace cspace,
                     float[] components,
                     float alpha)
        float配列で指定された色成分と指定されたアルファを使用して、指定されたColorSpace内に色を作成します。 成分の数はColorSpaceの型によって決まります。 たとえばRGBでは3つの成分、CMYKでは4つの成分が必要です。
        パラメータ:
        cspace - 成分を解釈するのに使用されるColorSpace
        components - ColorSpaceに適合する任意の数の色成分
        alpha - アルファ値
        例外:
        IllegalArgumentException - components配列またはalphaの値のどれかが0.0から1.0の範囲を超えている場合
        関連項目:
        getComponents(float[]), getColorComponents(float[])
    • メソッドの詳細

      • getRed

        public int getRed()
        デフォルトのsRGB領域の0 - 255の範囲にある赤色成分を返します。
        戻り値:
        赤色成分
        関連項目:
        getRGB()
      • getGreen

        public int getGreen()
        デフォルトのsRGB領域の0 - 255の範囲にある緑色成分を返します。
        戻り値:
        緑色成分
        関連項目:
        getRGB()
      • getBlue

        public int getBlue()
        デフォルトのsRGB領域の0 - 255の範囲にある青色成分を返します。
        戻り値:
        青色成分
        関連項目:
        getRGB()
      • getAlpha

        public int getAlpha()
        0 - 255の範囲にあるアルファ成分を返します。
        戻り値:
        アルファ成分
        関連項目:
        getRGB()
      • getRGB

        public int getRGB()
        デフォルトのsRGB ColorModel内の色を表すRGB値を返します。 (ビットのうち24 - 31はアルファ、16 - 23は赤、8 - 15は緑、0 - 7は青)。
        戻り値:
        デフォルトのsRGB ColorModelの色のRGB値
        導入されたバージョン:
        1.0
        関連項目:
        ColorModel.getRGBdefault(), getRed(), getGreen(), getBlue()
      • brighter

        public Color brighter()
        このColorをより明るくした新しいColorを作成します。

        このメソッドは、このColorの3つのRGB成分のそれぞれに任意のスケーリング係数を適用することにより、このColorをより明るくした色を生成します。 alpha値は保持されます。 brighterdarkerは逆の操作ですが、これらの2つのメソッドを連続して呼び出した場合、丸め誤差のために結果が一致しないことがあります。

        戻り値:
        alpha値は同じで、このColorをより明るくした、新しいColorオブジェクト
        導入されたバージョン:
        1.0
        関連項目:
        darker()
      • darker

        public Color darker()
        このColorをより暗くした新しいColorを作成します。

        このメソッドは、このColorの3つのRGB成分のそれぞれに任意のスケーリング係数を適用することにより、このColorをより暗くした色を生成します。 alpha値は保持されます。 brighterdarkerは逆の操作ですが、これらの2つのメソッドを連続して呼び出した場合、丸め誤差のために結果が一致しないことがあります。

        戻り値:
        alpha値は同じで、このColorをより暗くした、新しいColorオブジェクト
        導入されたバージョン:
        1.0
        関連項目:
        brighter()
      • equals

        public boolean equals​(Object obj)
        別のオブジェクトがこのColorに等しいかどうかを判定します。

        結果は、引数がnullでなく、このオブジェクトと同じ赤、緑、青、およびアルファの値を持つColorオブジェクトである場合にだけ、trueになります。

        オーバーライド:
        equals 、クラス:  Object
        パラメータ:
        obj - このColorと等しいかどうかが判定されるオブジェクト
        戻り値:
        オブジェクトが同じである場合はtrue、そうでない場合はfalse
        導入されたバージョン:
        1.0
        関連項目:
        Object.hashCode()HashMap
      • toString

        public String toString()
        このColorの文字列表現を返します。 このメソッドは、デバッグ専用です。 返される文字列の内容および形式は実装によって異なります。 返される文字列は空の場合がありますが、nullにはなりません。
        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        このColorを表す文字列表現。
      • decode

        public static Color decode​(String nm)
                            throws NumberFormatException
        Stringを整数に変換し、指定された不透明なColorを返します。 このメソッドは、8進数および16進数を表すのに使用される文字列形式を処理します。
        パラメータ:
        nm - 24ビット整数として不透明色を表すString
        戻り値:
        新しいColorオブジェクト。
        例外:
        NumberFormatException - 指定された文字列を10進、8進、および16進の整数値に変換できない場合
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        Integer.decode(java.lang.String)
      • getColor

        public static Color getColor​(String nm)
        システム・プロパティの色を検索します。

        引数は取得されるシステム・プロパティの名前として扱われます。 その後、このプロパティの文字列値が整数として解釈され、この整数が次にColorオブジェクトに変換されます。

        指定されたプロパティが見つからない場合、または整数値として構文解析できなかった場合、nullが返されます。

        パラメータ:
        nm - カラー・プロパティの名前
        戻り値:
        システム・プロパティから変換されたColor
        導入されたバージョン:
        1.0
        関連項目:
        System.getProperty(java.lang.String), Integer.getInteger(java.lang.String), Color(int)
      • getColor

        public static Color getColor​(String nm,
                                     Color v)
        システム・プロパティの色を検索します。

        最初の引数は取得されるシステム・プロパティの名前として扱われます。 その後、このプロパティの文字列値が整数として解釈され、この整数が次にColorオブジェクトに変換されます。

        指定されたプロパティが見つからない場合、または整数値として構文解析できなかった場合、代わりに2番目の引数によって指定されたColorが返されます。

        パラメータ:
        nm - カラー・プロパティの名前
        v - デフォルトのColor
        戻り値:
        システム・プロパティから変換されたColor、または指定されたColor
        導入されたバージョン:
        1.0
        関連項目:
        System.getProperty(java.lang.String), Integer.getInteger(java.lang.String), Color(int)
      • getColor

        public static Color getColor​(String nm,
                                     int v)
        システム・プロパティの色を検索します。

        最初の引数は取得されるシステム・プロパティの名前として扱われます。 その後、このプロパティの文字列値が整数として解釈され、この整数が次にColorオブジェクトに変換されます。

        指定されたプロパティが見つからない場合、または整数値として構文解析できなかった場合、代わりに整数値vが使用され、Colorオブジェクトに変換されます。

        パラメータ:
        nm - カラー・プロパティの名前
        v - デフォルトのカラー値(整数値)
        戻り値:
        システム・プロパティから変換されたColor、または指定された整数から変換されたColor
        導入されたバージョン:
        1.0
        関連項目:
        System.getProperty(java.lang.String), Integer.getInteger(java.lang.String), Color(int)
      • HSBtoRGB

        public static int HSBtoRGB​(float hue,
                                   float saturation,
                                   float brightness)
        HSBモデルによって指定される色の成分を、対応するデフォルトのRGBモデルの値のセットに変換します。

        saturation成分とbrightness成分は、0と1の間の浮動小数点値(0.0から1.0までの範囲の数値)にするようにしてください。 hue成分は、任意の浮動小数点数値にできます。 この数の下限が減算され、0から1の間の小数部が作成されます。 この小数点数に360が乗算され、HSBカラー・モデルの色相角度が生成されます。

        HSBtoRGBによって返される整数値は、整数値のビット0 - 23の色の値をgetRGBメソッドによって使用されるのと同じ形式でエンコードします。 この整数は1つの整数の引数をとるColorコンストラクタに引数として渡されます。

        パラメータ:
        hue - 色の色相成分
        saturation - 色の彩度
        brightness - 色の明度
        戻り値:
        指定された色相、彩度、明度を持つ色のRGB値
        導入されたバージョン:
        1.0
        関連項目:
        getRGB(), Color(int), ColorModel.getRGBdefault()
      • RGBtoHSB

        public static float[] RGBtoHSB​(int r,
                                       int g,
                                       int b,
                                       float[] hsbvals)
        デフォルトのRGBモデルによって指定された色の成分を、HSBモデルの3つの成分である色相、彩度、明度の値の対応するセットに変換します。

        hsbvals引数がnullの場合、その結果を返す新しい配列が割り当てられます。 そうでない場合、このメソッドは、配列hsbvalsに値を格納し、その配列を返します。

        パラメータ:
        r - 色の赤色成分
        g - 色の緑色成分
        b - 色の青色成分
        hsbvals - 3つのHSB値を返すのに使用される配列、またはnull
        戻り値:
        指定された赤色、緑色、および青色の成分を持つ色の、色相、彩度、明度をこの順序で格納する3つの要素の配列
        導入されたバージョン:
        1.0
        関連項目:
        getRGB(), Color(int), ColorModel.getRGBdefault()
      • getHSBColor

        public static Color getHSBColor​(float h,
                                        float s,
                                        float b)
        HSBカラー・モデルに指定された値に基づいて、Colorオブジェクトを作成します。

        s成分とb成分は、0と1の間の浮動小数点値(0.0から1.0までの範囲の数値)にするようにしてください。 h成分は、任意の浮動小数点数値にできます。 この数の下限が減算され、0から1の間の小数部が作成されます。 この小数点数に360が乗算され、HSBカラー・モデルの色相角度が生成されます。

        パラメータ:
        h - 色相成分
        s - 色の彩度
        b - 色の明度
        戻り値:
        指定された色相、彩度、明度を持つColorオブジェクト
        導入されたバージョン:
        1.0
      • getRGBComponents

        public float[] getRGBComponents​(float[] compArray)
        デフォルトのsRGBカラー・スペースで表された、Colorの色成分およびアルファ成分を含むfloat配列を返します。 compArraynullである場合は、戻り値として長さ4の配列が作成されます。 それ以外の場合、compArrayは4以上の長さを持つ必要があり、そこに各成分が入力されて返されます。
        パラメータ:
        compArray - このメソッドが色成分とアルファ成分を入力して返す配列
        戻り値:
        float配列内のRGBA成分
      • getRGBColorComponents

        public float[] getRGBColorComponents​(float[] compArray)
        デフォルトのsRGBカラー・スペース内にある、Colorの色成分のみを含むfloat配列を返します。 compArraynullである場合は、戻り値として長さ3の配列が作成されます。 それ以外の場合、compArrayは3以上の長さを持つ必要があり、そこに各成分が入力されて返されます。
        パラメータ:
        compArray - このメソッドが色成分を入力して返す配列
        戻り値:
        float配列内のRGB成分
      • getComponents

        public float[] getComponents​(float[] compArray)
        ColorColorSpace内にある、Colorの色成分およびアルファ成分を含むfloat配列を返します。 compArraynullの場合、関連するColorSpace内の成分数に1を加えた数を長さとして持つ配列が戻り値として生成されます。 それ以外の場合、compArrayは少なくともこの長さを持つ必要があり、そこに各成分が入力されて返されます。
        パラメータ:
        compArray - このメソッドがColorSpaceのこのColorの色成分とアルファ成分を入力して返す配列
        戻り値:
        float配列内の色成分およびアルファ成分。
      • getColorComponents

        public float[] getColorComponents​(float[] compArray)
        ColorColorSpace内にある、Colorの色成分のみを含むfloat配列を返します。 compArraynullの場合、関連するColorSpace内の成分数と等しい数を長さとして持つ配列が戻り値として生成されます。 それ以外の場合、compArrayは少なくともこの長さを持つ必要があり、そこに各成分が入力されて返されます。
        パラメータ:
        compArray - このメソッドがColorSpaceのこのColorの色成分を入力して返す配列
        戻り値:
        float配列内の色成分。
      • getComponents

        public float[] getComponents​(ColorSpace cspace,
                                     float[] compArray)
        cspaceパラメータによって指定されたColorSpace内にある、Colorの色成分およびアルファ成分を含むfloat配列を返します。 compArraynullの場合、cspace内の成分数に1を加えた数を長さとして持つ配列が戻り値として生成されます。 それ以外の場合、compArrayは少なくともこの長さを持つ必要があり、そこに各成分が入力されて返されます。
        パラメータ:
        cspace - 指定されたColorSpace
        compArray - このメソッドが、指定されたColorSpaceのこのColorの色成分とアルファ成分を入力して返す配列
        戻り値:
        float配列内の色成分およびアルファ成分。
      • getColorComponents

        public float[] getColorComponents​(ColorSpace cspace,
                                          float[] compArray)
        cspaceパラメータによって指定されたColorSpace内にある、Colorの色成分のみを含むfloat配列を返します。 compArraynullの場合、cspace内の成分数と等しい数を長さとして持つ配列が戻り値として生成されます。 それ以外の場合、compArrayは少なくともこの長さを持つ必要があり、そこに各成分が入力されて返されます。
        パラメータ:
        cspace - 指定されたColorSpace
        compArray - このメソッドが、指定されたColorSpaceのこのColorの色成分を入力する配列
        戻り値:
        float配列内の色成分。
      • getColorSpace

        public ColorSpace getColorSpace()
        このColorColorSpaceを返します。
        戻り値:
        このColorオブジェクトのColorSpace
      • createContext

        public PaintContext createContext​(ColorModel cm,
                                          Rectangle r,
                                          Rectangle2D r2d,
                                          AffineTransform xform,
                                          RenderingHints hints)
        塗りつぶした色のフィールド・パターンを生成するために使用されるPaintContextを作成して返します。 nullパラメータの処理については、Paintインタフェース内のメソッドのspecificationを参照してください。
        定義:
        createContext、インタフェース: Paint
        パラメータ:
        cm - 呼出し元がピクセル・データを受信するためのもっとも便利な形式を表す推奨されるColorModel、または推奨値がない場合はnull
        r - 描画されるグラフィックス・プリミティブのデバイス空間でのバウンディング・ボックス。
        r2d - 描画されるグラフィックス・プリミティブのユーザー空間でのバウンディング・ボックス。
        xform - ユーザー空間からデバイス空間へのAffineTransform
        hints - コンテキスト・オブジェクトが描画の選択肢の中から選択するために使用できるヒントのセット。
        戻り値:
        カラー・パターンを生成するためのPaintContext
        関連項目:
        Paint, PaintContext, ColorModel, Rectangle, Rectangle2D, AffineTransform, RenderingHints